目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧

満開

らびっとあい ホームページ

f0138666_13454635.jpg
ワイヤープランツの大撤去が済んだ跡地に
種が飛んで生えたらしいジューンベリーが
いつの間にかこんなに大きく育って花を咲かせていました

しかも満開

ここでは雪が屋根から落ちて来て
3メートル近くに積もることもあるので
早目に移植しなきゃなりません
しかし場所がない・・・

このまるで燃やしたかのような真っ黒な茎の残骸が
ワイヤーさんでして
先日12畳分くらいはぎとりました(笑)

思いもしなところに
思いもしないものが!ということがこのところ続き
ありがたいやら、とほほやら・・・

困ったときに本当に頼りたいのは誰か
信頼はどこにあるのかなど明確になり

いろいろ思うところがある今日この頃です













[PR]
# by kin68 | 2017-04-26 13:58 | 魔女活動 | Comments(0)

悲しみの素は理想


地方の、郊外も郊外みたいなところで育ちましたので
いろいろと不便は慣れっこかといえば、
そうでもないですよね

「公共物」なんてものを我々は
道路と義務教育以外ではあてにするもんじゃないって
諦めきっているような気がします

何であろうと、理想が叶わないと悟った瞬間から
きれいに誰しも諦められたらいいんですが
そうじゃない場合も多く

「初めから一切望んだりしませんよ」とひねくれてみたり
「何故なんだ!どうしてなんだ!!!」と怒りまくったり
「ねちねち、くどくど」嫌味を言ったり
泣くしかできなかったり

人が状況を受け入れられるようになるまでの対処法は色々で
それ自体はごく自然な反応

問題はその先

どう抗っても変わらない状況に
何を試してみても
心がついて来ない、受け入れられない、馴染めない場合は
「理想」という名のつまづき石が足元に転がっていて
先へ進めない場合があります

私も「理想の母親像」という石に何度自分がつまづいたか!!!

しかもそれに捉われているせいで
自分の母親を「あれが親だとはとても人に言えない」(笑)

・・・・・

子供の頃からさんざん
本や漫画で「未来」を見てきた私にとっては

宇宙航路がない世界も悲しいし
ひと吹きで細胞が生まれ変わるスプレーがない時代も悲しい

電気羊もまだ売られていない
転送装置で瞬間移動できない
シリンダーに過去~過去世の記憶を全部保管できないのも
友好的な地球外生命体と、まだ共存していないのも
きっと全部が悲しいんだな(笑)

・・・・・

高く理想を持てるということは
本人の努力次第で
かなり高いところを狙える可能性があるということなのだけど

努力の部分にそもそも問題があったり
努力ができたとしても
自分の限界を早晩知ることになると
理想との折り合いを、考える必要が出てきますよね

そこで一切折り合わず、
「どうしても叶えるべきだ」とごねているのが私


理想を全部取っ払って、
何でもありだよねってのはもちろん違うんだけど

つまづき石になるようなサイズなら
若干理想が高いんだと気が付かなきゃならないんだな

・・・・・

自己ヒーリングで出てきた
「慢性化した悲しみ」というキーワードから
ぴったりのレメディを摂って

私の文句たれの原因が「理想と全然違うぞ!」という
心の叫びだったんだねと気がつくことが出来ました

過去に失った色々を改めて思い返しては、
引っかかったままだった魚の骨を抜いたような気がしています

当時自覚はなかったけど

絶望的に悲しかったんだね?
毎日何もかもに怒って
悲しいと感じないようにしていたんだね?
コーヒーや濃いお茶でふたをしていたんだよね?

ちゃんと悲しんであげることができて
過去の気持ちの供養になったのかも

関節に溜まりがちな毒素が一気に動いて
眠いわだるいわ・・・

「松」がこうあるべきだと理想を押し付けているのは
周りではなく私自身なのだと
ようやく思い至るのでした

・・・・・

自分の理想を叶えられないと苦しむ人が
最悪の方法で解決を図るのを、何度も見てきました

「ありのままの自分を認めるって
言うのは簡単だよね、じゃあ実践してみ」

ほんとだよね

私も「自分のしみもしわも三段腹も、いとおしいね」
と言えるほど人間はできていない

でもお化粧すれば外へ出れるでしょ?
腹も隠せばいいんだ

ちょっと図々しいくらいが、たぶんちょうどいいって
理解できるようになるには
50歳近い年齢になる必要があるのかもしれない

とりあえずそこまでは
繊細さんも、気後れさんも、理想高めさんも
無理してでも生きていて欲しい










[PR]
# by kin68 | 2017-04-25 00:47 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

リセット


歌番組で男性演歌歌手の方が
ものすごいラメのジャケットをお召しで
夢で買ったのに似てる!

あれを着たかったら、
演歌歌手にならねばならないのだろうか?

そもそも、あれを私は着たいんだろうか?

・・・・

去年の春先はジメジメ、ジトジトしていたせいで
庭の草刈りを早々に諦めてしまい
おかげで今年、
グランドカバーに植えてあるワイヤープランツが大繁殖

とりあえず今朝は花壇の中の
増殖放題なワイヤープランツを撤去しまして
お天気を見ながら徐々に減らしたいと考えてます

もったいない、丸坊主にしたの?と言われてますが
とんでもない!

タフなワイヤープランツは何度根こそぎにしたって
数日でまた生えてきます

残ったわずかな根、もしかしたら種も手伝って
雨が続いた後などには新芽をいくつも見つけます

それがほんの4~5か月で
またすっかり庭を覆いつくしてしまうんですよ

雨にも蒸れにくく、屋根下の圧雪にも耐え
日照りでも蒸散しにくい構造で何週も耐えますから
そこが砂地だろうが泥だろうが~生き延びます

密度が高すぎて葉も小さく
生け花で使うような丸い葉の可憐さはみじんもない上に
今朝は地味~なお花まで咲いてました

これはもう放っておけない (種まきになる~!!!)

数年前、
今まで土留めをご苦労様!とねぎらいつつ
もっさもさの根元の茎を
はさみで80センチの幅で切ってはロール状に巻いて
お布団サイズを抱え、4つ5つほど運びました(涙)

今年はさらに多そうで怖い

数年おきにでもこのリセットの作業をしないと
ひどい根詰まりで絶滅するか
もしくは
よその庭にまで触手が伸びて、ご迷惑になる可能性が大

あっという間にグランドカバー緑化したい方には
ワイヤープランツは筆頭でおすすめしますが

日焼け、虫刺され、傷だらけになる草刈りを
春から必死にしたくない方には
避けるべき植物の筆頭に挙げたいと思います



[PR]
# by kin68 | 2017-04-22 01:27 | 魔女活動 | Comments(0)

大地が耳に鳴る


ロシア系のお顔立ちって
例えば大統領に似たお顔の人は多くいるのかしら?
いくらかステレオタイプってあるのかしら?と
興味本位で画像検索したら

ずらっと並んだのは
マッチョな
パンツいっちょのロシアンモデルらしき殿方たち

私は顔を検索したのに・・・

やばいページばっかりが出てきそうなので
深掘りするのは早々にあきらめました(笑)


かつてよりはずっと
電磁波やらに鈍感になれた私ですが
それでも未だに、
普段は聞こえていない「耳鳴り」を時々経験します

ある程度の地震がどこかで揺れるとぴたりと収まるもので
これは一定の方角から聞こえているんだなと
気がつくこともあります

「体内流れが悪いからでしょ」と言われそうだし
自分でももちろん、そうかも?と思うのですがね

ああやっぱり・・・って言うことの方が多いかも

透視の学校では耳鳴りは
スピリットガイドが何か伝えようとしている場合がある。と
教わった気がするんですが

「きーん」とか「ぴー」では何だか全くわかりませんしねぇ
だから「別の方法で教えてくれと頼め」と我々は習いました

でも
ハイアーセルフのいうことすらあんまり聞かない私に
わざわざ伝わらない方法で何か言うガイドや先祖がいる?
その気配もないし・・・

なので、この耳鳴りがもしガイドさんなら
そうだと分かるように「知らせて」と頼んでみました

でも何にもない

私の先祖やガイドなら、
ややめんどくさいほどご親切だろうし(笑)
頑張り屋さん(?張り切り屋さん)だろうから、
滅多にないお願いを無視なんかしないよね~

って、
ほめ殺し的な脅しをしてもやっぱり何もない

代わりに、
数時間以内にニュース速報で地震のテロップが出る・・・

という感じでした

普段はあんまりしない耳鳴りが時々ある方は
ガイドのメッセージの可能性を疑いつつ
何か大地の音をキャッチしているのかもと
思っていいと思います


検索でロシアンモデルが出てきたのは
実はガイドのメッセージなのか?

