目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

巻き戻し

精神的には
大波のあとに引き波が行って
しばらく揺り返しが続いた後にようやく
いつもの波、いつもの風という状態になったのかも

落ち着いたというより、
状況にやや慣れたのほうが近い?

今の大量服薬のダメージよりも
病気が発覚する前の体調のほうがよほど悪かったようで
今はいそいそと
普段手を付けない子供部屋掃除だのをしています

いつも11月中にする大掃除も今年は力が入ってる
疲れないように
毎日ちょっとずつできているのがいいんでしょう
これまでよりも家族が汚さずにいてくれますし・・・

タイトルと表紙が「とんでもない(笑)」
ロマンス小説の類いがまだ出てきますし
若い頃に描いた油絵も
捨てるに捨てられないけど・・・

写真に残す気すらないのにねぇ

この記憶遺産的な一品は
納戸の窓の断熱に活用しよう(笑)

ネガティブなエネルギーの塊を体からごっそり抜いて以来
体調が良くても悪くても
考え方や物事の見え方がそれまでとは違っていると感じます

療養中ってのは
不自由な生活といえるのでしょうが
私自身は自由や平安が肌で感じられているし
自分の責任でないことでくよくよしたりしなくなったし

パニックだったころに陥った
なにもかもに「どうせ」という感覚は一切消えていて
私は当時と同一人物だろうか?と思うほど

私自身が精神的に楽になった分だけ
負荷が家族に行っているのでは無意味

本人の分以上に負わせてしまっていないだろうか?
必要以上に頼ってはいないだろうか?


まるで「巻き戻し」をして
病気が発覚する前のような日常を送っています

でもその日常は
以前よりずっと快活で
モノクロから色がついたくらいに鮮やか

病気と一緒に洗い流す必要のある「何か」が
いくつもいくつも、私にはあったんだろうな






[PR]
by kin68 | 2017-10-31 16:53 | 雑記 | Comments(0)

クリスタルドリーム

意味や内容のない文様を
ただただ繰り返し書き連ねるゼンタングルも
瞑想効果を得られて楽しいのだけれど

最近は自己ヒーリングに使う
インスピレーションを描いてみることに

ジェムストーンでできた滝つぼに
アロマな温泉が流れ込み
様々な光を浴びる部屋
空中に浮かぶ癒しの水たまり
寝て過ごせるような大きな晶洞
無重力な綿のなかでお昼寝

アストラル界に
私ももちろん行く、どうぞ他の方も使って!
というドリームランドを作り
自分で満喫してみました

気持ち良すぎで
グラウンディングがヘロヘロになるかと思いきや
体の毒素を出すための通路として活躍するので
かえって強化されたようでした

細胞一つ一つを洗うきらきらの光と水
その集合体を結束させる美しい音
心も魂も洗うための光や水や音が別に用意されていて

最後に全部を再統合をする光を浴びて帰ります

お絵かきも役に立つんだな~

ごく短時間でリフレッシュできますので
皆さんもアストラルに「自作」されてもいいかと思います

もし私が作ったものが見つけられたら
ご一緒してくださいね♪








[PR]
by kin68 | 2017-10-26 15:15 | エネルギーヒーリング | Comments(2)

この世の空気を

見ているようで見ていないし
食べていても味わってはいない・・・
ずっとそんな生活だったんじゃないか?

時間が有り余るといやでも
見ないふりができなくなるし
味わう以外にすることがない(笑)ので

濃密になったような時間で
これまでないがしろにしてきた感覚を
呼び覚ましております

仕事する以外でこれほど丁寧に生きたことは
ほとんどなかったかもしれない

あったとしたら
アメリカ一人旅の一週間と
小さかった子供たちがそれぞれ迎える「はじめて」に
いちいち喜んでいた瞬間くらい

あとはみんな駆け足に早足
息をするのでさえ

・・・・

心身のエネルギーを充電するために
スローモーションのような生活を自分に課してますと
いかにこれまでが
雑でいびつな生活だったのかがわかります

「地に足がついていない」って言い方もできるけど
根本的には
「この世の空気をちゃんと吸っていない」
って状態だった気がします

でもそのなかにいるときには
あまりに日常過ぎて「そういうもんだ」で
変えるべきだなんて思ってもみないものです

私がどうしてこうなったのか?については
ハイアーさんが言うにも
私自身も、誕生時のトラウマだと考えてます

逆子で足から出ようとして
親とお医者さんを手こずらせました私は
家族親族には誰もいない喘息持ち
これも「空気をちゃんと吸えない」病気ですね

自分でトラウマ取りを繰り返しまして
今はどれもだいぶマシになったし
喘息はほとんど気にならない状態

「トラウマ取りをしよう」の授業中では
あまりに手ごわいエネルギーの塊だったので取り切れず
家でまたやろう・・・って思ってたはずですが

それが10年後では遅かったんですよねぇ

他にもいろいろ「あ~と~で!」があったはず・・・(笑)












[PR]
by kin68 | 2017-10-13 18:16 | 雑記 | Comments(0)

新しい生きがい

病気が発覚したばかりの頃だから
もう半年ほど経つんでしょうかねぇ

繋がりの切れかけていたハイアーさんに
必死に働きかけていたおかげで
わりにすぐ再コンタクトが取れたとき

ハイアーさんが私に勧めたのは
「絵を描きなさい」だったんです

子供の頃から周囲には
漫画家?ってくらい上手い友人が多かったけど
私にはそういう類の絵は向いていなかったし
美術の授業もいい思い出はないし(笑)

それでも絵はずっと憧れでしたから
油絵を習ったこともありました
(溶き油の匂いで倒れそうになるので続けられなかった)

ハイアーさんのおすすめを無視するわけにいかず
描きたいものがみつからないから・・・と
とりあえず塗り絵を何冊も買って塗りまくっておりました

ところが先日、
子供が中学校で習った、と言って
「ゼンタングル」なるものをざっと教えてくれました

「禅」とからめた画法と来たら
確かに私好みだろうと子供でも思うんでしょうね
学校では自画像にゼンタングルをはめこんで描くようです

私は動画でざっと描き方を見たあとから
のめり込んでいました

一日中、
文字書き用の万年筆と数本のカラーペンで
しつこい文様を描きこんで描きこんで・・・・

無心になれる~~~

ハイアーさんが最初から
これをやれって言ってくれたらもっと早く取り組めたのに!

