目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

身の丈栽培


パセリの種を蒔いたものが、
3週もかかってやっと双葉になりました

種を芽吹かせるために買ったLEDライトですが
本当に役に立っていたんだろうか(笑)

どちらかというと
例年、日照不足で冬場に葉を落としがちな観葉さんたちが元気で
その恩恵を主に被っているように思います

夜間にと~っても怪しげな、赤と青の光 
宇宙船でも停まっているんじゃないかと、
ご近所に疑われなきゃいいけど・・・

一方、再生野菜たちは
ビックリするくらい良く育ってくれるので
味を占めて種類が増殖中^^

小松菜、水菜、ほうれん草・・・
根を少しだけ長めに残して水につけておくと
数日で新しい葉が出て
二週もするともう一度食べられるサイズになるんですねぇ

この再生チームには液肥を少量使いますが
いまは育成LEDライトは使ってないです
日当りのいい窓辺でもなく、
長時間、弱い照明を浴びているだけ

ライトが使えたら、もっとどんどん育つのでしょうねぇ
(置き場所がないんです)

水を毎日替えるのが面倒な方は
数日後からは植木鉢に植えつけるといいとか

これまでも大きめの鉢に土をいれて
「食べるための」ハーブや野菜を少量育てることは
何度もトライしていますが
鉢が大きすぎて植え替えができず根詰まりさせたり
夏場に目が届かず、花が咲いて枯れたり・・・

その経験から、
植え替えの力仕事と、大量の新しい土がいらず、
猛暑日にも外に出る必要がない
水耕栽培的なものが
私にはどうも向いていそうだと判断しました

栽培中の衛生管理には
オゾンも役に立ってくれるでしょう

一元的に管理しやすい、
日当りもいい場所を確保しよう!と
ただいま紙の上でシュミレーション中

家を建てたときに気に入って手に入れたのに
今まで上手く使えていなかった道具やらが
日の目を見ることになりそうで、それもまた再生だなと

畑仕事がやれるほどのパワーはなくても
「少しだけあったらいいな」と思っていた野菜が
家の中で収穫できるって、私には理想

徹底した出不精のなせる業ですかね~(笑)








[PR]
by kin68 | 2017-02-28 01:49 | 魔女活動 | Comments(0)

8週で人は変われる?


年が明けてから、もう7週が終わるってところ

去年は一年、有酸素エクササイズして体力をつけたから
いよいよ今年はしっかり筋トレだ!って言って
年明けの3日から
市が配った「誰でもできる」レベルのパンフ片手に
1~2日おきに全種やるってのを続けてます

ペラペラ紙をめくるだけで、
一目で何をすればいいかが分かるって有難い、
これは続いてる原因かも!

綴じてある本だとちゃんと開いていてくれないし
DVD見るんだと立ち上げるのがだんだん面倒になるし
雑誌の筋トレ特集みたいなのって
若干ハイレベルで一つも満足にいかないし
講座やスタジオに通うようなレベルじゃ全くない(笑)

ややご老人向けかと思われる配布物だと
筋トレビギナーで運動音痴な私にはぴったりでした

約8週たって
全く痩せもしてない、筋肉も見えても割れてもないですけど

立ったり座ったりすると脚の形が違って見える!とか
腕の力こぶが若干これまでより出やすいか?・・・くらいの
地味~な変化を味わっています

0にいくつかけても0ってのと同じで
元が元だけに成果も出にくいんだろうなぁ(笑)

でもよく体が動くようになったし、冷えにくい気がします

これは一昨年に動き始めた頃から感じていましたが
脚の、特にふくらはぎに芯になる筋肉ができてから
足先が冷たいとか、
厚着しすぎで笑われることがなくなりました(笑)

そして
体力がないのにせっかちですから、
気力で物事を振り回しておりましたので
何をするにも手より口が先に出る感じでしたが

すっと立って、ぱっぱと終わらせてって感じで
何をするのにも大してストレスを感じないのが最大の変化

これまでの私は物事を停滞させないために
気力で「怠け心」を強行突破してきたんですが
それには
事前に自分に「アメ」になる品物を用意してみたり
必要以上に食べて、
「あんた食べたんだから動こうよね!」って脅してた(笑)

それが要らない、つまり
無駄にお金と時間がかかる気晴らしが必要なくなったんですね

これは長い人生にとっては大きい変化かもしれません
(目には見えてこないんですがね^^)

とりあえず3週の21日を目標に
8週続けられたものは、習慣化しやすいとか

皆さんも月初めからでも、週の初めからでも
何か始めてみませんか?




















