目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧

宇宙船に執着?


時間をかけてお気に入りの画像を集めていましたら
自分が普段から何に目を奪われて、
何に興味が偏っているのかを一目で見渡せる!と気が付きました
こんなのとか、

ライトが欲しいんでは全くなく
オタクグッズが欲しいのでもなく
宇宙船、UFOやタイムマシンのような乗り物に惹かれてる

考えてみれば

見る番組も映画もDVDも
スタートレックだの、レッドドワーフだの、
カウボーイビバップだのと
宇宙を渡る「乗り物(閉鎖空間)」で生活してるものばかり

お気に入りだったSFも
時空を地球上で移動するだけのものよりは
主人公が宇宙を移動しまくるような話のほうが
再読率が高いような・・・(電気羊だけは別格)

おお、これは立派な執着ではないのか?

別軸では、主に草食動物
または小型雑食動物にしか目が行っていない^^

小動物、または宇宙船って・・・

アポロが月に行った年の生まれなので
時代がそういうストーリーを大量生産していたという面もあるよね

でも

他にもいっぱい種類もストーリーも存在する中で
そこばっかりってのはやっぱり何かあるんでしょう

私自身には
小動物と共に宇宙船にいたんだよ的な記憶は全くないし
私を読んでくれた透視ヒーラーの方々の口からも
宇宙での過去世話は出てきたことがない…と思う
(年のせいで思い出せないだけ?)

ですが
周期的に「隕石系のレメディ」に親和性が高かったり
私はオーラもチャクラもかなり人と違っているらしいことからも
遠くから来たものを人より余計に取り込んでいるんだろうな、
と思うことはあります・・・

かつて隕石が落ちたと伝えられる地域で
祖父母が育ったってのも、影響はあるのかもしれませんよね
どんなに微量でも成分が口に入る環境はあったわけですから

そういえば、
親戚にも家族にも変人でないタイプはあまりいないなぁ・・・

突如、水耕栽培に目覚めたのも、
宇宙船での生活を彷彿とさせる設備に惹かれてのこと?
ある方の美しい歌声に、なぜか宇宙船暮らしを想うのも?

長く閉鎖空間で暮らしながら
どうにか楽しみを見つけたり、自分を整えたりしていたのなら
家を空けられずの今も、当時とさほど変わらないのかも








[PR]
by kin68 | 2017-02-16 00:15 | | Comments(0)

最新の記事

満開
at 2017-04-26 13:58
悲しみの素は理想
at 2017-04-25 00:47
リセット
at 2017-04-22 01:27
大地が耳に鳴る
at 2017-04-20 01:11
とりあえずバレバレは避けて
at 2017-04-19 16:37
スクラップニット
at 2017-04-18 00:58
隠ぺいの「体質化」
at 2017-04-17 01:29
妙な夢で知る
at 2017-04-16 02:54
ありったけの弛緩を
at 2017-04-13 18:10
情熱
at 2017-04-12 00:58
再生の収穫
at 2017-04-10 15:35
木星が輝く日
at 2017-04-08 01:22
もう言っちゃえば?
at 2017-04-06 01:17
信念?
at 2017-04-04 02:41
試作
at 2017-04-03 03:36

検索

最新のコメント

ななさま 今どきの換気..
by kin68 at 17:44

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