居並ぶパンツいっちょに
一体何の暗号が?(笑)




[PR]
# by kin68 | 2017-04-20 01:11 | クレアボヤンス | Comments(0)

とりあえずバレバレは避けて


春なのよね?って、
このよくわからない気候に体が混乱しているようで
活動意欲はあるのに、動きが悪い

自然に任せてのんびり行こうと思っていましたが
あまりにもスローだったようで
老廃物の塊が、体中でゴロゴロしてる(涙)

親世代の日がえり温泉好きな理由がよく分かるなぁ
あれは気分の問題だけじゃないですよね

真昼間から自宅の立派な風呂に
のんびり浸かっていられないのは
隣近所にバレバレになるからだもんね(笑)

「おはらしょうすけさん」が実在した時代の名残・・・

おうちde湯治法のような
罪悪感のでにくい入浴が流行るか
全く音のしない給湯器が出回るのを待つしかないのか?(笑)

今そうも言っていられないので
全身にヒーリングを施してから
床屋さんで見るようなマッサージ器を全身にかけ
肝臓に温湿布して休むこと一時間

ごろごろぐりぐりが消えた!!!!

ストレッチも筋トレも地味に続けているんですが
脚腰まわりが中心で
他にはあんまり気が行ってなかったんだなぁ

背中は特にマッサージ痛かったんです
あばら周辺は
編み物ダメージが出やすいんで念入りに

筋やらが凝りやすい年代は
いろいろと流れも悪くなるお年頃
この時期はまた、
季節が進んでは止まる、戻るのでいっそう淀みがち

毎日のお風呂タイムで、
もう少しその流れを意識してみようと思います・・・




[PR]
# by kin68 | 2017-04-19 16:37 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

スクラップニット


f0138666_00260671.jpg
ものすごい色の糸がいろいろおすそ分けされたり
自分の作品の余り糸など、
半端な量の糸たちをどう料理しようか・・・
と考えることがだんだん病みつきになってます

いつもどうにもなっていないようだけど・・・

色とりどりに、技法も編み目もごっちゃまぜにして
薄手のニットチュニックに仕立てました

画像は途中のもの

こんなやかましいのはもちろん部屋着なんですけど
まだ夜は寒いんで、薄手のこういうのは必需品

制約が多い問題を「ねじ伏せる」のが面白いのか
とんでもない色柄をひそかに着るのが気に入ったのか
このようなシリーズが増えつつあります

ふんだんに大人しい色味の糸を使って
新作を作るのももちろん好きなんですけど

「作り終えるまで、どう出来上がるか全くわからない」
ってな、この予測不能な工程がたまらない

完成形がないので、一度編み終えても
また糸が手に入ったり、新しいアイデアが見つかれば
いくらかほどいて編み直すことも多々

青パンダセーター、毒ヘビ柄の靴下、
妙なグラデーションのネックウオーマー
ブルーベリー&抹茶ムース・チュニックなどなど・・・

全部を一緒に着ることはありませんが
親世代にはチンドン屋と呼ばれてます




[PR]
# by kin68 | 2017-04-18 00:58 | 魔女活動 | Comments(0)

隠ぺいの「体質化」


何とかしていい母親ぶるのに一生懸命だったころのこと

私は自分が好きで聞いていた音楽は
(変わった趣味だったのもあって)
絶対に子供たちに聞かせることなく隠れて聞いていたり
(かなりやかましいので今も遠慮はしてる)

色んな話はするんだけど
子供相手に自分の本心を語るなんてことはなく

当たり障りない子供たちの赤んぼの頃の話や
どうしてもの連絡事項のみだったり

まだ母親になりたての頃は特に、
何をどう考える人なのかを子供に知られたくなかった
ような気がします

特別とんでもないことを考えていたわけではなく
「正しい母親像」ではないことを
悟られたくなかったんだろうと今は思います

聞いているもの、見ているもの、関心ごとで
良き母親としてふさわしくないものは徹底して隠す

まさにそんな感じ

子供が大きくなると
だんだん化けの皮が剥がれそうになるわけで
言葉も態度も隠さなきゃならず
自然に子供から距離を置くようになる、という状況も
ごく短い期間でしたが、あった覚えがあります

心を隠ぺいしているときって
体も「隠ぺい体質化」している場合が往々にしてあり

出ていいはずの症状が出ない代わりに
とにかくだるかったり、
体が言うことを聞かなかったりします

悲しいのに涙も出ないし
風邪をひいても熱が出ない
咳も出ない、気管支は腫れているのに痰も出ない
そんな頃に
せっかく出た発疹を薬で封じ込めたあとから
私はとてもうつっぽくなってしまいました

当時ホメオパスにかかって
自分でどんどんかぶせていたパンドラの箱を剥ぐたびに

「自分にウソをついている状態は
周りに大嘘をついているのと同じことだ」と
徐々に感じられるようになり

手当たり次第「自分に正直に」を
良し悪しを棚上げにして行う道を爆走することになりました(笑)

ありがたいのは
私が爆走を始めたのが30代半ばだったことと
人生で一度も隠ぺいせず、爆走を止められなかった母を
間近で見て育っていたこと

制限がないってとても大事なことなんだけど
一方では
ブレーキが踏める、方向転換が可能ってことも
走るには重要な要素

丸だしの効能も大きいけど、
お盆一枚(最低限の慎み)の効能もけっこうあるよね!って
私がひどく偏らずに済んだのは
爆走王で正直すぎた母のおかげだと思います(ありがたや)

子供たちに小出しに私が本性を出すようになってからは
一緒に楽しめる話題に共感が
ちゃんと家庭にある感覚を
人生で初めて味わうことが出来た気がします

あの脅迫観念のような「良き母親」への執着は
一体何だったのだろう?
どこから来るんだろう?と、今でも不思議でなりません

理想とのギャップから
体内にさんざん隠ぺいしてきたいろいろが
この数年で別の厄介を生んでいて

いざもっとちゃんと出そうと思っても
隠し癖がついているのか、なかなか外へ出ないんですねぇ

せめて細胞は
「小さいお盆持ってるだけ」くらいに丸裸にしたいわ・・・








[PR]
# by kin68 | 2017-04-17 01:29 | 雑記 | Comments(0)

妙な夢で知る


ここ最近は
「自分の知らない自分」を覗くような
夢見だったり、出来事だったりが続いています

そうなんだ、そう思うんだ、そうするんだ

浅くてさほど小さくもない川にざぶざぶ入り
死んで沈んでいる鮭から生まれて泳ぐ
「アジの開き」をつかまえる夢などは
目が覚めてもしばらく面白かったし

男性演歌歌手の衣装みたいな
スパンコールいっぱいの上着を何着も買っている夢なんかは
羽織って「どうしてこれ?」って突っ込んでましたけど

その時々の私は
それぞれの行動に何の疑いもないし(笑)
結構一生懸命そうしてる

目が覚めてしばらくは
魚ってどんな意味だっけ?とか気になったんだけど

実はサインに意味があるんじゃなく
夢自体に、考えどころがあるんだな

日常生活って
一時的に何かに盛り上がったり、下がったり
意識的にも無意識的にも
周りに影響されていたり、反抗していたり

意味なんかわからなくても、
その時にしなきゃと感じたことは取り組むしかなくて

疑いも、後になって感じることはあっても
その場では「そうするもんだ」と思ってる

目が覚めてしまうと「何なんじゃ?」で笑うけど
その瞬間を「生きて」いる間は気付けないもんなんだな

・・・・・

この時代の空気の外にいないと、見えないものもあって
ルールの外にいないと、分からないものもある


急速に別の風が吹いて、意識がそっちへ流れ出すと
今までのことは徹底して叩かれだすんだけど

それまでは見えないふりをしていただけなのか
そういうもんだと思い込んでいたのか

どれも悪意ではないんだけど
「おかしい」に気付けないってのは、
しっかりとその時代に生きている証拠なのかもしれない


自分が「流行やイマドキ」を重視しない理由が
少し解明できた気がします・・・・







[PR]
# by kin68 | 2017-04-16 02:54 | クレアボヤンス | Comments(0)

ありったけの弛緩を


午後からスッキリと晴れ渡った空を見て
出かけるつもりなどなかったのにふらりと車に乗った私

久しぶりに日に当たるってのに
ろくにケアもしないで出たせいで
UVカットガラスの中でも運転中から
体の右側だけ、
日光蕁麻疹らしき発疹が・・・

毒だしを始めてさっそくの
かつて塗り薬を大量に擦り込んだ箇所だけの排泄は
嬉しいやら痒いやら(笑)


庭に植えるための苗を作ろうと
買ってある種を見ていて気が付いたのは
シソ以外はみんなヨーロッパ原産の植物だってこと

すでに植えてある植物も
もともと日本のものだよ!は
山野草の苗から勝手に生えたギボウシ
枯れかかった苗を買ったコムラサキシキブ
自然に生えるたくましい雑草たちのみ

かわいい花をつける日本の草花は好きだけど
和風の庭に全く憧れないのは何でだろう?

