目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:雑記( 40 )

連鎖を断ちたい

犠牲者を買ってでなくても
奴隷ぶらなくても
愛情を家族に示すやり方はいくらでもあるはずなんですが

何でこうもへつらっていなければ
(そして病人でなければ)
身の置き所がないような居心地の悪さを
「感じさせられて」いるんだろうかと
たびたび思案してます

周りにそのモデルがいないのも一因でしょうし

それができている人がいても
出来ない、理解できない人々から「叩かれて」
しまうのを目の当たりにしているからでしょうか

道徳観とか倫理観とか
個人と家族という枠組みの捉え方が
根本的にどこかおかしいのでしょうか

それとも
たんに私が個人的な問題を抱えているので
「自立」を実現できていないってだけなんでしょうかね?


「女も働いてもらわないと困るけど
育児、家事は一切ぼくは手伝えないからお願いね」

さすがに言葉では言いませんが
そういう状況を変えなければならないと
彼の頭をかすめたことすらないだろうな~

でもこれ
田舎の農村の長男だけのことじゃないですよね?(笑)

彼らがその不平等を「思いもしない」のは
私たちが「台所は聖域だ」って頑張っているからでは?
そういう家庭で子供が育つからでは?

実際、義母も相当な犠牲者精神の持ち主

愛情も疲弊すると枯渇するんだそうで
そういう女性たちが「愛のあるフリ」をして
ゲーム感覚で奴隷度を競ってる・・・

いびつ~

都会のように、
きちんと年表通り順番に時代が流れた地域とちがって

農村は一足飛びに江戸から昭和、平成になったかのような
なんかおおきなギャップがあるんですよ
意識レベルでね

そういうところでは
自分の意志で、自分の人生を作って生きることが
まるで罪のように感じさせられるというか
理解されないので、常に戦うような感じになっちゃう

でもここで私が諦めたら
子供たちがその戦いをする羽目になるのよね















[PR]
by kin68 | 2017-11-20 16:27 | 雑記 | Comments(0)

犠牲者

お皿の油汚れをふき取ってから流しに出して欲しい
という類のお願いを繰り返しても
言ったとき一度きりしかしてもらえない

ずっとそういう環境だったので
家族が家事に協力的でいる今はストレスレス(笑)

実際に家事にかかる時間も激減するし
みんなに平等にひと手間をかけてもらってあるだけで
物事は本当にスムーズに運ぶ・・・

家庭って、こうじゃなきゃいけなかったんじゃないの?

でも

私が動けないんじゃなきゃ
こうでないと困るとお願いするんじゃなきゃ
していただいて助かりますとお礼を言うのでなければ
この状況はある?

どういうわけか
母親、妻ってのはその労働を搾取して当然の相手のようで(笑)
母親自身もそうあろうと必死だったりしません?
(私の実母はぜんぜん違うけど)

どこまで子供や家族の犠牲者になれる、ぶれるかを、
周囲の母親たちと競うようにしてる

家族はそれで楽ができるから、
おかしいと思っても口に出すことは決してないし
大抵は疑問にも思わないのよね

私自身も病人じゃなきゃ今でも
文句言いながら、だるいって言いながら
まだがっつり犠牲者でいるはず

これじゃ奴隷みたいじゃん、って本気で怒ったこともありますが
あんた母親でしょ?の一言で片づけられてしまったりね

南北戦争だ、奴隷貿易だって話に
反応してきたわけですよね~~

もう懲りたから

奴隷もやめた!
犠牲者もやめた!
日本風の「母親」も、前近代的!

でも
母親自身が意識を変えてないと
搾取される「女性」の立場が変わることはないのよね

でも

制度が今のままでは
女性が一歩下がるほうが効率的、経済的

私たちが声を上げていかなきゃいけない世代のはずなんだけど
疑問を持っていても、変化の必要性を感じていても
より一層犠牲者を競うような、競争世代なのよね








[PR]
by kin68 | 2017-11-18 16:46 | 雑記 | Comments(0)

克服

私の最大の短所であり、最大の弱点だった「怖がり」は
今回の病気のおかげで影をひそめてしまいました

毎日必死すぎるほど浄化していたんで
いつのまにかそこも削ってしまっていたんでしょうね

これで体の浄化も進めば
透視するにしても、ヒーリングするにしても
かなり深くまでダイブして読めるようになるだろうと
なんだかニマニマしてます(笑)

他人ごとだろうと何であろうと
怖くて見れないものもあったはずと思うし
知りたくないことも多かったはず

なんかもうそういうのは
南国ビーチでほふく前進みたいな
バカバカしさに代わってしまいました(笑)

