目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

正しい反応

かなりの薬が体に入っていても
ありがたいことに、
ちゃんと機能してるのを自覚できたり

知覚はかなり鈍ってしまっているので
検査で客観的に知ることができたりで
意外に強ぇ~な、自分。と気づかされます

それと同時に

良かれと出される薬が「悪さ」するのは
体、心、魂の持つ排泄の経路がどこか
トラウマで詰まっていたり、つぶれていたりで
不必要な反応が出るんだよねと改めて感じてます

オーラ、チャクラからネガティブさを抜くと
詰りだのよじれだの、つぶれだのが戻るので
正しい反応を導ける、
体によけいな負荷がかからないようになります

そうは言っても
必要で入れるにしても、薬は薬
異物なのは間違いなく

薬が持つ「私には不必要な」エネルギーを抜いてから
口に入れるようにしてます

毎日ピンクのエネルギーを体に取り込んで
ゴールドの光で体全体を洗い流し、して半年
しばらく前からは日常で多幸感を感じます

精神に作用する薬はひとつもとっていないはずですが(笑)

マインドとオーラ、チャクラのお掃除をすることだけでも
体に負荷をかけずに、
世界が与えてくれるものを享受できるようになれるのよね








[PR]
by kin68 | 2017-11-30 10:38 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

気になる~けど・・・

しばらくほったらかされていたキッチンって、
「ここだけ」って掃除を始めてしまうと
かえって別の場所の匂いが気になるようになって

エンドレス地獄~~~

冷蔵庫の上がすげ~汚れているぞ!って
セスキで拭き、数分できれいになったのに
新たに漂う古い油の匂い
その元は食器棚上か?レンジフードか?・・

体力的に、今はあんまり深堀したくないし
精神的にも(こっちの比重が大きい)ヤダ(笑)

でも気になって仕方がないんだからと
体調のいい時に少しずつ手を付けてきました

ところが
思いつくどれも拭いても、まだどこかから匂いがする~

キッチンを数時間オゾンで脱臭したんですが
壁の上の方から匂うようで
重いオゾンがうまいこと天井付近には届かないらしく

危ないオゾンを何度もかけられるほど
外出する機会がない私

もうしょうがないので
セスキとワイパーさんでキッチンの壁を拭こう!と・・・

それを実現するには
いくらか家具、家電の移動が必須
見えるところだけやろうにも
ワイパーさんがちゃんと入らないのよね

トイレブラシにすごく長い柄がついてたら即買いするのに(笑)

今はこの、気になる~~気分の方を捨てておこう
いつかきちんとやれるから



[PR]
by kin68 | 2017-11-27 15:32 | 雑記 | Comments(0)

雑貨の子孫繁栄問題

長年思案してきた、
「ダイニングテーブルの足元寒い現象」は
通院帰りのホームセンターにて解決策を発見

こーいうの、ネットじゃ見つけられないのよね~

掃除も今まで通りでいいし
コストもかからないし
見栄えも悪くない

・・・

家のいろんな問題点が目につきやすい日々

台所、水回りなんかはもう
ダサい備え付けのキッチンや洗面台が気に入らず
ぶっ壊して最初から作り直したいくらい(笑)

そうはいかないので
DIYで何とかするしかないんですが

思い立った時に買い物に行けなかったり
あんまり派手には動けなかったりしますので
マイナーチェンジではやる気持ちを
なだめております

少しずつ必要に応じて増えた収納ケースなんかも
購入時に吟味する余裕がなかったせいで
収まりが悪いなど問題点が多かったり

水筒や弁当箱が子孫を増やしまくっているし(笑)

誰かさんが手を付けては飽きてしてきた
お菓子作りの道具も、場所塞ぎの帝王

捨て去れば良さそうなもんですが
一年か二年に一度くらい、連中は日の目を見るんですよねぇ

そういうのを一か所にまとめておきたいのに
まちまちな形、サイズを受け入れられる場所がない・・・

だいたい!
キッチンの吊り戸棚って
相当頭がいいか、上級の収納テクニックがないと
そもそも上手く使いこなせない代物

台所仕事なんか一切しない人が設計してるんだもんね
これだけ棚があったら適当に使うだろってね!

