目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧

アレルギー一家


家族はみんな複数の食品にアレルギーがあって

卵、乳製品、小麦、そば、いくつかの果物、ナッツ類の一部・・・
など、料理にとても使いやすいものばかりが
食卓には出しにくい食品になっています

成長期の子供もいますから、
栄養の偏りが心配で一度も完全除去にはせず

給食で出るものは大量でなければ食べる
調味料、加工品に含まれている少量は気にせず食べる
症状がはっきりしないものは火を通して食べる
的な、その時次第型で避けてました

ただ、
荒れていた腸が若干安定するまでの一定期間
一度しっかりと(諸悪の根源の)小麦を断てたから
今はわりと自由に食べられる状態なんだろうとも思います


産後などで牛乳を義務で量を飲んでいた頃は
朝からひどい頭痛や疲労感に襲われて
長々と布団を出られないことがあったんですけど

牛乳を豆乳にし
不足分を煮干し粉などで補うようになってからは
そういうタイプの頭痛は起きなくなりました

生活で小麦を若干でも減らすようになってからは
絶望感や不安感が全身を襲うなんてことはなくなり
色々あってもポジティブに考えられるようになりましたし

かつてのような朝から晩までぼんやり(妄想のみ)といった
いわゆる不健康な状態ではないように思います

小麦不耐な体が「毒舌」や「奇行」を作るんだって話も
本で読んだことがあって、それも実感でわかりますね(笑)

甘々に小麦過多生活だと確かに
「石鹸でその毒舌をすすいで来なさい!」
と言われそうなほど容赦ない言葉が出ますし(笑)

数分どころか数秒ほどで
気があちこちへ移ってしまうような落ち着きのなさや
集中力の維持できなさを痛感することがあります

今でも苦い、新入社員時代の失敗の数々は
体力がない、焦って上手くいかない、緊張が強いことが原因
もし私が当時、全く小麦を取らない人だったら?と
何だかSFじみた想像をしてしまいます(笑)

体の中でひそかに起きている炎症のせいで
心がささくれて、体と脳が、落ち着きを失う

きっと性格も、容姿も
体内で炎症が起きているかいないかで
人様にかなり違った印象を与えるんではないかと思われます

今よりももう一段、
小麦だけでなく、糖質そのものの摂取量を減らすことで
少しは頭も体もキレが戻るのではないかと・・・

期待するだけでなく、実行してもまいります!!!










[PR]
by kin68 | 2017-01-06 01:48 | 魔女活動 | Comments(0)

最新の記事

悲しみの素は理想
at 2017-04-25 00:47
リセット
at 2017-04-22 01:27
大地が耳に鳴る
at 2017-04-20 01:11
とりあえずバレバレは避けて
at 2017-04-19 16:37
スクラップニット
at 2017-04-18 00:58
隠ぺいの「体質化」
at 2017-04-17 01:29
妙な夢で知る
at 2017-04-16 02:54
ありったけの弛緩を
at 2017-04-13 18:10
情熱
at 2017-04-12 00:58
再生の収穫
at 2017-04-10 15:35
木星が輝く日
at 2017-04-08 01:22
もう言っちゃえば?
at 2017-04-06 01:17
信念?
at 2017-04-04 02:41
試作
at 2017-04-03 03:36
まっとうでは賄えない
at 2017-03-31 00:19

検索

最新のコメント

ななさま 今どきの換気..
by kin68 at 17:44

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