単に洋ものかぶれ的な発想なんだろうか?

頭の中で早速
「もしうちで和風の庭を作ろうとしたら」をシュミレーション

しかし
凛とした、あのちょっと緊張感のある庭が本当に望みなの?
っていきなり思考停止

じゃあ、雑木林みたいなほっとする庭がいい!

ところがこの辺は農家なので、
お庭が立派なお宅が多い
周囲に大勢いる「日本式庭園の達人、目利き」の方々の
厳し~~い目が多いところ

ああするもんじゃない、こうするもんじゃない
松はこうすべき。で、剪定はこれが正しい。
そしてきっと言われる「庭は林じゃない」

セミプロの鼻先でおままごとしてみようなんて
とんでもないという意識しかでてこない(笑)

もし、
ここがほとんど松を植えたことがない人ばかりの村なら
とてもいい香りのする松をシンボルツリーに植えて
普段は自然樹形のその芳香を楽しみ
冬場は松をクリスマスツリーに仕立てたいかもしれない!

でも無理よ、絶対に無理!!

植える後から勝手に盆栽仕立てにされて、
冬は早々雪吊りされてしまうんだもんね!

もしくは通りすがりの誰からも、指さされて言われる
「植えっぱなしのひどい木だ」

バラだってなんだって、
ほったらかしでは何でも言われるんだろうけど
「かくあるべき」が厳格には定まっていない、
もしくはそう広くルールが知られていない場合は
自由裁量が許されているのと同じ

私はその自由さが欲しい
なぜなら

サムライや武将じゃないんだから
庭に緊張感は求めていない。のと
ご近所迷惑にできるだけならないことと
自然の「オキテ」以外のルールは持ち込みたくない。から(笑)

無用なトラブルを避けるには
「あんまりきまりがない」植物を探すしかなくて
それは洋ものが多いって話なんだな

うちの庭は弛緩しすぎでグダグダなんだけど・・・

きれいに松を刈り込んだお宅のお坊ちゃんって
どケチが多かったり
持っている能力の半分以下でしか仕事しなかったり
いろいろ細かすぎてめんどくさいヤツだったりするって話を
何かで読んだ気がするんだけど

刈りこまれる松と一緒で
これ以上自由に(枝を)伸ばしてはいけないって制限を
日常で植えつけられているんだろうね

雑木林にトライするどころか
想像ですら早々に諦めムードしかない私には
ものすごく分かる気がする話です






[PR]
# by kin68 | 2017-04-13 18:10 | 雑記 | Comments(0)

情熱


明らかにその仕事をするには不利な
技量の不足や、身体的特徴だったりがあるのに
誰よりも懸命に働く姿を拝見すると
職業選択は
向き不向きだけではないんだなと思うことがあります

一方で

有利な性格、有利な才能があっても
とっくに仕事への情熱を失っていて
それなりの対応をされる場合もあって
「それって向いてないんじゃない?」
と感じることもあります

・・・絶対に「向いている人」だけが
選抜されているはずの職種で
不正や不祥事が相次ぐのはどうしてなんだろうと
興味本位もあって透視してみました

残念なことに

多くの向いている人の中から
自分はより向いているのだと「選ばれた」時点で
目的の多くが達成されてしまい

その仕事にさっさと慣れてしまうと
あとは惰性になる傾向が見て取れる・・・

他で失敗してきた人や
あんまり素質がなくて困難と常に共にあるような
異分子的存在を「あえて入れてます」っていう
リスキーな選択はしない組織が多い昨今

自分とよく似たような人の中でずっと埋もれ
もともと向いてるからさほど困難も悩みもなく
刺激のない日々が連なる様子も・・・・

不正や犯罪が
「ゲーム」や「刺激」に思えるんだろうし
自分だけはバレっこないと考えるのも
人生でつまづいたことがない人の特徴だとも思うんです

もともと向いていて才能もある人が
その仕事につけるって社会には確かにプラスだと思うんだけど

得意な人がその情熱を維持できる時間って
あんまり向いていない人が
ムキになったり意地になった場合と比べると
どうなんだろうね


私は両方のタイプの人が
バランスよくどの組織にもいて欲しいと思います

不器用でも情熱で負けない人がそばにいたら
熱が冷めかかった人は刺激を受けるだろうし

誰もが惚れ惚れするような天才技を間近で見せられたら
向いてないタイプは、もっと頑張ろうと発奮できる

そのどちらでもなく
ただただ自分はダメだ、理解されない!と腐るのなら
それこそが「向いていない」の本質なんだろうな










[PR]
# by kin68 | 2017-04-12 00:58 | クレアボヤンス | Comments(0)

再生の収穫

f0138666_15034743.jpg
二月の初旬に買った小松菜の根元だけを
数週は水栽培で、ひと月半ほどを偽土栽培し
ちょうど二か月で収穫ってことにしました

売っている一袋の3/4くらいの株が
大きくなるまで育ちました

いくらかは水に浸かって傷んでしまいましたが
冬場だったのでやや成績が良かったのかもしれません
(夏は氷をいれたりしないと葉物は無理だろな・・・)

どこまで育ったら終わりなのかよくわからないけど
花が咲いたらおいしくなさそう
数日水を切っていたので、ポットから出すと
ふさふさふさと根っこがいっぱい出て来て驚きました

なんという再生能力!!!

直射日光に当たっていないので
葉はとても柔らかいんだけど、苦みがちと強いかな
室内栽培で懸念される
カビや藻などの匂いもなく期待通りの新鮮さです

でもこれも、今年は気温が低かったおかげだと思う・・・

使った偽土の再生がてら
パセリの芽をプランターへ移動しました
(水耕栽培じゃないんかい?)

お天気がいいと、室内栽培は罪悪感が募るんですよ^^

ただ

今日はお天気いいけど
明日は?来月は?この夏は?来年は?

ありがたくも、
土と日光を「使える」緯度経度に住んで
そのご利益にあずかっていられる身でも

植えたら食べられるは当たり前じゃないんだよって
肝に銘じていて

どうして家庭用室内栽培のシステムが
もっと普及しないんだろうって私が焦るには
何か理由があるんだろうと感じているところでもあります・・・








[PR]
# by kin68 | 2017-04-10 15:35 | 魔女活動 | Comments(0)

木星が輝く日


今夜は木星がスーパー明るいよ!って
NBCのニュースサイトがいうから
急いで窓を開けたんだけど

星どころか、
道を挟んだ向かいの家が、かすむほどの濃霧。

そういや今日は昼すぎから
霧が出てすごかったんだって、
がっかりしてから思い出す私

皆さんのところからは見えますか?
望遠鏡でなら赤い斑点も見えるだろうって


占星術では「幸運」「成功」を意味する木星

今夜が一番だってのに見えないことを嘆くだけなら
得られるのは落胆だけ

でも、見る方法は色々あるんで
四時間後開始(fromアメリカ)の
ライブストリームを予約してます


幸せは自分で作るんだよって言葉を
最近はよく思い浮かべます

誰かが与えてくれたり、もう用意されていて
お客さんになって受けられる歓待みたいんじゃなく

どうやって日々を楽しもうか、彩ろうかって
意識して自分に用意することの連続の中に
幸せって「湧いて」いる


ただそれも、
最低限の安全な生活があっての話

この国には、
そこが欠けたままのご家庭が
見た目以上に多いように感じます

色んな人々に見過ごされたままの病気、障害
誰の手も借りられない袋小路
緊張と疲労が連続する、綱渡りの日常
・・・・

木星が地球を、日本を丸ごと照らして
どの国、どの家庭からも不安や悲しみ、苦しみを
少しでも取り去ってくれますように





[PR]
# by kin68 | 2017-04-08 01:22 | 魔女活動 | Comments(0)

もう言っちゃえば?