あんな余計なものを家と一緒に売るなと言いたい・・・

バカとはさみの要領で
上級者のテクを予習復習して
いくつか改善を図ろうと目論んでおります(笑)














[PR]
by kin68 | 2017-11-22 15:38 | 雑記 | Comments(0)

連鎖を断ちたい

犠牲者を買ってでなくても
奴隷ぶらなくても
愛情を家族に示すやり方はいくらでもあるはずなんですが

何でこうもへつらっていなければ
(そして病人でなければ)
身の置き所がないような居心地の悪さを
「感じさせられて」いるんだろうかと
たびたび思案してます

周りにそのモデルがいないのも一因でしょうし

それができている人がいても
出来ない、理解できない人々から「叩かれて」
しまうのを目の当たりにしているからでしょうか

道徳観とか倫理観とか
個人と家族という枠組みの捉え方が
根本的にどこかおかしいのでしょうか

それとも
たんに私が個人的な問題を抱えているので
「自立」を実現できていないってだけなんでしょうかね?


「女も働いてもらわないと困るけど
育児、家事は一切ぼくは手伝えないからお願いね」

さすがに言葉では言いませんが
そういう状況を変えなければならないと
彼の頭をかすめたことすらないだろうな~

でもこれ
田舎の農村の長男だけのことじゃないですよね?(笑)

彼らがその不平等を「思いもしない」のは
私たちが「台所は聖域だ」って頑張っているからでは?
そういう家庭で子供が育つからでは?

実際、義母も相当な犠牲者精神の持ち主

愛情も疲弊すると枯渇するんだそうで
そういう女性たちが「愛のあるフリ」をして
ゲーム感覚で奴隷度を競ってる・・・

いびつ~

都会のように、
きちんと年表通り順番に時代が流れた地域とちがって

農村は一足飛びに江戸から昭和、平成になったかのような
なんかおおきなギャップがあるんですよ
意識レベルでね

そういうところでは
自分の意志で、自分の人生を作って生きることが
まるで罪のように感じさせられるというか
理解されないので、常に戦うような感じになっちゃう

でもここで私が諦めたら
子供たちがその戦いをする羽目になるのよね















[PR]
by kin68 | 2017-11-20 16:27 | 雑記 | Comments(0)

犠牲者

お皿の油汚れをふき取ってから流しに出して欲しい
という類のお願いを繰り返しても
言ったとき一度きりしかしてもらえない

ずっとそういう環境だったので
家族が家事に協力的でいる今はストレスレス(笑)

実際に家事にかかる時間も激減するし
みんなに平等にひと手間をかけてもらってあるだけで
物事は本当にスムーズに運ぶ・・・

家庭って、こうじゃなきゃいけなかったんじゃないの?

でも

私が動けないんじゃなきゃ
こうでないと困るとお願いするんじゃなきゃ
していただいて助かりますとお礼を言うのでなければ
この状況はある?

どういうわけか
母親、妻ってのはその労働を搾取して当然の相手のようで(笑)
母親自身もそうあろうと必死だったりしません?
(私の実母はぜんぜん違うけど)

どこまで子供や家族の犠牲者になれる、ぶれるかを、
周囲の母親たちと競うようにしてる

家族はそれで楽ができるから、
おかしいと思っても口に出すことは決してないし
大抵は疑問にも思わないのよね

私自身も病人じゃなきゃ今でも
文句言いながら、だるいって言いながら
まだがっつり犠牲者でいるはず

これじゃ奴隷みたいじゃん、って本気で怒ったこともありますが
あんた母親でしょ?の一言で片づけられてしまったりね

南北戦争だ、奴隷貿易だって話に
反応してきたわけですよね~~

もう懲りたから

奴隷もやめた!
犠牲者もやめた!
日本風の「母親」も、前近代的!

