目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:クレアボヤンス( 6 )

私の中の武将(笑)


透視のクラスで同じことを指摘された同級生は
私の周りにとても多いように当時思ったんですが

武将(のような職業)の過去世があるせいで
その影響がまだ多くオーラに残るので
過去世での戦いの歴史を
折々で浄化することをさんざん薦められてきました

私の場合は、どうも日本の戦国武将ではなく
ヨーロッパの騎馬隊やら歩兵隊やらで
やたら長い剣を振り回す「仕事」をしていた過去世が
多くあったようです

おかげで未だに
安物の剣の「おもちゃ」を買いたがるんで困るんです
(子供に毎度全力で止められる 笑)

「三色に光るんだよ!三種類も音が出るよ!」
なんて言葉では全く説得できず、しぶしぶ諦めて帰るんですが

しばらくのち、
とてもきれいな色をした百均の剣を持って
子犬のようなキラキラの目で子供を見つめると
「買えば?」と冷たく突き放されました^^

ところが今流行りの刀剣には全く興味がありませんで
洋剣が好みのツボのようです
(映画「ホビット」の戦闘シーンのような
レトロな感じが懐かしいんです)

剣が欲しいぞ!とどうしようもなく思ったときが
絶好の浄化タイミングなんでしょうに
手に入れてからやっと
「掃除しなきゃだったんだ」って言うんで
そもそもする気がないんだろ?って思うこともあります

「人生は戦いだ」と捉えることに慣れているので、
その他の人生はよく分からないのでしょうね

でもやっぱり
勝ち負けだけでは計れない事象を理解するには
そこを抜け出さねばなりませんで
一生懸命、武将のお掃除を始めています
(なんて言葉だ!)

洋風の武将がオーラにまだ居座っているせいで
ひょっとすると

欲しいものが手に入っていなかったり
したいことが出来ていなかったり
いろんなことが遠回りになっているのかもしれない

(おもちゃに心を動かされている時点で、
そうだと気付いていてほしい)

時代はすっかり変わったんだよ
馬は街にもういないし
戦争もドローンでする時代なんだよ


子供が冷やかに私を見るのは
過去世に振り回されているのが本能で分かるからなんでしょうね








[PR]
by kin68 | 2017-03-24 00:02 | クレアボヤンス | Comments(0)

ビリヤード状に


昔、どこかの遊園地で
「パターゴルフ」って言う名前の
子供だましの18ホールを回ったことがあります

パターの楽しみ方なんか
全く知らない子供たち(大人たちも)は
だんだん逸れた球を「枠にぶつけて」穴を狙うんで
ゴルフっていうよりもビリヤード状態

だってそうしないと一生終わらないんだもんね^^
後ろから来る方々に迷惑になるし・・・

お日様さんさんの昼下がりに
9ホールでも多いってのに
18もあってうんざりしたのを思い出しますが

提供側の意図(殿方の避難所)とは
違う意味で人気だったようで
(各ホールに人が溜まるので、さらに人が集まってきてしまう)

小さなどのホールにも、一家で楽しむ姿があって
どこのご一家もうちと同じくビリヤード状態だったことも
一緒に思い出します
(つまりあれは企画倒れだったんだろう)


いや私はそんな話をしたかったんじゃない・・・

どこで人生を間違えただろう?という言葉をお聞きすると
私には、(透視で)
枝分かれする道がドミノに見えることもあれば
「選択玉突き」の逆再生を見るような場合とがあります

過去の過程の類いを全部すっ飛ばして
ズバッと的に矢が刺さるように
「原因はこれ」が見える場合もないわけではありませんが

大抵は年月やらも手伝って、
いつのまにか辿り着いたって感じですよね

白い球を狙えばよかったとか
赤いのにしていれば・・とか、
そういう選択の違いは
実はあまりその後の人生に
影響が大きいわけではないことも
多くの方を見せていただくと理解できるようになります

むしろ

赤を選んだのなら
いま赤い球を突く際のご自身の姿勢というか
考え方、球の選び方の基準がどこにあったのか?のほうが
その後に影響大

ビリヤードは他の人も同じ球を狙うので
人様のミスショットが私のラッキーにもなったりと
要素の多い中で「起きる」ことの積み重ねでもあって
自らが選択したことばかりではないようにも一見は見えますが

キューを持っていた際の心理状態が、
試合自体だけでなく
その後の人生を大きく変えていることはありえます

いろいろが上手くいかないときにこそ
選択やり直しのチャンス到来

しかし

あの時黄色い球にすればよかったんだ!と思うタイプは
なかなか本当の意味でのやり直しにならず
何色の球を全部そろえても
「これも違う」で終わる場合がほとんど

姿勢が「正しければ」いいってのもまた違うんです
間違いのない選択とか、真実の選択なんてないっていうか

どの結果になってもいいという覚悟があるか、
飛び込む勇気があるか?ってだけのことも多いんです

難しいほうを歩けも違う
正しいほうを行けも違う

じゃあどうすれば?って言われるんで
私は毎度がっかりするんです

何度も同じことを言っているのに、
そうしない人ばかりだから

前にも書きましたが

大抵の方は、「伝家の宝刀」を隠してお持ちです
ずば抜けた特技があるくせに
なぜか「家宝は決して日の目にさらしてはなるまじ」で
実際、それらに滅多にお目にかかることはありません

その家宝の刀をいま抜かずにどうするの?という時でさえ
「いいえ、これは錆びております!」の一点張り

誰にも盗めませんよ「特技」ですからね
盗難が怖いんじゃないんです
価値がないのかもと恐れている、に近いかな

でもその判断をするのは
本当は他人じゃないはずなんですね

親御さんやご先祖からも、遺伝で才能を受け継いでいて
それが本当の意味で役に立つ日が来るのを
ご自身だって、
この世に来るときに心待ちにしてきたはずなんです

ここぞで家宝を抜くのを避けて避けていると
玉突き状に、
次のチャンスを用意される・・・つまりそれは
困る状況が延々と続くというわけですが

本気で刀を抜くと決めると
いろんな手助けも力も周りに流れ始めるんですがねぇ

遠慮深いのも善し悪し

私なら、
家宝が百均のぺカぺカ光るおもちゃの剣だって
抜いて見せびらかしそうですがね!









































[PR]
by kin68 | 2017-03-17 01:57 | クレアボヤンス | Comments(0)

甘んじることはない


全く・・・全豪オープン決勝を全部見てたら
一体何時なのよ~~~!!!
オーストラリアと時差はほとんどないはずなのに!(笑)

しかし
永久保存版にしたい、ハイレベルな試合を堪能しました


去年は一年がかりで
新たなレベルの「レッスン」を親としたおかげなのでしょう

自分に何を受け入れて、
何を避けるべきなのか?について
少しだけ新しい視点ができていることに最近気が付きました

これまでは
だれかとの関係や空間に違和感や不快感はあっても
どこかで、
自分のほうが、
より相手を許すべきなのだと思い込んでしまっていたり
時々は自分の非のほうが
大きいのだと信じていたように思います

最近は
早々に相手にアドバンテージをやってしまう前に
(自分を先に卑下しないで)
相手の側の「問題」が見えるようになって

私がたびたび「それ」を許してきたことで
相手に変わるチャンスを与えていなかったのだと
気づけるようになりました

「できるほうが大人になれ」というのは
確かにそのほうが効率はいいはずで
物事を「穏便に」運ぶにはダントツにいい方法ですが

自分だけが学んでも、
相手には学ばせていないやり方だと言えると思います

家族にでさえ限度があるはずのことを
どうして外で?何で他人と?
っていうのに、やっと気がつくという・・・

お人よしというか、業が深いというか
これは許していいことではないのだと気づくのに
一体何年かけたんだ?って、ちょっとへこんでます(笑)

ようやく正しく反応ができるチャンスが巡ってきた!わけで
こうして新しく一歩を進められるのは大変に有難いことです


ヒーラー稼業をしていると何についても、
どこまで私の責任で、どこから相手の責任なのかが
とても重要なポイントになります

そして、どちらかだけが何かを得るのではなく
お互いに(情報や対価、学び)が得られるようにするには
やはりしっかりと中立でなくてはならず
(だから家族間での透視やヒーリングは難しい)

そこにもし 
「私はちょっとだけダメ人間でございます」的な隙があると
中立で物事を運ぶのは難しいと実感することもあります

自分がこれまでに経験した何が原因で
同じような問題に何度もあうコースに入り込むのかが
ようやく見えてきました

まず今の私がやらなければならないのは
もう必要のないレッスン教師を、生活には踏み込ませないこと(笑)

これまで私に解決すべき問題を提示し続けていただき
感謝は心から申し上げます








[PR]
by kin68 | 2017-01-30 04:36 | クレアボヤンス | Comments(0)

やりがい搾取


子供がちいさいうちは自分が育った家しか知らないので
どんな親でもある程度、
無条件に慕う、信じるしかないところがあって

どんなに変だと思っていたにしても
親という幻想がすっかり解けるには
数十年の時間が必要になる場合が多いように思います

いつだったか
ブラック企業の使い捨て体質を
テレビで糾弾する話を家事の合間に聞きながしていたら
「経営者が社員のやりがいを搾取している」
って言葉に耳がそばだちました

ああ、
これは日本では親子間でもよく起きることだと
実際に
「長男だ」「長女だ」「できる子だ」「優しい子だ」
さんざん持ち上げて、
子供にふさわしいとは言えない責任を負わせる手は
小ズルい親の典型

そうやって育った子供たちは
大人になっても会社で同じように搾取されて
その対価はごく時々「拝聴するだけの」誉め言葉

会社は親と違って手加減なしで要求するので
ボロボロになったら使い捨てされるんですよね

私自身を振り返っても、
周りにいる現代型の鬱病の方々を見ていて思うのは

子供だろうが、人が本来持っている
やりがいや、誰かの役に立ちたいという願望は
子供時代に親や家族に「先食い」されると
社会に出たあと、
本当に必要とされるときに上手く出て来ないんですよ

子供の頃に覚えた責任への対処法が
大人になって通用するはずはないし

いつも自分の限界を超えた要求を呑む癖がついていて
断れない、人を頼れない、甘えられない
回し車のネズミみたいに止まれない

新たに背負わされる責任が嫌で
どうしても物事を先へ進められないのは
もう充分に過去に背負ってしまっているからなんですよね
周りにはそれが全く見えないんで、厄介なんですが

ブラック企業は
雇う側の順法・人権意識がないことが問題なのは言うまでもないですが

親からおだてられては重すぎる責任を負わされていたり
過度の期待をかけられ、どうにか応えてきたという人が
もし今、この日本にはほとんどいないって社会なら
ブラック企業はそもそも成り立たないはず

親が子供の背伸びの頑張りをあてにして利用するのは
社会では自分が満たされないものを
子供に少しでも取って来てもらおうとするからなんでしょう

女性が子供を育てるために仕事やキャリアを諦めてしまうことで
子育てで成功を目指す人が増えたのは、いつからでしょう

父親がちゃんとまともな時間に家に帰る社会なら
母親が子供とキャリアを両立できる社会なら
どれも現代なら起きにくいことなのかも





[PR]
by kin68 | 2017-01-18 09:12 | クレアボヤンス | Comments(0)

雪でオーラ泡立つ


北半球の各都市を一周している寒波さん・・・
どうかお手柔らかに~

朝、車を掘り出すまでのわずかな時間でしたが
昔の雪かきの記憶が出てきました

急いでいたので
あとで掃除します!って感じで放置してましたら
夕方になって、
別の面白くない記憶とくっついて再発(笑)

このリマインダーも放置すると今度は厄介なことになるので
(なにかとトラブルになる)
時間を取ってお掃除をはじめました

たいていオーラの中で目立つのは「感情」で
怒りだったり、不信感だったりしますから
向き合うのを後回しにしたのもよくわかる・・・

とにかく何でもをろくに見ずに
「捨てて!捨てて!」していると
いきなり別の視点が開きます

「あれ?お門違いのことで怒ってたんじゃないの?」

そう思うと今度はすごく恥ずかしいので
それも「捨てて!捨てて!」(笑)

するとまた、これまでと全く違う感覚になります
「なるほど!そういうことだったのか!」

いろんな感情を揺さぶられて
ブクブクと泡が立っていたようなオーラを
光に戻す作業をしますと
本当に心身ともにさっぱりします

一度思い込んでいたところから「違う視点」を見つけるのって
年齢が上がるにつれて、
本当に難しくなるもんなんだなと
最近は良く思うようになりました

自分自身についても、周りを見ていても・・・

今の状況を変えないために、
都合のいい解釈を「創作」しなければならず
これと一つを思い込むことで、
人生を乗り切ることに決めている方もおられます

素晴らしい創造力で
ある種の知恵だとも思います
生き抜く力の一つと言っても過言じゃないし
私もかつてはその力を使わなければ
生きては来れなかったような気がします

そうなのですが、

今の私自身はできる限り、
創作や思い込みでないところを見ていたい
二重に三重に重なった出来事の、
芯に通っている本筋を見ていたいと思うのです

それは正しいとか、正解とかじゃない
真実だとか、本物だとかでもない

やっぱり愛emoticon-0152-heart.gifなんでしょうね

どこがその中にある愛なのか?を、
私は物事の中に見つけたいのだと再確認した一日でした

















[PR]
by kin68 | 2017-01-13 00:45 | クレアボヤンス | Comments(0)

くっついてくる


日本ではなぜか夏場に出ると言われるお化け関係ですが
経験上、
季節も時間もあんまり関係ないようです

真冬だろうが、春先のいい気候だろうが
朝っぱらからだろうが、日の高い時間も
いつでもどこでも、です

ただ、
湿っぽいとか、気圧が急に上下するとか、暑・寒すぎるなど
極端な気候の時にはそれと
気付きやすいことはあるように思います

「いつもと違う」を五感で感じているときには
何が違うのかをセンシングしているからなんでしょうね


風もない暖房ばっちり効いている部屋で
急に背中がひやっ「うわ、寒い!」って言うと
ほとんど同時にCDプレイヤーが
古いレコードじゃあるまいし、数秒音飛びする・・・

他の電子機器には一切誤作動も異常も出ないんですけどね

「霊が家の中を通り過ぎた」んです
(一瞬で逃げた!(笑))

帰宅した家族がどこかから連れてきたようなんですが
その直前まで家では(予知でもしたのか?)
空間浄化用のCDをガンガンかけていたので
相当居心地が悪かったんでしょう^^

また戻ってこないように (怖がってまず戻らないけど)
追加で浄化のCDをかけつつ、念のために
私もヒーリングのスキルで自宅と家族を浄化しておきました

地域のお墓が家から見えるところにあるせいもあって
以前は家の前に(霊の)行列なんかもあったり
家の中を(霊に)やたら覗かれたりしていたんですね

体が弱っていた頃だったので
彼らの影響が私の体に及ぶのを面白がられたりで
全く散々でしたが

透視とヒーリングのスキルで対抗できるようになってからは
彼らを怖がる必要はないのだと分かるようになりました

家の周りも何年もかけて浄化し波動を上げて
今は悪意や意図をもってうろつく輩はいません

でも質の悪いのがここへ来ないわけではないので
いつでも用心は必要ですね

家やオーラなどに居座られた時の「症状」としては
自分でも不思議なほど無駄に怒りっぽい
些細なことにも批判しか出て来ない
汗が出ない
ソワソワするんだけど理由がわからない
原因の分からない痛みが出る
いやな匂いがいつもする
部屋がどうしても片付かない

などです

逆に言えば、そのような生活をしている方は
あまりいいとは言えないタイプの霊に好かれやすく
どこか人込みやらで拾ってきやすいんですね

オゾンもだから
空気だけでなくいろんな浄化に役立っていると言えます

日頃から、時々は汗が出るような活動をし
お部屋には秩序を保ち

自分で使っている言葉がどうもおかしいと感じたら
ヒーラーに除霊をしてもらうのもいいでしょうね

少々強引に、歯ぎしりしてでも
ネガティブな言葉をポジティブなものに言い換えることで
ご自身やお部屋の波動を引き上げ
霊の居心地が悪い場所にするのも試してみてください












[PR]
by kin68 | 2017-01-11 03:03 | クレアボヤンス | Comments(0)

最新の記事

違和感
at 2017-03-27 23:26
私の中の武将(笑)
at 2017-03-24 00:02
1割になった
at 2017-03-23 01:51
方向性を探しに
at 2017-03-22 03:41
偏りの一歩目は
at 2017-03-19 01:59
ビリヤード状に
at 2017-03-17 01:57
退化と安定と
at 2017-03-15 02:16
対面セッションは21日(火)..
at 2017-03-13 01:38
DNA修復ヒーリング後
at 2017-03-12 01:53
遺伝を癒す
at 2017-03-10 01:15
形跡に翻弄される
at 2017-03-06 01:52
強引(笑)
at 2017-03-01 16:41
身の丈栽培
at 2017-02-28 01:49
8週で人は変われる?
at 2017-02-24 01:21
根性論では
at 2017-02-20 02:35

検索

最新のコメント

ななさま 今どきの換気..
by kin68 at 17:44

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