いっつも言うんだけど
先進国でこんなに下支えのない、
「自己責任」社会はないよね

生めよ増やせよ政策だって言いながら
いざ子供産んだら
預け先は用意されてないし、母親は仕事できないし

病気になったり
会社がなくなったりで仕事を離れたら
ほとんどの場合、
二度と同じだけの収入が得られる道はないし

子連れ離婚を考えても
余裕のよの字もない日常しか思い描けない


キリスト教社会はそれでも、
寄付やボランティアが支える制度も多いって聞くんで
(もちろんないものも多い)
宗教は敬遠気味の日本とはそもそもの土壌が違う

メディアでは立派なこと言ったりしたり
諸外国へ大盤振る舞いの寄付したりするんだけど
この国には
第三世界並みの「自己責任」しかないんだもんね

社会の制度の実情はそうなのに
あたかもそうじゃないように見せられているというか
そう感じないようになっているというか・・・

自分が実際にその立場になってみないと
「本当のところはね、」を感じにくい世の中で
だから、
「何とかなるんだろう」ってみんながどこかで思ってる

福祉に、教育に
お金かける気なんか毛頭ないんだから
最初から「全部自己責任なんだよ!」って
幼児から教育しておけばいいのに

税金はきっちり納めてもらうけど、
(道路と川を作るのに使うんだから)
受け取る方はあてにすんなよって
初めからちゃんと言っておけばいいんだ

さもいい国ぶってるけど
「見える」ところだけ
「票に」なるところだけ
「金に」なるところだけ

人材が、子供が宝だ、資源だっていいながらね

それ本気で言ってんの?







[PR]
# by kin68 | 2017-04-06 01:17 | 雑記 | Comments(0)

信念?


強めのレメディを繰り返しているせいで
少々ハイな日々・・・

あれこれ霧が晴れたわけでもないけど
くよくよしてもほとんど意味がないよねって
諦めでも、放置でもなく「あえては見ない」に近い、
何ともお気楽な気分がやって参りました(笑)

こういう精神状態だと確かに
もっと急ごうとか、焦らなくてはならないとか
ちゃんと周りに合わせようとか、思わないかもしれない!

それまで一度も本気で走ったことがないのに
いきなり馬車馬に抜擢され
「いそげ!」と煽られていた時代を
振り返る機会の多いこの時期・・・

その時に「自分を捨てる」ことが
仕事を覚える第一歩なのだと思い知ったり

分かっていてもそうできず、
不器用で色んな意味で「ほどほどに」できない自分を
責めたり、卑下したりしていたなぁ

「自分」なんてものは本当はうんと曖昧な存在で、
アニメの絵のコマみたいに
一瞬で次の絵に魂が移っていくようなものなんだろうに

これまでもたびたび、人生の転換時
ガツン!って岩盤にぶち当たるように
「これが自分だ!」が出てしまい周囲と衝突してました

頑固だ、我が強いと言えば全くそうなんでしょうが
青二才の感性とはいえ
「尊厳」を冒されるように感じた
という言葉が一番近いような気がします

人生は結構辛かったと自覚されている方は
その尊厳が自分や人のどこにあるのかを
知っている方だったり、
人生で知る必要があった人だと思います

どこにも誰にも衝突せず、ひたすら穏やかに
自他の尊厳をキープできる方も大勢おられるはずですが

それが何かを知らない人が混じった世界では
見つけられる人にとって切ないことは日常

「全方向の尊厳を守っていては、
動くものも動かないし、回るものも回らない!」
といった周囲の、社会の強弁に、
折れてしまうか、離れるかしかできなかったはず


私の場合、質が悪かったのは
折れてはいけないところで折れて、
ついでで反抗もしたこと(笑)

折れたら(信念の宗旨替えをしたら)
間違っていても責任は取ってもらえると勝手に思ったこと

そんなのとんでもない!
選択した「自己責任」以外の責任はどこにもないんだ


尊厳のありようを
「ある程度」共有できる人々のいるところに
自分が行ける、いられるような努力は
ずっと若い頃にするべきだったんだろうとは思うのですが

振り返っても、
人生のどのタイミングでそれに気づけただろう?(笑)

痛い!痛い!!いいながら
あっちこっち無駄に歩き回ってはぶつかってでも
私は「この世の経験値」を上げたかったんだろうか

全く、ありがたい話で









[PR]
# by kin68 | 2017-04-04 02:41 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

試作


あちこち日帰りに出回っていますが
まだ寒いせいでしょうか、どこも滞在時間は長くなく
行っただけですぐに帰って来てしまう行程

山桜もまだ花を見ていないくらいですからね
今年はどんだけ寒いんだか・・・

半端な余り毛糸を大量に抱えてしまい
あちこち箱だの袋だの籠だのが床にいくつもあったんで

まだ寒いうちになんとかしようと決意し
余り糸を使って
ずっと作ってみたかったものを「試作」してみよう!
ということになりました

ひとつはサマーヤーンでオーバースカート
これは試作のつもりが、本番作に・・・
サマーヤーンを二週間がかりで激減させました

もうひとつは
袖なしボートネックのベストと
同じ糸で・・・あれはマーガレットって言うんですかね?
袖だけカーデみたいなのを
寒い日は「組み合わせて」セーターのように
暖かい日はベストだけ、マーガレットだけ、など
いろいろ使いまわせるようにしようと。

本番糸をどの太さに?どの種類に?と
迷っているうちに、ずっとその企画はお蔵入りだったので

これはひとつ、
手持ちの色も素材も全部バラバラな糸たちで作って
実際に着て、どうなら満足かを確認してから
本番に挑もうじゃないか!ってことになりました

主な使用糸は
ぽっちゃりの厳禁アイテム「モヘア」!
いいんです、試作なんですから

編み目も最速の「長長長々編み」のネット編み!!
いいんです、大きさと長さが分かればいいんですから

作っている最中はさほど変だと思わなかったのに
僅か8時間(二日)で出来上がってみると、
白いベストに
鮮やかな青~緑モヘアのグラデーション袖

両方をこのぽっちゃりが着ると
どこから見ても「青パンダ」

それもグレてて
「笹持ってこい」って言いそうなヤツ

・・・見た目はとってもアレですが、
アイデアは悪くなく、軽くて暑くないし
袖が短くしかも可動なので動きやすい!働きやすい!

このまま、つい着てしまう一着になりそうで怖い。


サイズ感もつかめたし
デザインも決まったし
糸の選択がどれだとよりいいのかもわかったし
色も青はダメだなって再確認したし(笑)

春糸で、カギ針でなく輪針で模様編みにして・・・

今度こそ本番を(急いで)編むぞ~~~!!!







[PR]
# by kin68 | 2017-04-03 03:36 | 魔女活動 | Comments(0)

まっとうでは賄えない



地球歴2017年3月末

我々の室内農園の再生ほうれん草は
さほどの増殖に至っておらず、成長は芳しくない
しかし

再生小松菜株はすべての株が葉を増やし
のびのびと葉を広げている
いくらかの株はつぼみをつけてしまったが
それもおいしく頂ける

日中の気温が上がってきたのと日照時間が増えたので
小松菜の収穫はあと数日で可能になるだろう

ほうれん草については
もう少し気長に気温の上昇を待とうと思う

*****


地球号の70億人がみんな、
大地の地熱や太陽光、雨水で育った
「まっとうな」食物を食べられるなら
どんなにいいだろうと思うんですが

耕作適地って
地球上に70億人分をしっかり満たす分は存在しないし

真っ当なものだけで食を賄おうとすると
結局は
貧しいところから豊かな国々が奪う形になるばかり

今だって、
美味しくて安全で真っ当なものは
庶民には手が出ないレベルになりつつあるし
気候変動のあおりで
そこは今後も加速するんだろうし・・・

草原も砂漠も浜辺もを
人の食料と水のために「改良」してしまえば
そこにいるはずの命は奪われてしまうし
自然はそうそう許さないだろうとも思うんです

私たちは
ただ生きているだけで水を汚し、
土から限りなく奪う存在なのだけど

70億人が同じように享受できる
現実的で、安定的、安全な「農法」が
早く確立しますように




[PR]
# by kin68 | 2017-03-31 00:19 | 魔女活動 | Comments(0)

嫌いは自分ナリ


たびたび私が「発火する」シチュエーションは

優柔不断を延々と見せつけられたリ
手さえ付けてしまえばいいだけのことを
決してやろうとしない意気地なしが
陰で「グズグズ」言うパターンで

どうして少しだけでも待ってやれないんだろう?
すぐに突き放してしまうんだろう?と
ちょっと不思議で考えてました

彼らが勇気をもてない事情はよく分かっているし
なかなか仕方がない場合も多いと理解はしていても

つい「踏ん張らんか!」になる・・・
気持ちが許していないんですよね

これを同種嫌悪だとは、
自分ではとても思えなかったんですが

あることをきっかけに
私自身がどこかの時点で
「優柔不断でいてはダメだ」と変わったことがあったのでは?
と思うようになりました

******

元は彼らによ~く似た性質だったんだけど
自分で意識的に表現や行動を変えて
「違って見える」ようになったというだけで
根本はさほど違わないのではないか?