でも
母親自身が意識を変えてないと
搾取される「女性」の立場が変わることはないのよね

でも

制度が今のままでは
女性が一歩下がるほうが効率的、経済的

私たちが声を上げていかなきゃいけない世代のはずなんだけど
疑問を持っていても、変化の必要性を感じていても
より一層犠牲者を競うような、競争世代なのよね








[PR]
by kin68 | 2017-11-18 16:46 | 雑記 | Comments(0)

克服

私の最大の短所であり、最大の弱点だった「怖がり」は
今回の病気のおかげで影をひそめてしまいました

毎日必死すぎるほど浄化していたんで
いつのまにかそこも削ってしまっていたんでしょうね

これで体の浄化も進めば
透視するにしても、ヒーリングするにしても
かなり深くまでダイブして読めるようになるだろうと
なんだかニマニマしてます(笑)

他人ごとだろうと何であろうと
怖くて見れないものもあったはずと思うし
知りたくないことも多かったはず

なんかもうそういうのは
南国ビーチでほふく前進みたいな
バカバカしさに代わってしまいました(笑)

物事にはみんな理由があるっていいますが
自力でも他力でも、
どうにも変えられなかった性格を
自分がなりたい形にするためには
この病気が、治療が必要だったんだろうと思っています

私はちょー頑固なせいで
病気という形を取らねばなりませんでしたが

多くの方は
年に数回の全身のエネルギー的浄化だけでも
かなりポジティブになれたり、
マインドの微調整を経て、性格の変更を可能にできると思います

もちろん
自分が本当はどうなりたいのか?を
ある程度はっきりさせておく必要はありますよね

どうしても克服したいことがあると思う方は
こまめなオーラ、チャクラの浄化をお勧めします












[PR]
by kin68 | 2017-11-16 11:57 | 雑記 | Comments(0)

そうでもない

立ち読みできるサイトで内容を気に入ってから
書店で紙のロマンス本を手に入れる・・・のですが
レジに持って行くのを躊躇するような表紙も多々

いくら読んでもそんなシーンなんかないし
タイトルだっていかにもな、
日常で一切使わないような単語が並んでるんだけど
もしタイトルに期待して買ったのだとしたら
どこがやねん?って怒るだろうな

貴族との話かな?と思うようなタイトルだけど
読んでみると「牧場主が称号だけを継いだ」という逸話が
さらっと背景にあるだけだったりする

翻訳タイトルは本当に突っ込みどころが多い!
看板に偽りアリだと思うけど、
そこがまたなんか面白くて・・・


蓋を開けて見ると、実は看板倒れだってことは
商売っ気とは別のところにも普通にあるんだなと
最近は思うことが増えました

病名、治療法、それにまつわるなんだかんだ
・・・・

看板だけ見ればおおごとみたいだけど
実際にそこにちゃんといると
他のどんなこととも大きく違うことはないのよね

ロマンス本のタイトルにツッコミを入れるのとは
ちょっとだけ訳が違うんだけど
でも、よく似たような感覚があるのです








[PR]
by kin68 | 2017-11-09 11:40 | 雑記 | Comments(0)

10分だけ

しばらくピアノに向かう気がしなかったようで
やっと電子ピアノのコンセントを入れたのだけど
弾く気にはなれなかったり・・・してました

ついに先日から10分だけ弾こうと決めて
少しずつ以前弾いていたものを思い出しているところ

もちろん最初は一切覚えていないぞ~~!!!(笑)
から始まって
楽譜とにらめっこで一音一音押さえるところからやり直し

数回フレーズを弾いているうちに
そうだった、ってかんじですかね

でも、自分に約束した通り10分でやめる。
きりがないし、
どんなものでも無理をしようと思えばできてしまうから

面白いのは
15分10分でも
弾いてしまうとスッキリすること

いつかやろうを後回しにしていたからでしょう

どれも心のリハビリが進んだおかげ
時間が解決してくれるものもやはりありますよね





[PR]
by kin68 | 2017-11-05 23:16 | 雑記 | Comments(0)

