目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017年 07月 28日 ( 2 )

休業はしばらく続きます

病気が発覚して以降
思っていたよりもいろんなことが「負担に」感じる日々

子供の世話だの送迎だの、
家の中の管理などは、普段からほぼワンオペだったので

病気になったよ!あとは任せたね!にしようとすると
自分でするよりも数倍の下準備が入用になるという繰り返し

義理の家族も実家も巻き込んでの
てんやわんやになっています

そういうことで

仕事をするとか、しないとかいう状況でなく
「できない」状況なので

治療が一段落するまで、
こちらは完全休業になります
いつ再開するとお約束もできません

大変申し訳ありませんが、
ご理解いただけますようお願いします





[PR]
by kin68 | 2017-07-28 09:49 | らびっとあい通信 | Comments(0)

完璧ではないを許す

冬場にLEDライトを購入してまで
野菜を栽培していた本当の理由を
今になってぼんやりと感じることがあります

夏場には義父母が作ってくれるお野菜を
ふんだんに頂くことができるんですが
(無農薬ではないにしても、買えるものよりはずっとマシ)

冬になるとそうはいかず
去年はお値段もかなりでしたしね

しかし

急に室内栽培を始めたのは
あることを私自身が見て学ぶ必要があったからでした

根を残して切った小松菜が
適切な管理にあれば真冬でも
わずか数週間で根をふさふさと再生する様子や

小さな種が
厳しい環境でもきちんと芽吹く様子

かなり不自然な環境の下で育っても
エネルギーが多少欠けているにしても
食べるには支障のない、美味しいものができたこと

・・・・

病気になりたくなければ、
病気を治したいなら、
ということばの後には大抵
「自然のエネルギーのあるものをより多く食べよう」
と続きます

私もそこに異論はないし、その通りだと思います
(私は確かに、子供の頃添加物まみれの生活でした)
人間もそうありたいものだとも思います

でも「不自然な手当て」で野菜を助けないなら
それはつまり自然淘汰された
残った強いものを私たちは頂いているんですよね

人の場合の「自然淘汰」を潔しとすべきかどうかは
個人個人で考えの違う所だと思います

厳しい状況に置かれても
コントロールされた不自然な環境でも
生き抜く野菜も、花咲く野菜もある

一時的にエネルギーが欠けてしまっても
太陽が出る時期になれば、また取り戻せる!

そもそも完璧でない所からスタートした人生を
完璧な「とっても自然な」状況でコントロールし続けるのは
やっぱりどこかに無理が出るんだろうな

自分が完璧でないことを許しつつ

野菜が、小松菜が証明して見せてくれた
再生能力を、私は信じたいと思います









[PR]
by kin68 | 2017-07-28 09:28 | 雑記 | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

もっと楽をえらぼう
at 2017-09-22 15:35
身になる、ならない
at 2017-09-20 16:21
呼吸と合わせて
at 2017-09-13 12:00
理想はツラいよ
at 2017-09-09 09:07
体に選ばせる
at 2017-09-08 11:30
懲りるだけでは
at 2017-09-06 09:46
ローテーションができる関係か?
at 2017-08-22 11:21
安易な方法
at 2017-08-20 16:46
蜂の巣をつつく?
at 2017-08-18 15:55
ぬりえで癒す
at 2017-08-05 10:33
飛び込み台で
at 2017-08-03 10:21
猶予の合間に
at 2017-08-01 18:11
穴掘り名人
at 2017-07-31 16:47
休業はしばらく続きます
at 2017-07-28 09:49
完璧ではないを許す
at 2017-07-28 09:28

検索

最新のコメント

加藤さん  お久しぶり..
by kin68 at 13:55

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