「自分は変わったのに、
どうしてあんたらはそのままでいいと思うんだ?」
という意識は隠れていないだろうか?

******

バカだグズだと言われる人のためのレメディは
かなり強いレベルで我が家には揃っており
(私に「マイペース」という名のグズへの耐性がないせい)

思い切って、
これまでほとんど摂ったことのないものを
口に入れてみました

心身に見違えるような変化はないし
今の自分にぴったりだと思うものを取った時のように
壁に激突したかのような衝撃もない

イラつくパターンをまだ見ていないせいもあって
反応が変わったのか知る術がないんですけど

夜明け直後の早朝、
鳴っていないはずのチャイムに目を覚まし
飛び起きて階段を下り、
誰もいない玄関を開けるという奇行に至り~

何かやっぱり「根」はあるんだろうと(笑)

レメディにまつわるキーワードは
「老け顔の子供」だったり「選択できない」だったりと
最近のこのブログの内容と一致している気も・・・

機関車のアニメはもう見てませんが(笑)

心の未発達と身体の(実年齢以上の)老化とのアンバランスが
いろんな不調やトラブルを生んでいるようにも思うので
しばらく続けてみようと思ってます










[PR]
# by kin68 | 2017-03-29 23:56 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

ベースだけ


どうしても家にいる時間しかないような生活なので
衣料品の選択は
ポリシーだとか生き方の表現だとか
そういうレベルでは全くない別軸

「汚れても洗える」から「汚れても構わない」
のあたりを行き来するような感じのものが
一定数は必要だ!という固定観念がすっごいありました

がさつなせいも大いにあるんですが
そのガサツの生みの親は、
汚れても構わない服でもあるんじゃないか?(笑)

それでも、
10年くらい前にはその考えを変えようとして
しばらく衣料品にはお金かけて来たんですが
すると今度はその高級品たちが
次の選択肢を狭めるという悪循環

高いのも古いのも一掃、クロゼットを空にした後

愛している服だけにするのは
まだ私にはハードルがめっちゃ高いので

「オートマチックなコーディネート」ってことで、
とにかく日々悩まないことを目指しました

どれを組み合わせても着れます!という
ベーシックなものだけをしっかり揃えましたら

そのあと、うっかり衣料品売り場を覗いても
今までなら飛びついただろう類いの
着まわしの利かないものに引っかからない!です(笑)

特殊サイズもちゃんとあるお店で
ようやく念願の白シャツを見つけられて!!!
やっと手製の毛糸ネクタイやセーターが使えるぞ!とか

そこが解決しただけでも
手持ちの服が大いに着まわせるようになったり・・・

「ああ、やっぱり基礎って大事ね」

クロゼットがいっぱいになっていたときには
全く得られなかった
この、一週間の見通しが自然に立つような感覚は何?

これで、また時々一枚二枚足すだけで
季節の変化も上手く乗り切れそうです(感涙)






[PR]
# by kin68 | 2017-03-29 00:33 | 雑記 | Comments(0)

違和感


多分大けがしているんだろうに
無理して頑張ってでも、目的を達成したことが
一定の年代以上の方々にウケていて
美談のように語られているんだけど

そういう「体質」が、いろんな問題の温床だってことで
しばらく前に叩かれたばかりではなかったかと
私は思うんですけどね

無理勝ちが何の手本と参考になるんだろう
我慢強さ?
痛み止め薬の強力さ?(笑)

あの分野では
ドーピングなどは話題に上がらないけど
普通に歩いていられるほど「何か」使っているんだとしたら
その量は相当じゃないだろうか?
それって良し悪しで言っても悪いほうじゃない?

古き良き時代からの業界の話は
マスコミは何でも美談にしたがる気がするんだけど
どれも違和感しかない・・・

ロンドンで大ごとが起きているとき
世界中のマスコミはそのニュースを大きく報じていたのに
日本では誰かさんの「証言」が延々放送されていて
新聞もそっちが大きい
(新潟弁でいうところの、あれは「もうぞ(寝言)」だろ)

そもそも国会の場なんだよね?

関心が高いことにより時間を割くのは仕方ないとしても
そういう偏向が
いわゆるト○ンプ現象のようなものを生んでいるんじゃないの

面白いものは大事なことより優先なんだもんな
国会ですら

報道番組がビッグデータを利用し始めていて
報じられるのが「視聴者の関心が高いこと」
だけになりつつあることを恐ろしいと思うのは、私だけ?

今日あったことを淡々と、
優劣強弱つけずに報道するような中立なチャンネルはないかしら?










[PR]
# by kin68 | 2017-03-27 23:26 | 雑記 | Comments(0)

私の中の武将(笑)


透視のクラスで同じことを指摘された同級生は
私の周りにとても多いように当時思ったんですが

武将(のような職業)の過去世があるせいで
その影響がまだ多くオーラに残るので
過去世での戦いの歴史を
折々で浄化することをさんざん薦められてきました

私の場合は、どうも日本の戦国武将ではなく
ヨーロッパの騎馬隊やら歩兵隊やらで
やたら長い剣を振り回す「仕事」をしていた過去世が
多くあったようです

おかげで未だに
安物の剣の「おもちゃ」を買いたがるんで困るんです
(子供に毎度全力で止められる 笑)

「三色に光るんだよ!三種類も音が出るよ!」
なんて言葉では全く説得できず、しぶしぶ諦めて帰るんですが

しばらくのち、
とてもきれいな色をした百均の剣を持って
子犬のようなキラキラの目で子供を見つめると
「買えば?」と冷たく突き放されました^^

ところが今流行りの刀剣には全く興味がありませんで
洋剣が好みのツボのようです
(映画「ホビット」の戦闘シーンのような
レトロな感じが懐かしいんです)

剣が欲しいぞ!とどうしようもなく思ったときが
絶好の浄化タイミングなんでしょうに
手に入れてからやっと
「掃除しなきゃだったんだ」って言うんで
そもそもする気がないんだろ?って思うこともあります

「人生は戦いだ」と捉えることに慣れているので、
その他の人生はよく分からないのでしょうね

でもやっぱり
勝ち負けだけでは計れない事象を理解するには
そこを抜け出さねばなりませんで
一生懸命、武将のお掃除を始めています
(なんて言葉だ!)

洋風の武将がオーラにまだ居座っているせいで
ひょっとすると

欲しいものが手に入っていなかったり
したいことが出来ていなかったり
いろんなことが遠回りになっているのかもしれない

(おもちゃに心を動かされている時点で、
そうだと気付いていてほしい)

時代はすっかり変わったんだよ
馬は街にもういないし
戦争もドローンでする時代なんだよ


子供が冷やかに私を見るのは
過去世に振り回されているのが本能で分かるからなんでしょうね








[PR]
# by kin68 | 2017-03-24 00:02 | クレアボヤンス | Comments(0)

1割になった


自分の服を一度蔵出しして
何があって何がないのか?を見ることにしました

結構まめに捨てているつもりでも
後生大事にしていたというわけでもない
もしかしたらまた着るかも?服をいくつも発見し
「一年以上着てないよね、さようなら」してみたら

クロゼットの中身は、もとの一割になってしまいました(笑)
今まで何着てたんだろ?って自分でも不思議!