[PR]
by kin68 | 2017-02-24 01:21 | 雑記 | Comments(0)

根性論では



「ストレスとどう向き合うかは、あなた自身の問題だ」
子供番組で使うセリフは
単純で分かりやすい、ポジティブなものが必要なんでしょうがね

それでも
ストレスにつぶれて病気になった人に
頑張ればできるとか、為せば成る的なメッセージは
いちばんダメじゃんって(笑)

それに
向き合い方が分かっていないから病気になるにしても
本当は、問題に立ち向かえば治るってもんじゃないよねぇ
あれはファンタジーで楽しんでますけど
・・・・

体育会系により顕著だってだけで
日本はこの21世紀に
どんな場所、どんな業界、どんな団体も根性論が支配的で
辛いことには耐えてナンボ

要領が人よりも良い人間よりも、
より時間をかけるしつこい人間が褒められる世界

時間をかけるほうがいいこととされるから
体力がある方が絶対に有利だし、
今はそうでもなくなってきたようだけど
残業は長いほど偉かったんだもんね

費用対効果って言葉はあっても
本当の意味では機能していない世界

やる気なんか、
いくらでも偽装できる代物で(だって成果はいらない)
子供たちはこの世界で、親の前で、学校で
ごく早いうちにそれを装うことを覚えてしまうから厄介

足で稼いで、汗かいて情報や経験を得ることなく
透視して見たことを実践している人間なんて
ここではクズと同義なんだろうな(笑)

やる気や努力、想いや記憶をかえって削いでおかないと
何か大事な判断を下すときに、そいつが足を引っ張るんですよね

「いやな思いをすることになった」のそもそもには
大抵、強いこだわりが引っかかっていたり
頑張りすぎ、努力しすぎの重いエネルギーがべったりついてる

しつこいほど、本当にべたべたで取れないし・・・


「ここでもうひと根性!!」って
ブースターまでかけてしまうと、
大抵の人は本能にある安全ブレーキが利かなくなる

期待に応えようとか、評価を得たいとか、関心が欲しいとか
結局は自分が主体ではない動機なので
路線変更が必要な時にも、「体が」壊れるまで止まれません

前にも書きましたが
もし人生が50年なら、
そういう生き方もありかもしれませんよね
でも今は100年もを、生きながらえなければならない

根性論という安全ブレーキの外し方を
家庭やら、部活やら、会社やらが
成果を搾取するために刷り込んでしまうと
長い長い人生を、
病気や人間関係の各種問題と共に生きる羽目になるんですよね

だから、できるだけ鍛えておけって理屈も分かるんだけど・・・

心身の安全運転と、適度な運動習慣を心がける
世の中がそういう社会で、
早いうちからそういう教育を受けられるところであれば

個人の人生や経済的な面が安定するだけでなく、
社会も、国家レベルでの経済ももっと安定し豊かになると思います








[PR]
by kin68 | 2017-02-20 02:35 | 雑記 | Comments(0)

響くからこそ


レタスとネギが室内でよく育ってますよ!

雪もしばらく前に一気に降ったきりで、
そのあとはさほど積もらない日が今年は多いようで
雪かきの必要がないせいなのか

一度にいろんなことに手を付けてしまい
やや収拾がつかない感じ

きっとそうやって何かから逃げているのだと
自分でもうすうす感じてる

ひとつずつを丁寧に作業したいのに抵抗があって

いろいろが雑になるのも
そういう鍛錬が足りないってのも大いにあるんだけど
集中すると見えてきてしまうものが「怖い」んだなって
気が付き始めてます

私自身が感じている不安を直視できないのはもちろんなのですが
ただ、どちらかというと
人々の漠然とした不安や恐れを
体内にたっぷりとある脂肪が拾い、共鳴しているような気もします

セパレーションしろよですよね(笑)

でも
世界の「フィーリング」って環境音や気温みたいなもので
どんなに自分と分けようとしても、
放射能並みに隔離するでもなきゃ
影響を全く受けないわけにはいかないところはあるんですよね

世界中の不安を、混乱を、
わざわざ泡立ててでもいるような話が
連日ニュースになるので、さもありなん・・・

これからどんな未知の騒ぎが起きるんだろうって
みんなが恐れてる

国の制度に見捨てられていると感じてきた人や
恵まれていない環境にいる人は
自分の国にいる、違う環境にいる人に復讐したがる傾向があって
あの人の出現は復讐にもってこいだったんでしょう

世間で人々があえては見ないようにしている不安を
いちいち感じるからこそ、体に心にも響くからこそ
じゃあどうするべきか?を考えられるという面はあるはずで

それに振り回されたりしなければいいだけ

そこで自分が口にした
「グラウンディングを直す」という言葉ではっとします

土に触れ、植物にかまうと
自分の根っこはどうなのかなと嫌でも考えるので
急に土いじり始めたのはそのせいか!