正直

私自身が状況に慣れてきたおかげで
言葉はおかしいんだけど
「同じ待合室にいる人々に気が付いた」
という感じになれたというか

すれ違うだけの人の人生に奥行きを感じるようになったというか

同じ病気で病院にいる方々と
話せるような機会は私には滅多にありませんが
治療の開始時期が同じくらいで
顔見知りになれた方々はみんな同世代

お子さんたちがそれぞれ同じくらいの年なら
家族構成もほとんど同じだったりで
一から話さなくてもはなしがつながるような感じ

多くを見たわけではありませんが

私を含めて、
闘病が始まった頃の気の落ち込みを
余り隠さずに表に出して(出せて)いた方々は
時間が経つと、気が済んだか飽きたかして
いつの間にかさっぱりしたところに落ち着いているようですが

周りに気を使って
感情をひた隠しにしなければならなかった方々は
私が味わっているようなさっぱり感をご存じないというか
どうやって突き抜けたのかと聞かれます

「ヒーラーなのでヒーリングもしたけど
子供のように駄々こねたりすねたりして気が済んだ」
のだろうと私自身は思ってます

当てられる方はたまったもんじゃないんでしょうけどね

泣きたければ泣いて
世をはかなんでみたければそうすればいい
文句を言いたければ言えばいいし
すねた気分ならすねて
怒っているなら怒ればいいんだけど

ちゃんとした大人はなかなかそうはいかない
私は子供っぽいわバカ正直だわで隠せないんですがね

でも
そうしてもおかしくないときにしておかないと
後で別のチャンス、つまり
あまりありがたくない方法で再チャレンジさせられる・・・かも


泣ける人は強い人かもしれない
パニックを鎮めるには結局、
感情をそとに出すしかないわけで
それができた人はきもちの回復が早いんだと思います

元気いっぱいにふるまっている人も
内心はつま先歩きしているような気分だろうなとか

落ち着いて見えるあの人も
本当はすくみ上っているんだろうなとか

やっと周りに目が向いて
私に何かできるだろうかと考えるチャンスを貰います

自分の人生がいかに可哀想かを
だれにでも訴えるようなタイプの(少々迷惑な)方々が
病気知らずで元気な理由、分かった気がします(笑)

それを真似るのは遠慮したいけど

自分の感情を
人に迷惑にならない程度に正直に表現するのは
そのとき多少場の波動を落とすことになっても
結果的には一番誰にとっても害のないやり方なのかもしれない

最小限の迷惑をかけることすら遠慮してしまうのは
病的な要素なのだと自覚する必要はあるのでしょうね

年寄り世代は
子供の前では泣くな、溜息すらつくなと言うけど
それが誰のためになるだろう?

もし将来、
その子供たちが似た状況になった時に
親がツラそうにしていたのをしらず、一切見ていなければ
自分がツライのは弱いからだと思わないだろうか?
自分だけがつらいのだと思わないだろうか?

一時の安泰を得るためだけに
ウソを重ねろと親世代は言うんだけど
私はそれは罪だとすら思います





[PR]
by kin68 | 2017-11-01 16:59 | 雑記 | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

らくちんシステム
at 2017-12-17 18:23
優しいのに強いもの
at 2017-12-12 18:25
じれったい
at 2017-12-10 16:06
現実を変えるにしても
at 2017-12-07 15:49
細胞の飢え、乾きは
at 2017-12-06 12:59
整えたい
at 2017-12-03 18:00
正しい反応
at 2017-11-30 10:38
気になる~けど・・・
at 2017-11-27 15:32
雑貨の子孫繁栄問題
at 2017-11-22 15:38
連鎖を断ちたい
at 2017-11-20 16:27
犠牲者
at 2017-11-18 16:46
克服
at 2017-11-16 11:57
そうでもない
at 2017-11-09 11:40
10分だけ
at 2017-11-05 23:16
正直
at 2017-11-01 16:59

検索

最新のコメント

大変ご無沙汰しております..
by kin68 at 11:56

ファン

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想

画像一覧