一瞬だけそう思いましたが
そうじゃないんです

私がこれにたどり着くためには
ある程度波動が上がっていないといけなかった

・・・
執拗な描き込みを繰り返しながら
呼吸や心拍が整うのを感じます

同時に、心も整うように絵柄を工夫

塗り絵の楽しみとは一線を画すお楽しみ♪

新しい世界を開拓しています








[PR]
by kin68 | 2017-10-09 19:07 | 雑記 | Comments(0)

反応を矯正する

学校でヒーリングを学んでいるときにも
それについてをざっと聞いた気がするんですが・・・

ヒーラーを訪ねることになる人は大抵が
ネガティブな態度や要素を持っているので
口に出す言葉から「言い直し」をさせて
物事への反応を、態度を
みずから変える努力をしてもらう必要がある

要点だけを言えばそんな感じの

なにかについてを「できない」と口にしたら
即「できる」に言い直させて

「足りない」と言い出したら
「持っている」と言い直させる

本心はまったくそうでなくても
とりあえずは口だけでも
繰り返し肯定的な言葉を実際に使っているうちには
自分も周囲もがそれを信じられるようになります

それを生活の中でいちいちやり始めると
自分が傲慢な勘違い女に思えてきますがねぇ(笑)

でもパワーが戻ってくるのは実感しています

「どうせ」とか言ってやめちゃったいくつかを
再開するぞと思える元気が湧いてきました

皆さんも病気を呼ばない体になるために
ぜひ「私はできる」療法をお試しくださいね!







[PR]
by kin68 | 2017-10-07 16:49 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

別の視点で

政治家が風と呼ぶものを
メディアや世間に見たことがあったあの頃には

その風の出どころのいい加減さ、気味悪さを
誰しもがうすうす感じていたはずなのに
博打打つような「やってみろ」を言う人が多く
腹が立って仕方がなかったんですが

あの経験があったからこそ
送風機で起こそうとするような風に
「もうだまされないぞ」が言えるようになれたのかも

どの国にも
「本物」が現れることはないのよね
みんな少しずつ欠点や矛盾があって、
それを大勢で磨き合うしかないんだから

・・・・・・

自分とは違う透視の目線を必要として
久々にあるヒーラーの著書を開きました

目を休ませる必要があって
本を読むのはなかなか苦痛なんですが

自分を見ようとするときにはどうしても
盲点になりやすい「物事の考え方のベース」について
著者は明快に見せてくれました

体に負荷をかけ続ける「否定的な」それは
数年がかりで病を作り出すと本にもありますが

私も著者とは別の形で
同じものを病気の方々に見ていたことを思い出しました

それは病気を持っている本人にも
手に負えないかたくなさとして認識されていますが

次第に良好だったはずの周囲とさえ
「調和しなくなる」原因のエネルギーでもあります

著者の指摘とほぼ同じものを
私は自分に見つけることが出来たので
さっそく取り外して捨ててみました

ヒーリングはいつでもなんでも私は楽しい

今回は何か即効の変化を期待したわけでもないし
徐々に内側も変わればいい、くらいの感じ

ですが「てきめん」でした

体の内部にギュッとねじ込まれていたような
「否定的」エネルギーが
外側へむき出しになって出て、
言葉がまず「ネガティブ」(笑)
態度と表情はもう最悪・・・

それを変えるにはヒーリングだけじゃダメ
自分で意識して改革を実践する必要があるんですね

ねじ込みを抜いたので
チャクラの通りがすっかりよくなって
ぐっすり眠れるとか
ハイアーさんとのつながりが良好になるとか
いろいろいいことづくめです

このネガティブさを「ねじこむ」のは
いい子しなきゃっていう義務や責任感からでして
「いい人やめないと病気治らないよ」は本当です

根っからの善人は別ですがね!

一切ねじ込まず大開放中に見える人を
見かけることはありますが
出て来ている百倍もが、体内にもねじ込まれているはず

・・・だから
湧いてくる感情はいいものも悪いものも
できるだけお片付けしておくほうがいいのです

透視の師もよく言っていましたが
それは周囲へのマナーでもあり
自身への責任

私はずっと甘えていたんだろうなと考えています







[PR]
by kin68 | 2017-10-06 11:13 | クレアボヤンス | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

連鎖を断ちたい
at 2017-11-20 16:27
犠牲者
at 2017-11-18 16:46
克服
at 2017-11-16 11:57
そうでもない
at 2017-11-09 11:40
10分だけ
at 2017-11-05 23:16
正直
at 2017-11-01 16:59
巻き戻し
at 2017-10-31 16:53
クリスタルドリーム
at 2017-10-26 15:15
この世の空気を
at 2017-10-13 18:16
新しい生きがい
at 2017-10-09 19:07
反応を矯正する
at 2017-10-07 16:49
別の視点で
at 2017-10-06 11:13
もっと楽をえらぼう
at 2017-09-22 15:35
身になる、ならない
at 2017-09-20 16:21
呼吸と合わせて
at 2017-09-13 12:00

検索

最新のコメント

大変ご無沙汰しております..
by kin68 at 11:56

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