収穫されて根を失った野菜たちに起きた「再生」は
今の私自身にも必要なことなんだと思い至りました^^

早速、日光不足の根を
新しい根に付け替えて
これからは新しい軸で
新しい生活を!

次の一歩を出すにも、まずは根っこをしっかり養生しませんとね








[PR]
by kin68 | 2017-02-19 01:33 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

宇宙船に執着?


時間をかけてお気に入りの画像を集めていましたら
自分が普段から何に目を奪われて、
何に興味が偏っているのかを一目で見渡せる!と気が付きました
こんなのとか、

ライトが欲しいんでは全くなく
オタクグッズが欲しいのでもなく
宇宙船、UFOやタイムマシンのような乗り物に惹かれてる

考えてみれば

見る番組も映画もDVDも
スタートレックだの、レッドドワーフだの、
カウボーイビバップだのと
宇宙を渡る「乗り物(閉鎖空間)」で生活してるものばかり

お気に入りだったSFも
時空を地球上で移動するだけのものよりは
主人公が宇宙を移動しまくるような話のほうが
再読率が高いような・・・(電気羊だけは別格)

おお、これは立派な執着ではないのか?

別軸では、主に草食動物
または小型雑食動物にしか目が行っていない^^

小動物、または宇宙船って・・・

アポロが月に行った年の生まれなので
時代がそういうストーリーを大量生産していたという面もあるよね

でも

他にもいっぱい種類もストーリーも存在する中で
そこばっかりってのはやっぱり何かあるんでしょう

私自身には
小動物と共に宇宙船にいたんだよ的な記憶は全くないし
私を読んでくれた透視ヒーラーの方々の口からも
宇宙での過去世話は出てきたことがない…と思う
(年のせいで思い出せないだけ?)

ですが
周期的に「隕石系のレメディ」に親和性が高かったり
私はオーラもチャクラもかなり人と違っているらしいことからも
遠くから来たものを人より余計に取り込んでいるんだろうな、
と思うことはあります・・・

かつて隕石が落ちたと伝えられる地域で
祖父母が育ったってのも、影響はあるのかもしれませんよね
どんなに微量でも成分が口に入る環境はあったわけですから

そういえば、
親戚にも家族にも変人でないタイプはあまりいないなぁ・・・

突如、水耕栽培に目覚めたのも、
宇宙船での生活を彷彿とさせる設備に惹かれてのこと?
ある方の美しい歌声に、なぜか宇宙船暮らしを想うのも?

長く閉鎖空間で暮らしながら
どうにか楽しみを見つけたり、自分を整えたりしていたのなら
家を空けられずの今も、当時とさほど変わらないのかも








[PR]
by kin68 | 2017-02-16 00:15 | | Comments(0)

リーディングセッションでできること


私は日々思うことも考えることも
刻々変わるタイプなので
昨年末までの当ブログを非公開にしました(笑)

芯に変わらない(頑固な)ものはあるっちゃあるんだけど
以前に言ったことに引きずられて考えを変えられないのは
私の意図する生き方とは違うな、ということです

記事管理のページから一括変更したので
もしかしたら漏れがあるかもしれませんね

それはそれで運命(笑)

色々と透視やヒーリングの
イベント的セッションを、と考えているんですが
何をするにしても
どれも通常のセッションで必要に応じてやっていることで
なかなか切り取ってアピールしようという気になれていません

タロットカードを使ったセッションを
友人や家族にモデルを頼んで試してみたんですが
そこそこ面白い答えは出て来るものの
私は道具の類いを使うリーディングは好きじゃないので
透視したほうが早いってことになったり(笑)

セッションでクライアントさんからご要望されることがあるのは

オーラの色リーディング
過去世リーディング
守護霊さんはどんな人
パートナーとの前世の縁は?

