目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 12日 ( 1 )

DNA修復ヒーリング後


細胞とDNAとを浄化した数時間後から
割れるんじゃ?と思うほどの骨の痛みに襲われました

経験したことのない悪寒、
粘膜の強烈なヒリヒリと充血に
「ひょえ~」って面食らっても

今度こそ熱が高く出たと分かるとすぐに
「シメシメ」ってほくそえんでおりました(笑)

一気に発症し一日で治る間に
こうして風邪をひくことで
色んな過去に使った薬の影響を浄化できるんです

私はどうも生まれつき
ストレスがかかると関節や筋がイタイと感じる
「脳の造り」をしているんだろうと思うんですね

成長痛ももちろんあったんでしょうが
心理的に何か負荷がかかるたびに
あっちが痛い、こっちが痛いって
脚や腕をさすっているような子で

特に、子供と二人きりのような生活をしていた時期は
顎や肩の絶え間ない激痛に
塗るタイプの消炎鎮痛剤が手放せなかったんです

祖母もどうやら若い頃から
スティックの塗り薬を手放さずにいたらしいので
薬が病気を育てている面もあるんだろうと感じます

今持っているホメオパシーの各種クリームが
当時痛がっていた私にも、さらに若い頃の祖母にもあったら
かなり色々が違ったのではないかと思わずにいられません

高い熱が出ている間
口の中にバ○テリンの味がしたり
開けていられないほど目がひりつくのは、
当時それを使っていたときにも感じた同じ刺激だったり・・・・

この薬の浄化は何年かに一度、
熱が出るたびにそれなりに進んでいたのですが
ストレスに比例した塗り薬の使い方をしていたので
まだまだ細胞に残骸があったんでしょう

もうとっくに当時とは
総入れ替えされているはずの細胞ですが
異物の情報を抱えたまま、コピーされていたんですね
(そりゃそのうちにはエラーコピーも出るだろうよ)

今度こそかなりの量で解放したのだと「わかる」ことができて
高熱で動けずにいても
だんだん安心感のようなものを感じていました

このまま熱で色々を出せないままなら
祖母と同じになったのかもしれないとか

別のもっと質の悪いものが体を蝕んでいる可能性を
かなり排除できたので
そういう面でホッとしたのもありますが

頭に近いオーラに動きの悪い場所があったのが
(鎮痛剤はオーラを固くするので)
薬が外れ、「やや」また動くようになったことで
頭も「やや柔軟」になるのでは?
とちょっと期待できたからかも・・・

24時間ほどでほとんど元気に戻ったのですが
体の軽さと心の軽さは比べ物になりません

インフル様の症状にはフジバカマ(ユーパトリアム)
咳と粘膜の諸症状にはスポンジ(スポンギア)のレメディに、
主にお世話になりました

そして四六時中、オーラ掃除も一緒にしておりました
大大掃除になったと思います

レメディを入れるたびに痛みは和らぐので
しょっぱなにビビった以外は、さほど辛くなかったんです
なんたって、
発熱にシメシメ言うてるくらいですからね(笑)


誰それにインフルうつされた!とか言ってませんか?

同じ時代を生きるために
今の環境と空気に合うような免疫をつけるためと
あなたの細胞の布団たたきを促してくれたんです

もっと一緒に生きようよって、言われたのと同じなんですよね




[PR]
by kin68 | 2017-03-12 01:53 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

最新の記事

悲しみの素は理想
at 2017-04-25 00:47
リセット
at 2017-04-22 01:27
大地が耳に鳴る
at 2017-04-20 01:11
とりあえずバレバレは避けて
at 2017-04-19 16:37
スクラップニット
at 2017-04-18 00:58
隠ぺいの「体質化」
at 2017-04-17 01:29
妙な夢で知る
at 2017-04-16 02:54
ありったけの弛緩を
at 2017-04-13 18:10
情熱
at 2017-04-12 00:58
再生の収穫
at 2017-04-10 15:35
木星が輝く日
at 2017-04-08 01:22
もう言っちゃえば?
at 2017-04-06 01:17
信念?
at 2017-04-04 02:41
試作
at 2017-04-03 03:36
まっとうでは賄えない
at 2017-03-31 00:19

検索

最新のコメント

ななさま 今どきの換気..
by kin68 at 17:44

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