急に大きくなった子供も「着るものがない」っていうんで
痩せたらまた着るつもりだった(絶対無理!)
ごくごくプレーンなものをいくらかお下がりにし
ウエス布として使えそうなものもあるぞ、とはいえ
ほとんどは廃棄処分

もともと多く持っているわけでないのに
更にカラッカラしたクロゼット

空いた棚に服以外のものを片づけられるぞ!
って、新たに服を入れるつもりはないんかい?(笑)

あちこち通販サイトを覗いたりもしました
「基本中の基本」だけは通販でも心配ありませんが
やっぱり実物見ないとねぇ、そうでなくても特殊体型だし・・・

でも実店舗めぐりって、(大体どこ行けっての?)
デザインが気に入ってもサイズがなかったり
せっかく着れるものを見つけても、
欲しい色がなかったりとさんざんな上に

でもすぐに必要なんですよね?って
店員さんに足元見られて押し切られたり
長時間探したんだから、もうこれでいいか。と
「妥協の産物」がクロゼットに増える要因に・・・

絶対これじゃなきゃ嫌だ!っていうのを
しつこく探す癖をつけませんとね

ネット巡りでティム・ガンにたびたびお目にかかりまして
何だかこれまでの習慣を説教されたような気がしてます

「これがなきゃ死んじゃうって思う服だけを持ちなさい」

う~ん、そういう情熱?執着?は
衣服だけでなく、他の何かにもあんまり持てなかったかもなぁ

人はいつか死ぬんだし
モノはみんないつかは捨てることになるんだから
最初からのめり込まないでおけば
(いいものを手に入れずにいれば)
別れの悲しみも大きくなくて済む、って
本当に愛せるものからずっと線を引いて来たのかもしれない


たかが服選びというなかれ、
人生の選択にも大いに共通するんだぞと
一度棚をカラにしてみて思い始めています






[PR]
# by kin68 | 2017-03-23 01:51 | 雑記 | Comments(0)

方向性を探しに


春先にも寒くなく、
厚すぎでもない服がクロゼットにないぞと
店舗もネットショップも探しに行ってみたのですが
どれも全くピンとこない・・・

着まわせて調節が利いて、体型がカバーできて・・・
いろいろ要求するからかもしれません

もう何を選んだらいいの?と
何シーズンも前に方向性を見失っている所もありで

かなり前に一度揃えた「ベーシック」を
再度揃え直すべき時期なんだろうとも思います

きちんと見える基本のシャツやジャケット、ワンピがあると
あとは小物でカバーできるんだよね・・・
それはよ~く分かっているんだけど

白シャツは
まだ痩せていた若い頃から体形のせいで
一日綺麗に着ていられるものを
一度も見つけられていませんし

ジャケットも同じ理由で冬物しか着られない
セーターも慎重に選ばないと自爆しちゃう・・・

結果、
テラテラした薄~い生地だけがクロゼットに残り
「寒い」
「着るものがない」になるんですぅ~~~

もう少し悩もうなどと言っているうちに
本当に着るものがなくて
外に出られなくなりそうな予感も

しばらく、見慣れないファッション誌とにらめっこしてみます・・・
















[PR]
# by kin68 | 2017-03-22 03:41 | 雑記 | Comments(0)

偏りの一歩目は


何が理由である傾向のものを好むのか?を
そもそもまでたどれる種類のものと
何でなのかは全く謎のものがあります

私が普段好んで聞く音楽は
ほぼ100%で、過去のお気に入りの人々からの影響で
最初に惚れたミュージシャンの好み、とか
某俳優に顔がそっくりだったから、とか
好きな作家に影響されていた、
親友の好みの周辺、などで

それらをとにかく一途に聞いているうちに
いつのまにか
他を受け付けなくなっていたようなところがあります(笑)

音楽的志向というよりは「副作用的」な偏向で、
状況が変われば他のものだった可能性が高い、
という程度のもの

おまけに
昔からのハスキー好きは父親の好みからの影響だ、とか
ルーツが分からないものは全くないので
謎がない分だけ音楽は私の人生にとっては
さほど重要な要素ではないんだなと思うことはあります

ないと本当に困るものではありますが
私の浅い浅いルーツを知るほど
追求するとか深掘りする気にはなれません(笑)

そして

偏った一歩目というか
音楽へ向かう前の「最初に」誰が好きだったかのところでは
私は自分を男の子だと思っていたんじゃないか?という
疑いしか見えてこない・・・

今世生まれる際に、
あまりにも選択肢を多く欲張ったせいで
いろいろ辻褄を合わせる暇がなかったんだろうと思われます
性別については特に(笑)










[PR]
# by kin68 | 2017-03-19 01:59 | | Comments(0)

ビリヤード状に


昔、どこかの遊園地で
「パターゴルフ」って言う名前の
子供だましの18ホールを回ったことがあります

パターの楽しみ方なんか
全く知らない子供たち(大人たちも)は
だんだん逸れた球を「枠にぶつけて」穴を狙うんで
ゴルフっていうよりもビリヤード状態

だってそうしないと一生終わらないんだもんね^^
後ろから来る方々に迷惑になるし・・・

お日様さんさんの昼下がりに
9ホールでも多いってのに
18もあってうんざりしたのを思い出しますが

提供側の意図(殿方の避難所)とは
違う意味で人気だったようで
(各ホールに人が溜まるので、さらに人が集まってきてしまう)

小さなどのホールにも、一家で楽しむ姿があって
どこのご一家もうちと同じくビリヤード状態だったことも
一緒に思い出します
(つまりあれは企画倒れだったんだろう)


いや私はそんな話をしたかったんじゃない・・・

どこで人生を間違えただろう?という言葉をお聞きすると
私には、(透視で)
枝分かれする道がドミノに見えることもあれば
「選択玉突き」の逆再生を見るような場合とがあります

過去の過程の類いを全部すっ飛ばして
ズバッと的に矢が刺さるように
「原因はこれ」が見える場合もないわけではありませんが

大抵は年月やらも手伝って、
いつのまにか辿り着いたって感じですよね

白い球を狙えばよかったとか
赤いのにしていれば・・とか、
そういう選択の違いは
実はあまりその後の人生に
影響が大きいわけではないことも
多くの方を見せていただくと理解できるようになります

むしろ

赤を選んだのなら
いま赤い球を突く際のご自身の姿勢というか
考え方、球の選び方の基準がどこにあったのか?のほうが
その後に影響大

ビリヤードは他の人も同じ球を狙うので
人様のミスショットが私のラッキーにもなったりと
要素の多い中で「起きる」ことの積み重ねでもあって
自らが選択したことばかりではないようにも一見は見えますが

キューを持っていた際の心理状態が、
試合自体だけでなく
その後の人生を大きく変えていることはありえます

いろいろが上手くいかないときにこそ
選択やり直しのチャンス到来

しかし

あの時黄色い球にすればよかったんだ!と思うタイプは
なかなか本当の意味でのやり直しにならず
何色の球を全部そろえても
「これも違う」で終わる場合がほとんど

姿勢が「正しければ」いいってのもまた違うんです
間違いのない選択とか、真実の選択なんてないっていうか

どの結果になってもいいという覚悟があるか、
飛び込む勇気があるか?ってだけのことも多いんです

難しいほうを歩けも違う
正しいほうを行けも違う

じゃあどうすれば?って言われるんで
私は毎度がっかりするんです

何度も同じことを言っているのに、
そうしない人ばかりだから

前にも書きましたが

大抵の方は、「伝家の宝刀」を隠してお持ちです
ずば抜けた特技があるくせに
なぜか「家宝は決して日の目にさらしてはなるまじ」で
実際、それらに滅多にお目にかかることはありません

その家宝の刀をいま抜かずにどうするの?という時でさえ
「いいえ、これは錆びております!」の一点張り

誰にも盗めませんよ「特技」ですからね
盗難が怖いんじゃないんです
価値がないのかもと恐れている、に近いかな

でもその判断をするのは
本当は他人じゃないはずなんですね

親御さんやご先祖からも、遺伝で才能を受け継いでいて
それが本当の意味で役に立つ日が来るのを
ご自身だって、
この世に来るときに心待ちにしてきたはずなんです

ここぞで家宝を抜くのを避けて避けていると
玉突き状に、
次のチャンスを用意される・・・つまりそれは
困る状況が延々と続くというわけですが

本気で刀を抜くと決めると
いろんな手助けも力も周りに流れ始めるんですがねぇ

遠慮深いのも善し悪し

私なら、
家宝が百均のぺカぺカ光るおもちゃの剣だって
抜いて見せびらかしそうですがね!









































[PR]
# by kin68 | 2017-03-17 01:57 | クレアボヤンス | Comments(0)

退化と安定と


一気に気温が下がった昨年末あたりから、
ピアノの練習を大幅に控えて
主に右手を使う編み物にかまけておりました

腱鞘炎とかリウマチなどではないのは
間違いなかったのですが
左手指のこわばりと痛みは
更年期以外の原因はよくわからなかったんです

それが
インフルと思われる症状が治って以来
ピアノ弾く分にはほとんど感じない程度になり
ひっさしぶりに小一時間、指慣らしをしてみました

丸三か月も、
鍵盤にはろくにさわれていなかったので
三年近く練習した曲でさえ、
楽譜を目で追っていても
「次の音どれ?」「ん?」の繰り返しに(笑)

忘れっぷりのいい脳みそで困る・・・

暗譜する労力を惜しむ(ていうかできない)私の場合
指の動きを覚えるのと
「(譜を追う)目の動きを指と一連にして覚える」
必要があって

どのタイミングで指を見るか?を思い出さないと
今まで通りに弾けない的な厄介がついてます

有難いことに
数回弾き直していると以前と同じところで「困る」ので
かつてのパターンに戻れるんですがね

この年になると、
何でも失うのはあっという間で
そして技術的な上達は滅多にないもんだなと
自分の「安定感」に苦笑い

これは子供の頃から弾ける方々にとっては
「邪道の権化」のすることなんだそうですが(笑)
楽譜に、色を付けたりルビ振ったりして
どうにか解読可能にしてます

これからあたしゃプロ目指そうってんじゃないし
邪道だろうが外道だろうが、
そうしか楽しめる方法がないのよん♡

退化する一方の脳には
これから何年かけたって
最初から最後まで縦に4つ和音が並ぶ楽譜など
一目では読めないだろうしねぇ
(そして4つの音全てを弾ける日も多分来ない)^^

眼鏡かけて(能力を補正して)車に乗るのが
邪道だって言うのと、
一体どこが違うんだろうと首をかしげつつ・・・・

もうさほど痛くない指は、
久しぶりのピアノの上でしっかり動くのを確認

弾きたくなくて弾かなかったわけじゃない
痛くて弾けなかったから、
何か月も離れていたんだわねって

そこを自覚できていなかった自分に失望してました

今の時点では
自分が希望するような弾き方が
半分でもいいからできるようになれれば
私としては充分の域

ただ音楽はやっぱり
人様を楽しませるものでもあるべきだと思うので
お聞き苦しいものでないようには~
・・・心がけます~・・・・はい・・・





























[PR]
# by kin68 | 2017-03-15 02:16 | | Comments(0)

対面セッションは21日(火)からお受けします


二週に渡って
家族と私が発症したのは週末だったため、
誰もインフルかどうかの「診断」をされておらず・・・

しかし、明らかにそれと思われる症状と
感染力の強度からも

3/13~20までの間、対面のセッションはお受けできません

スカイプか遠隔でのお申し込みはお待ちしております

来週については
すでにご予約いただいている通りの日時で行えますので
ご安心ください





[PR]
# by kin68 | 2017-03-13 01:38 | らびっとあい通信 | Comments(0)

DNA修復ヒーリング後


細胞とDNAとを浄化した数時間後から
割れるんじゃ?と思うほどの骨の痛みに襲われました

経験したことのない悪寒、
粘膜の強烈なヒリヒリと充血に
「ひょえ~」って面食らっても

今度こそ熱が高く出たと分かるとすぐに
「シメシメ」ってほくそえんでおりました(笑)

一気に発症し一日で治る間に
こうして風邪をひくことで
色んな過去に使った薬の影響を浄化できるんです

私はどうも生まれつき
ストレスがかかると関節や筋がイタイと感じる
「脳の造り」をしているんだろうと思うんですね

成長痛ももちろんあったんでしょうが
心理的に何か負荷がかかるたびに
あっちが痛い、こっちが痛いって
脚や腕をさすっているような子で

特に、子供と二人きりのような生活をしていた時期は
顎や肩の絶え間ない激痛に
塗るタイプの消炎鎮痛剤が手放せなかったんです

祖母もどうやら若い頃から
スティックの塗り薬を手放さずにいたらしいので
薬が病気を育てている面もあるんだろうと感じます

今持っているホメオパシーの各種クリームが
当時痛がっていた私にも、さらに若い頃の祖母にもあったら
かなり色々が違ったのではないかと思わずにいられません

高い熱が出ている間
口の中にバ○テリンの味がしたり
開けていられないほど目がひりつくのは、
当時それを使っていたときにも感じた同じ刺激だったり・・・・

この薬の浄化は何年かに一度、
熱が出るたびにそれなりに進んでいたのですが
ストレスに比例した塗り薬の使い方をしていたので
まだまだ細胞に残骸があったんでしょう

もうとっくに当時とは
総入れ替えされているはずの細胞ですが
異物の情報を抱えたまま、コピーされていたんですね
(そりゃそのうちにはエラーコピーも出るだろうよ)

今度こそかなりの量で解放したのだと「わかる」ことができて
高熱で動けずにいても
だんだん安心感のようなものを感じていました

このまま熱で色々を出せないままなら
祖母と同じになったのかもしれないとか

別のもっと質の悪いものが体を蝕んでいる可能性を
かなり排除できたので
そういう面でホッとしたのもありますが

頭に近いオーラに動きの悪い場所があったのが
(鎮痛剤はオーラを固くするので)
薬が外れ、「やや」また動くようになったことで
頭も「やや柔軟」になるのでは?
とちょっと期待できたからかも・・・

24時間ほどでほとんど元気に戻ったのですが
体の軽さと心の軽さは比べ物になりません

インフル様の症状にはフジバカマ(ユーパトリアム)
咳と粘膜の諸症状にはスポンジ(スポンギア)のレメディに、
主にお世話になりました

そして四六時中、オーラ掃除も一緒にしておりました
大大掃除になったと思います

レメディを入れるたびに痛みは和らぐので
しょっぱなにビビった以外は、さほど辛くなかったんです
なんたって、
発熱にシメシメ言うてるくらいですからね(笑)


誰それにインフルうつされた!とか言ってませんか?

同じ時代を生きるために
今の環境と空気に合うような免疫をつけるためと
あなたの細胞の布団たたきを促してくれたんです

もっと一緒に生きようよって、言われたのと同じなんですよね




[PR]
# by kin68 | 2017-03-12 01:53 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

遺伝を癒す


母方には、
多くの疾患を全部発症しても数十年生き続ける、という
それって、強いんだか弱いんだか?な
あまり嬉しくはない遺伝の傾向が何例もあるので

いつかどれかを発症しなきゃいけないのなら
長々辛いんじゃないのがいいな、と願っているワタシ

父方の遺伝については、
若い頃の父を見た以外にあまり情報がないので
心の準備がない遺伝性のものがいくらかあるんじゃないかと
この年になると思うことが多々あります


更年期のせい?遺伝?で
ちょっとしたことで関節や筋が強張って困るって
話をここでもたびたびしているんで

自分の透視はあまり上手くなくても
ヒーリングはできるってことで、色々やってみました

細胞に降り積もった埃のような
いらない情報を捨てる、とか

カルマとして持ってきたもので
お勉強済みのものは発症しないように解除する、とか
(解除し忘れが時々、人様にも私にも見つかるから)

特定の親族に出た「疾患」のパターンを
私のDNAの中に探して、
そのパターンに流れ込んでいるエネルギーの配分を変える、とか

よくは知らない父方からのものも
同じように透視でエネルギーで処理しました

私には「遺伝的要因」が
オーラの中に(読めないけど)数式のように見えるんです

特定の色に変わるものは、
発症する可能性があるものや、すでに発症しているものなどで
色を「軽くする」ことで
出る症状も軽くすることができるようです

*これは一度やればいいってものじゃないらしく
時々メンテナンスで見る必要があると思っています*

肌からはホメオパシーのクリームをすりこんで
実際の細胞を癒してもいます


もちろん、
繰り返しても真っ新にできるわけではありません

酸素と水素があれば水ができるように
遺伝子の材料はそろっているわけなので、
前提条件が整えば、またいつでも発症レベルに達します

上手くいったのか
したたか咳き込んでその手当てに追われながら
いろいろ気づかされたことがありました

高血圧で重いリウマチだった祖母は
現代人にはとんでもないレベルの働き者だったけど
あれは動いていたほうが楽だったから止まれなかったんじゃないか?

細胞に、あの過活動にも
もし材料が不足せずに(栄養に過不足がなく)いたら
発症しても重度にならずに済んだのではないか?

マメだ、働き者だと周囲で評判になるような人ほど
保存食を大量に抱え込む傾向がありますが
(祖母は味噌蔵に漬物などの大樽が三つもありました)

その保存料になるのは砂糖(酒も糖)か塩、なんですよね
(今どきはもっと体に悪いものもたっぷり入ってる)

どれもが
栄養の過不足を引き起こす最大の要因

祖母は
体を動かすことで痛みや辛さを逃れられたんだけど
その副産物がさらに体を痛めつけた
という、残念なサイクルの中にいたのかもしれない


忙しく動き回っていると、見ないで済むものがある?
他人の幸せも自分の不幸も 走り回っていたら見えない?
仕事さえしていれば、本当に他は「我関せず」にできるの?

残念なお知らせだけど

祖母は30年近くもベッドの上で、
自分がもっと前に向き合うべきだった色々を
そのうちのいくつかはすっかり手遅れになってから
とくと見る羽目になりました

私たちの宿命や学ぶべきものいくつもが、
遺伝子の近い親やご先祖の生きざまに多分にあると思います

私が自分の細胞を一つずつ丁寧に癒すことが
先祖の癒しにもなっているのだと
ハイアーさんがいま、教えてくれました














 

[PR]
# by kin68 | 2017-03-10 01:15 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

形跡に翻弄される


体中がものすごいこわばって痛い、ってのは
リウマチ家系の私にはあるあるの更年期症状なので
「またか!睡眠不足か?」
くらいに思っていたんですが

どうもあれは新手の風邪のせいも、多少あったようで

節々イタイと言いながら
子供たちは一斉に熱が出たり、咳き込んだりと
華々しく症状を出しているのに対して

私と来たら!

そういえば先日に一日だけ鼻水出てたな、とか
とうとう花粉症シーズン突入か?
イタイって騒いだ一日だけは確かに、
これは熱なのかも?って一瞬だけ思ったなって程度

一家で一人だけ発症しない「お年寄り」状態・・・・

体から出すものがさほどないから
熱まで出さんでもいいってなら
それは、「いいこと」なんですが

いろいろ抱え込んでいるはずなのに
押し出す力がなくて、熱にならないっていうのなら
それは、「まずい兆候」

サプリ以外で薬のようなものは、
ごく時々漢方しかとっていないから
そういう系統で出すべきものはないとはいえ
添加物もアレルゲンも結構口に入ってる

この数年、朝の白湯のおかげで改善していても
出すほうはお世辞にもいいとは言えないし(笑)

何か大病が潜んでいて
そっちにエネルギーを奪われている可能性は
胸張って否定はできないお年頃だし


おお!そういえば!
子供が先日学校から
各臓器ガンのパンフレットを貰ってきました

肺、胃、大腸、子宮頚、乳
これはタイムリーなのかもしれませんな

フルカラーのパンフもお定まりで
まず検診に行けって内容なんだけど

行政の集団検診は引っかかってばかりで懲りて以来
(喘息、乳腺炎の経験者で「形跡」が毎回映るらしい)

何か症状がある時に受診し、
そのついでに診てもらうなどしています

先日のよその国の新聞に
行政の乳がん検診で再検査受けさせられたけど、
「異常なし」だった人はもう二度と検診にいかない
って話が出ていて、

記事にはざっとしか目を通していないのですが
世界中に私と同じ思いをしている人が
かなりの数おられるんだろうと思いました

そもそも再検査の紙って
検診から結構な時間が経過してから届くんですよね~

会社の検診などでも未成年の頃から毎度だったので
その種の「再検査」の文字は慣れっこでしたが

その再検査の数が、
肺だけでなく心臓も、子宮も、乳もだよ!になると
その場で余命宣告されたくらいの衝撃ですよ (笑)

若干びくびくで、
さらに何週もあとに来る、
各種再検査の日を待つ羽目になりますが
どれも既往症の名残が映っただけなんです

それも毎度!(履歴は一切引き継がれない)になると
結果は分かっていても、放置もできないし
余計に被ばくもするんだし、
何度も会場へ出向くなど手間もそれなりで

全く同じX線写真一枚の「再検査」で
「何ともありませんね」を聞くのは有難くても
とにかく腹立たしいことこの上なし・・・

実は毎年のように、
夏から秋にかけて(検診ラッシュの後)
お一人~お二人くらいから
「集団検診に引っかかったんだけど大丈夫かしら?」と
透視のご依頼をいただくんです

それで、こんな目に遭うのは
既往症の多い私ばかりじゃないってのが分かってから
再検査が多いほど、誰か儲かっているんじゃないのか?と
勘ぐりたくなることもあるんですよね


検診のシステムを何とかしたほうがいいと思うんだよ
スマホで調べられる程度のパンフ配るよりも、まず

私みたいに懲りた人は「検診」には行かないから
ヤバくなってようやく「受診」することになるんだよねぇ

自分を中立ではなかなか透視できないので
久しぶりにちゃんと診てもらって来ようかな~







[PR]
# by kin68 | 2017-03-06 01:52 | 雑記 | Comments(0)

強引(笑)


時季外れの種まきでも証明してますが
いまその環境が要るのよね、と思うと
すぐ取り掛かりたくなる性格で困ってます

多少体が痛かろうが、別の日のほうが都合がよかろうが
準備が整うのを待てばいいはずのことも
「いますぐ!」の魔力に勝てず

おまけに最近は若干体が動くせいで
一層ブレーキが利かず!

私が長いこと自分の体を「動けなく」していたのは
この鉄砲玉気質の末路を恐れての事ではなかろうかと
最近疑いを持つようになりました

体が言うことを聞かない分、省エネモードで動くためには
「まず考えてから」を徹底する必要と
本当にそれ必要?って収受選択の時間があるわけで
・・・

昨日のお天気につられて
苗を家の中の日向に並べる台を子供部屋から回収するため
「住人」の許可を得て子供部屋の配置換えを行いました

日中一人で家にいる間の事なので
ベッドも学習机も重い棚も、一人で動かして
大掃除もして・・・

ほんのちょっとしたことで
むち打ちみたいに全身が強張っていて
これってヤバいよね~って言ってたのに、です

案の定、昨夜は座ったらもう立ち上がれず(笑)

いくつかのレメディとクリーム、
絶え間ないヒーリングと、安静のおかげで
どうにか昨日の朝の状態にまでは戻しました

強めにヒーリングしたせいもあって
日中も数時間おきに強烈な睡魔が波のように襲うんですが
やっと寝た!と思うと
止め忘れのタイマー、電話、呼び鈴、
ついでに義父と各種電化製品に起こされてます(笑)

昼間に寝るなってことですね!


運動習慣で体が変わっているのに
意識が全く伴っていない、
私が使い方が変わったことを理解していないんだろうと思う面と

普段は安全運転でエクササイズだってやっていても
ひとたびどこかに興味が向くと、
徹底した「ニーズ先行」で、
体をおいてきぼりにしがちなんだな~をしみじみ感じてます

「何か運動を始めても、すぐにどこか痛くなったり
具合が悪くなったりして続けられないのよね~
それって、きっと何かに邪魔されているに違いないわ!」てな、
強めの被害妄想が、長らく私にはありましたが

自分がしている強引な色々を、
ようやく客観視できたのか(いまさら?)

ぜーんぶ自分が蒔いた種だね!って言葉に
繰り返しうなずいているところです

ただ、
この強引さが家庭では入用な時も多いんですよね
尻をひっぱたいてでも腰を上げないと動かないことは色々あるので

強引くじを買うのが常に同じ人間だというご家庭では、
だんだんと
暴走コンボイが電柱をなぎ倒して突っ走る!ように・・・
(そういえば、身内の女性に多い気がするぞ(笑))

「もう私が一人で、
何でもを背負わんでもいいんではないか?」
そう口にした瞬間、
痛かった腰がすっと楽になりました









[PR]
# by kin68 | 2017-03-01 16:41 | 雑記 | Comments(0)

最新の記事

満開
at 2017-04-26 13:58
悲しみの素は理想
at 2017-04-25 00:47
リセット
at 2017-04-22 01:27
大地が耳に鳴る
at 2017-04-20 01:11
とりあえずバレバレは避けて
at 2017-04-19 16:37
スクラップニット
at 2017-04-18 00:58
隠ぺいの「体質化」
at 2017-04-17 01:29
妙な夢で知る
at 2017-04-16 02:54
ありったけの弛緩を
at 2017-04-13 18:10
情熱
at 2017-04-12 00:58
再生の収穫
at 2017-04-10 15:35
木星が輝く日
at 2017-04-08 01:22
もう言っちゃえば?
at 2017-04-06 01:17
信念?
at 2017-04-04 02:41
試作
at 2017-04-03 03:36

検索

最新のコメント

ななさま 今どきの換気..
by kin68 at 17:44

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