など、テレビなどでも見ることがあるタイプが多いですね

これを実際に私が行う際には、
ただ見たものをお伝えするだけでなく必要に応じて

誘導瞑想
オーラ、チャクラの大掃除
薔薇のリーディング(今のご自身を客観視できる)
過去世の浄化
周囲の人間関係のバランスとり
過去にあったことのエネルギーはずし

などいろいろ一緒に織り交ぜて読ませていただいてます

主に、今起きているネガティブな事象の原因になっている
可能な限りで「そもそも」を見つけて取り除くことで
人生が変わることをお手伝いしています

すぐに見つかる場合も、一度ではたどり着けない場合もありますが
後々、芋づるで物事がずっと奥まで見渡せるところへ着くと

セッション時にクライアントさんが聞く情報は
ご本人の受け入れられるギリギリのところを、
提示しているのだろうと思うことは多々あります

ハイアーセルフは愛の存在で優しいのです

透視スキャンでお体のエネルギーの流れなどを確認し
病気の素になりそうなものを探すなども行います

お一人お一人によって、
こちらがするべきことや必要なテクニックが違うので
自分にも日頃から色々を駆使して
いつでもどなたにもお手伝いができるように
準備してお待ちしております







[PR]
by kin68 | 2017-02-15 17:26 | らびっとあい通信 | Comments(0)

学習教材で


観葉の剪定と同時に、
枝挿しに挑戦してみようと思いまして
この時期なのに土いじりを始めた私

水耕栽培もしてみたい!と思いきや
牛乳飲まないから空きパックなんかないし
ペットボトル飲料もほとんど買わないので

何にも入れ物がないぞ!ってことになり
「やっぱりいるよね、便利なLEDキット」って話になりました

中学の授業でレタスをLED栽培したと子供から聞いたので
学習教材的なセットを探して購入、早速
f0138666_18254510.jpg
スーパーで買ったサニーレタスの芯は
半分より小さくしかついていませんでしたが
カットされた断面がほぼ浸かる程度で水に入ってます

5センチほどでカットしたねぎの根も3本を水栽培にし
数種類のハーブの種をスポンジに蒔いて半日経過したところです

これで約10時間くらいですが、すでにネギがちょっと伸びてますね
f0138666_18255222.jpg
毎日水の入れ替えをして丸4日後、

さすがに水だけではかわいそうなレタスとネギは
2日目以降からは水耕栽培用希釈型液肥使用

そろそろ蓋を二階に建て増ししなければなりませんが
種が芽を出していないのでまだ光を遠ざけられないなぁ(笑)

あと数日もすれば、
レタスも一枚、二枚なら摘んで食べられそうでしょうか?

写真で見ると違いがはっきり分かりますが
毎日たびたびのぞき込むので実感しにくいように思います

LEDは調光でき、白、赤、白+赤の三種類を選べます
画像は白+赤で、種まき後に使うとあります
赤だけのライトはレタスを甘くするのにいいらしいんですが
人間の精神には良くない気がしますねぇ(笑)

室内は寒いのと、このライトがややまぶしいので
普段は断熱シートでキットごとくるんであります
LEDの熱は大したことがないんですが、ないよりはまし

「愛いやつじゃ」とのびていく葉を日々賞賛してますが
うらはらでは食べるつもり満々な私・・・

液肥だけで厳冬期に、どの程度大きくなるかを実験中

本気でガッツリ食べたいなら
冬場はもう少し早くから根っこ水耕栽培を数で行えばいいのかも

・・・・

近未来には家庭内農業が当たり前になって
家電の一つとして大きな栽培ケース(実は魚も飼える)が家にあれば
天候や流通の不安定さから、
新鮮な野菜が手に入れにくいなんて状況はなくなるだろうし
買い物難民なんて言葉もなくなるといいなぁ

お肉は3Dプリンター製?それはご勘弁だわ






[PR]
by kin68 | 2017-02-13 19:28 | 魔女活動 | Comments(0)

出口とも違うドアへ


生活を回していくのって
チェスや将棋みたいに「勝てばいい」っていう単純軸でないので
選択の先に得るものがよくわからないことが多いし

どういう戦略を立てるべきか?を
何も持っていなくても日常は流れていきますよねぇ

だからこそ、なのかもしれない・・・

何か状況を変えられないものだと思い込んでいるときには
本当に、レコードの上を針がなぞるように
意識も行動も、溝の外へは出られないままになるようです

私ももともとは思い込みの激しいタイプですから
意識の小さな罠にかかっただけで
ダンジョン深くに閉じ込められたくらいに
逃走意欲を失う傾向がありました

「どこでもドアが開くんじゃなきゃ、ここを出られるはずがない」
・・・そんな感じです

ストレスの要因が全部クリアにならなければ、とか
何億円でなければ無理、とか

こういう頑固者の思い込みをクリアにして行くのってのは
経験からも相当な道のりでして(笑)

ハイアーセルフとのつながりのまだかなり弱かった当時
おそらく「人生の変えかた」を覚えるために
自分に許していたことの一つが
「植物を育てること」と「布や糸で何か作ること」でした

種や一本の茎が大株に育つプロセスは
自然の御業とはいえ、
変わることの象徴でもありますね

人生は1つも思うようにできなくても
草や庭は支配できるぞ、的な発想なのかもしれません
(いま我が庭は、私ではなく強健種が支配している)

時間はかかりましたが
効果がなかったわけでないと、振り返ると思います

でも、もし当時に
瞑想を試みる機会があったり、
またはそういう手法で
ストレスはコントロールができるんだよと知っていたら

溝に片足をはめたまま、
出来ない、無理だと言い訳ばかりしながら
下手の横好きを繰り返す必要はなかったんだろうに(笑)
とも思います

失敗も成功もを繰り返しで、
「自分にはダメージの少ない形で」体験できたことで

じゃあ別のハードルも飛んでみようかな?という気になったり
もしかして逃げ道ってあるんじゃ?って思えたりが
できるようになるんですねぇ

私はただいま八方塞がり!な皆さんに
ぜひ、瞑想と並行で
何でもいいから「作る」か「壊す」をトライして欲しいです

作るのは大そうなものでなくていいんです
壊すのも、いらない皿を割って処分するんでもいいです
小さいお子さん用のぬりえやブロックをやるんでも
食べたレモンやアボカドの種を発芽させるのでもいい(笑)

出来ればちゃんと興味を持てるものを、
しばらく続けてみて欲しいんです

直ぐにではなくてもそこから
だんだんと絡んだ糸がほどけてくることはあります

本当に行き詰ってしまったところからだと
「出口直行便」を探したくなる気持ちは
そればっかり望んでいた私にはよーく分かりますが

たった今、行きたい出口が
ご自身が本当に向かうべき出口ではない場合も多いのです

ごっちゃごちゃしている意識の罠を
普段しない作業を通して、整理することを繰り返しながら

「別のドアの前に、いつの間にか立っていました」
って、いつか言えたら
そのプロセスが、後に自信の基礎になっています

自分で舵を取るべきは取り、
運命に委ねるべきところは委ねる・・・

そこの見極めが、意識の罠にかかっているときには
とても難しい場合が多いようにも思います

ヒーリングやリーディングは
自力でやるにも、手のつけようがわからないようなときに
おすすめしています

トラブルやいさかいを無駄に招くことなく、
ご自身が変わる、家の中が変わることへの
ご家族や周囲からの抵抗を受けにくくもできるので

ご自身よりも、
ご家族の「意識の壁」のほうが高くて抜け出られないと
常々感じている方には、特にお薦めいたします








[PR]
by kin68 | 2017-02-10 01:51 | 雑記 | Comments(0)

出口までが遠い


数日前の強め筋トレのせいで、動くのもしんどいけど
何だか精神的ダメージのほうが大きい私(笑)

すいません、みなさんのメールもちゃんと見てるんですけど
見た時間が遅すぎたので明日返信いたします・・・

疲労感と憂鬱ってのは、私の中ではほぼ同じものらしく
心地いい疲労感とか、
この筋肉疲労に達成感を感じるとか、
・・そういうの無縁なんだな(笑)って

なんかちょっとダークなオーラになりかけてました

無理したつもりもないし、張りきっちゃったわけでもないのに
いつもより少し回数が多かったってだけで
このありさまか・・・ってのが
情けないわ悲しいわ!的な感じも多少はあるんですが

筋肉に潜んでいた過去の画像が出てきたらしい・・・

すごく無理していた頃のもの
疲労感で怠惰に落ちていた頃のもの
優先順位が甚だしく間違っていた頃のもの
などがメインで

無意識に今の自分の感覚で「裁いて」しまうから
気分が重くなっていたように思います

20代後半ころ、
治療してもひと月未満で繰り返した帯状疱疹に
「その症状は強いストレスからも来るんだよね」と
お医者さんに言われても

保育所通いの3年間ずっと
10日おきに発熱していた娘を誰かに預けるわけにも行かず
残残残業の夫は連日休日も深夜の帰宅
家にいてズボラな私が「ストレスだ」にまるで説得力がなく(笑)

ストレスだってことは、
耐性ができるまでは耐えるほかないってことだよね、って
当時の私は万歳三唱クラスのお手上げ状態でした

私は治療そのものよりも

ストレッサーを日常から取り除けない場合に
そのストレスにどう向き合うのが「健康的」か、
どうやってその破壊的な力を削いでいなすか、
の答え(知恵)を、お医者さんに求めていたんだろうなぁ

それを医療者に期待してはいけないってのは
本当はかなり残念な話のはずなんだよね
医学のプロから、
医学的な健康法を聞くことができないってんだから

健康的な生活や予防の意識づくりやらが
(テレビで見るようなやや怪しげな健康法ではなく)
もし小さな子供の頃から「科学的な見地で」一斉教育されていたら

薬漬け医療に保険を食いつぶされることもないだろうし
若い従業員に死期を悟らせるほどの仕事をさせる経営者は
いなくなりはしなくても、いくらか減るんだろうに


八方塞がりだった当時の私は、
「使えないものを使えるものに変える」ことに
自分なりに意義を見出したことで
少しずつ自信をつけたり、
日常とは違う世界に目を向けることが出来たように思います

読書も絶対に多くの人の心の支えになるはずなのですが、
自分に合うものを手に取るまでのプロセスが
存在しないって人が多いんですよね

誰かにとっては救いの神がアイドルだったり
誰かにとってはお仲間だったりします

ですが
外からや誰かからの「評価」によりかかってしまう(期待する)と
更につらい道に入り込んでしまう場合も多いように思います

逃げ場がないストレスを抱えて生きるしかないと
出口は果てしなく遠いように思えてしまいますが
(お金がない、時間がない、自由がないってみんな仰るんだけど)

案外すぐそこ、身の回りに
出口への地図は用意されている場合がほとんどです

気が付いてただ拾うだけでいいってくらい、すぐそこです

私の場合は毛糸でしたが
皆さんの場合は?









[PR]
by kin68 | 2017-02-09 01:30 | 雑記 | Comments(0)

自然じゃないけど


ピーターラビットの話のように
レタスを食べるとその日はよ~く眠れる私

しかしながら、
昨今のお値段は毎日お気軽に食べられるものではなく
・・・

思い出すのは、もう何年前だったか定かでありませんが
真冬の玄関で、ダサい冬囲いを温室代わりにして
サラダミックスを種まきをしたものが
二月、三月に15センチぐらいにまで育ったものを
数回に分けておいしくいただいた記憶

普段はサラダも野菜も喜ばない子供たちでさえ
これは美味しいと好評だったのです

たしかあの年は、雪がかなり積もっていても
例年に比べてお日様が出る日が多くて
冬囲いの中だけは
連日15℃ほどだったのに背中を押されたのを覚えてます

今年は・・・

連日風も強く吹き込むので、
冬囲いの中が温かいってのは滅多にないし
そもそも気温が乱高下しすぎ

これではもし芽が出たとしても、育ちそうにない

水耕栽培を家の中で試そうかと、色々検索すると
素晴らしい「LED栽培キット」が色々ヒットします

そのインテリア性の高いおしゃれな品々に目がくらみますが
「値段を見ろ、レタスを毎日定価で買え」って感じ

欲望から、不自然なことを要求する人間のせいで
地球と自然が破壊されるんだよねって思う私と

知恵と工夫で不便を何とかするのも人類の発展だと思う私もいる

我慢できるかどうか、代替を探すべきかどうかなども考えて
できるだけ環境に負荷のかからない形で
ささやかなわがままを、少しは叶えたいものだと・・・

・・・ペットボトルでの水耕栽培をただいまロックオンしています(笑)








[PR]
by kin68 | 2017-02-08 01:10 | 魔女活動 | Comments(0)

最新の記事

満開
at 2017-04-26 13:58
悲しみの素は理想
at 2017-04-25 00:47
リセット
at 2017-04-22 01:27
大地が耳に鳴る
at 2017-04-20 01:11
とりあえずバレバレは避けて
at 2017-04-19 16:37
スクラップニット
at 2017-04-18 00:58
隠ぺいの「体質化」
at 2017-04-17 01:29
妙な夢で知る
at 2017-04-16 02:54
ありったけの弛緩を
at 2017-04-13 18:10
情熱
at 2017-04-12 00:58
再生の収穫
at 2017-04-10 15:35
木星が輝く日
at 2017-04-08 01:22
もう言っちゃえば?
at 2017-04-06 01:17
信念?
at 2017-04-04 02:41
試作
at 2017-04-03 03:36

検索

最新のコメント

ななさま 今どきの換気..
by kin68 at 17:44

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