物事にはみんな理由があるっていいますが
自力でも他力でも、
どうにも変えられなかった性格を
自分がなりたい形にするためには
この病気が、治療が必要だったんだろうと思っています

私はちょー頑固なせいで
病気という形を取らねばなりませんでしたが

多くの方は
年に数回の全身のエネルギー的浄化だけでも
かなりポジティブになれたり、
マインドの微調整を経て、性格の変更を可能にできると思います

もちろん
自分が本当はどうなりたいのか?を
ある程度はっきりさせておく必要はありますよね

どうしても克服したいことがあると思う方は
こまめなオーラ、チャクラの浄化をお勧めします












[PR]
by kin68 | 2017-11-16 11:57 | 雑記 | Comments(0)

そうでもない

立ち読みできるサイトで内容を気に入ってから
書店で紙のロマンス本を手に入れる・・・のですが
レジに持って行くのを躊躇するような表紙も多々

いくら読んでもそんなシーンなんかないし
タイトルだっていかにもな、
日常で一切使わないような単語が並んでるんだけど
もしタイトルに期待して買ったのだとしたら
どこがやねん?って怒るだろうな

貴族との話かな?と思うようなタイトルだけど
読んでみると「牧場主が称号だけを継いだ」という逸話が
さらっと背景にあるだけだったりする

翻訳タイトルは本当に突っ込みどころが多い!
看板に偽りアリだと思うけど、
そこがまたなんか面白くて・・・


蓋を開けて見ると、実は看板倒れだってことは
商売っ気とは別のところにも普通にあるんだなと
最近は思うことが増えました

病名、治療法、それにまつわるなんだかんだ
・・・・

看板だけ見ればおおごとみたいだけど
実際にそこにちゃんといると
他のどんなこととも大きく違うことはないのよね

ロマンス本のタイトルにツッコミを入れるのとは
ちょっとだけ訳が違うんだけど
でも、よく似たような感覚があるのです








[PR]
by kin68 | 2017-11-09 11:40 | 雑記 | Comments(0)

10分だけ

しばらくピアノに向かう気がしなかったようで
やっと電子ピアノのコンセントを入れたのだけど
弾く気にはなれなかったり・・・してました

ついに先日から10分だけ弾こうと決めて
少しずつ以前弾いていたものを思い出しているところ

もちろん最初は一切覚えていないぞ~~!!!(笑)
から始まって
楽譜とにらめっこで一音一音押さえるところからやり直し

数回フレーズを弾いているうちに
そうだった、ってかんじですかね

でも、自分に約束した通り10分でやめる。
きりがないし、
どんなものでも無理をしようと思えばできてしまうから

面白いのは
15分10分でも
弾いてしまうとスッキリすること

いつかやろうを後回しにしていたからでしょう

どれも心のリハビリが進んだおかげ
時間が解決してくれるものもやはりありますよね





[PR]
by kin68 | 2017-11-05 23:16 | 雑記 | Comments(0)

正直

私自身が状況に慣れてきたおかげで
言葉はおかしいんだけど
「同じ待合室にいる人々に気が付いた」
という感じになれたというか

すれ違うだけの人の人生に奥行きを感じるようになったというか

同じ病気で病院にいる方々と
話せるような機会は私には滅多にありませんが
治療の開始時期が同じくらいで
顔見知りになれた方々はみんな同世代

お子さんたちがそれぞれ同じくらいの年なら
家族構成もほとんど同じだったりで
一から話さなくてもはなしがつながるような感じ

多くを見たわけではありませんが

私を含めて、
闘病が始まった頃の気の落ち込みを
余り隠さずに表に出して(出せて)いた方々は
時間が経つと、気が済んだか飽きたかして
いつの間にかさっぱりしたところに落ち着いているようですが

周りに気を使って
感情をひた隠しにしなければならなかった方々は
私が味わっているようなさっぱり感をご存じないというか
どうやって突き抜けたのかと聞かれます

「ヒーラーなのでヒーリングもしたけど
子供のように駄々こねたりすねたりして気が済んだ」
のだろうと私自身は思ってます

当てられる方はたまったもんじゃないんでしょうけどね

泣きたければ泣いて
世をはかなんでみたければそうすればいい
文句を言いたければ言えばいいし
すねた気分ならすねて
怒っているなら怒ればいいんだけど

ちゃんとした大人はなかなかそうはいかない
私は子供っぽいわバカ正直だわで隠せないんですがね

でも
そうしてもおかしくないときにしておかないと
後で別のチャンス、つまり
あまりありがたくない方法で再チャレンジさせられる・・・かも


泣ける人は強い人かもしれない
パニックを鎮めるには結局、
感情をそとに出すしかないわけで
それができた人はきもちの回復が早いんだと思います

元気いっぱいにふるまっている人も
内心はつま先歩きしているような気分だろうなとか

落ち着いて見えるあの人も
本当はすくみ上っているんだろうなとか

やっと周りに目が向いて
私に何かできるだろうかと考えるチャンスを貰います

自分の人生がいかに可哀想かを
だれにでも訴えるようなタイプの(少々迷惑な)方々が
病気知らずで元気な理由、分かった気がします(笑)

それを真似るのは遠慮したいけど

自分の感情を
人に迷惑にならない程度に正直に表現するのは
そのとき多少場の波動を落とすことになっても
結果的には一番誰にとっても害のないやり方なのかもしれない

最小限の迷惑をかけることすら遠慮してしまうのは
病的な要素なのだと自覚する必要はあるのでしょうね

年寄り世代は
子供の前では泣くな、溜息すらつくなと言うけど
それが誰のためになるだろう?

もし将来、
その子供たちが似た状況になった時に
親がツラそうにしていたのをしらず、一切見ていなければ
自分がツライのは弱いからだと思わないだろうか?
自分だけがつらいのだと思わないだろうか?

一時の安泰を得るためだけに
ウソを重ねろと親世代は言うんだけど
私はそれは罪だとすら思います





[PR]
by kin68 | 2017-11-01 16:59 | 雑記 | Comments(0)

巻き戻し

精神的には
大波のあとに引き波が行って
しばらく揺り返しが続いた後にようやく
いつもの波、いつもの風という状態になったのかも

落ち着いたというより、
状況にやや慣れたのほうが近い?

今の大量服薬のダメージよりも
病気が発覚する前の体調のほうがよほど悪かったようで
今はいそいそと
普段手を付けない子供部屋掃除だのをしています

いつも11月中にする大掃除も今年は力が入ってる
疲れないように
毎日ちょっとずつできているのがいいんでしょう
これまでよりも家族が汚さずにいてくれますし・・・

タイトルと表紙が「とんでもない(笑)」
ロマンス小説の類いがまだ出てきますし
若い頃に描いた油絵も
捨てるに捨てられないけど・・・

写真に残す気すらないのにねぇ

この記憶遺産的な一品は
納戸の窓の断熱に活用しよう(笑)

ネガティブなエネルギーの塊を体からごっそり抜いて以来
体調が良くても悪くても
考え方や物事の見え方がそれまでとは違っていると感じます

療養中ってのは
不自由な生活といえるのでしょうが
私自身は自由や平安が肌で感じられているし
自分の責任でないことでくよくよしたりしなくなったし

パニックだったころに陥った
なにもかもに「どうせ」という感覚は一切消えていて
私は当時と同一人物だろうか?と思うほど

私自身が精神的に楽になった分だけ
負荷が家族に行っているのでは無意味

本人の分以上に負わせてしまっていないだろうか?
必要以上に頼ってはいないだろうか?


まるで「巻き戻し」をして
病気が発覚する前のような日常を送っています

でもその日常は
以前よりずっと快活で
モノクロから色がついたくらいに鮮やか

病気と一緒に洗い流す必要のある「何か」が
いくつもいくつも、私にはあったんだろうな






[PR]
by kin68 | 2017-10-31 16:53 | 雑記 | Comments(0)

この世の空気を

見ているようで見ていないし
食べていても味わってはいない・・・
ずっとそんな生活だったんじゃないか?

時間が有り余るといやでも
見ないふりができなくなるし
味わう以外にすることがない(笑)ので

濃密になったような時間で
これまでないがしろにしてきた感覚を
呼び覚ましております

仕事する以外でこれほど丁寧に生きたことは
ほとんどなかったかもしれない

あったとしたら
アメリカ一人旅の一週間と
小さかった子供たちがそれぞれ迎える「はじめて」に
いちいち喜んでいた瞬間くらい

あとはみんな駆け足に早足
息をするのでさえ

・・・・

心身のエネルギーを充電するために
スローモーションのような生活を自分に課してますと
いかにこれまでが
雑でいびつな生活だったのかがわかります

「地に足がついていない」って言い方もできるけど
根本的には
「この世の空気をちゃんと吸っていない」
って状態だった気がします

でもそのなかにいるときには
あまりに日常過ぎて「そういうもんだ」で
変えるべきだなんて思ってもみないものです

私がどうしてこうなったのか?については
ハイアーさんが言うにも
私自身も、誕生時のトラウマだと考えてます

逆子で足から出ようとして
親とお医者さんを手こずらせました私は
家族親族には誰もいない喘息持ち
これも「空気をちゃんと吸えない」病気ですね

自分でトラウマ取りを繰り返しまして
今はどれもだいぶマシになったし
喘息はほとんど気にならない状態

「トラウマ取りをしよう」の授業中では
あまりに手ごわいエネルギーの塊だったので取り切れず
家でまたやろう・・・って思ってたはずですが

それが10年後では遅かったんですよねぇ

他にもいろいろ「あ~と~で!」があったはず・・・(笑)












[PR]
by kin68 | 2017-10-13 18:16 | 雑記 | Comments(0)

新しい生きがい

病気が発覚したばかりの頃だから
もう半年ほど経つんでしょうかねぇ

繋がりの切れかけていたハイアーさんに
必死に働きかけていたおかげで
わりにすぐ再コンタクトが取れたとき

ハイアーさんが私に勧めたのは
「絵を描きなさい」だったんです

子供の頃から周囲には
漫画家?ってくらい上手い友人が多かったけど
私にはそういう類の絵は向いていなかったし
美術の授業もいい思い出はないし(笑)

それでも絵はずっと憧れでしたから
油絵を習ったこともありました
(溶き油の匂いで倒れそうになるので続けられなかった)

ハイアーさんのおすすめを無視するわけにいかず
描きたいものがみつからないから・・・と
とりあえず塗り絵を何冊も買って塗りまくっておりました

ところが先日、
子供が中学校で習った、と言って
「ゼンタングル」なるものをざっと教えてくれました

「禅」とからめた画法と来たら
確かに私好みだろうと子供でも思うんでしょうね
学校では自画像にゼンタングルをはめこんで描くようです

私は動画でざっと描き方を見たあとから
のめり込んでいました

一日中、
文字書き用の万年筆と数本のカラーペンで
しつこい文様を描きこんで描きこんで・・・・

無心になれる~~~

ハイアーさんが最初から
これをやれって言ってくれたらもっと早く取り組めたのに!

一瞬だけそう思いましたが
そうじゃないんです

私がこれにたどり着くためには
ある程度波動が上がっていないといけなかった

・・・
執拗な描き込みを繰り返しながら
呼吸や心拍が整うのを感じます

同時に、心も整うように絵柄を工夫

塗り絵の楽しみとは一線を画すお楽しみ♪

新しい世界を開拓しています








[PR]
by kin68 | 2017-10-09 19:07 | 雑記 | Comments(0)

もっと楽をえらぼう

療養中だから、を言い訳にしないと
これはできなかったんじゃないか?
と思う選択をいくつも繰り返しているうちに
少しずつ大胆になってます

我が家は買い物係は私一人だったので
普段から家族に認知症呼ばわりされても
食品や消耗品の在庫を大量ストックしてました

それでも
あっという間に消費されてしまうので
これまでは追いかけっこのように買い物に出ていたんですが

もうそういうわけにいかない状態なので
宅配でのロット買い、ダース買いを選択

6つとか8つとか12とかでも
ふた月ももたないものもおおいんだけどね~~

私の代わりに娘に買い物してもらって
在庫管理がいかに手間で労力かを分かってもらえたのですが

こうして楽ができるんだったら
もっと前にそうしておけばよかったんじゃないのって
言われそうだし、私もそう思う・・・

でもこれまでになかった発想で
自分が課した制限の外にある考え方だったんでしょうね

支払い時に大きい額が動く以外に
在庫を山積みにしていることの
一体、何が問題だったのか・・・

一歩前に出ると、
後ろに置いて来たアイデアは色あせてしまいますね

そしていかに自分が
狭い制限の中に閉じこもっていたのかも
見えてきます







[PR]
by kin68 | 2017-09-22 15:35 | 雑記 | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

連鎖を断ちたい
at 2017-11-20 16:27
犠牲者
at 2017-11-18 16:46
克服
at 2017-11-16 11:57
そうでもない
at 2017-11-09 11:40
10分だけ
at 2017-11-05 23:16
正直
at 2017-11-01 16:59
巻き戻し
at 2017-10-31 16:53
クリスタルドリーム
at 2017-10-26 15:15
この世の空気を
at 2017-10-13 18:16
新しい生きがい
at 2017-10-09 19:07
反応を矯正する
at 2017-10-07 16:49
別の視点で
at 2017-10-06 11:13
もっと楽をえらぼう
at 2017-09-22 15:35
身になる、ならない
at 2017-09-20 16:21
呼吸と合わせて
at 2017-09-13 12:00

検索

最新のコメント

大変ご無沙汰しております..
by kin68 at 11:56

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