目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

薬臭が


グラファイトのレメディを摂ったあと
私はペンキなのか?
いや点滴瓶かい?ってくらいの薬臭が
体のどこからともなく出ています・・・

大変ありがたいデトックスなんですが

スーパームーンの重力と
誕生日のシフトも重なってか
いやもう、とんでもないレベル

家族は気にならないと言ってくれても
しばらくいた場所に「溜まる」感じで(笑)

(やばい)オゾンが出てるとうわさの(出てます)
「プラズマクラスター」をかけると
ずっと勝手に高出力になるので

やっぱり薬臭、気のせいじゃない~~

オゾンも溜まっちゃうので換気し
(これじゃ花粉の時期におうち密封なんかできませんよね!)

薬臭も溜まって換気するので寒いです(笑)
気温が高めで助かります~~

毎日は洗わない大きい寝具までを
数日おきに洗濯しながら
「出たねぇ、良かったねぇ」と過ごしております

こんな大量の異物を体に溜めたままでは
内臓に負荷がかかっていたわけなので・・・

臭い臭いと誰に文句を言われるでもなく(笑)
思い切り出させて頂ける環境にも感謝ですね

変化では

手術後から毎日足を触っています(ツボ押し等)
治療で薬を大量に入れてから指周辺が痛くて
恐る恐る触っていましたのに

昨日あたりからは全く痛くない!です

代わりに
骨盤周囲のぶよぶよのお肉さんが
まだここにあるよ!ってにぶい痛みで教えてくれてます

そのあたりの「筋肉を」体操でよく動かして
さらに押し出そうと思います

そういうわけで

セッション中も家のどこかで
空気清浄機をかけております

(メーカーは安全だと太鼓判を押していても)
オゾンの濃度はメーカーにも私にも分からないのですが
気を付けてまめに換気をしておりますので
お許しくださいませ









# by kin68 | 2019-02-21 13:45 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

やって分かる


自分で強制的に追い込んで
絵を描くようになってからひと月ほどになります

少しずつ「どうして絵だったのか?」に
気づきつつあります

見る動画も水彩のレクチャーばっかりのせいで
運転中に見える周囲の景色を
色の名前で見ていたり

陰影をどうつけると
見たものを紙の上に再現できるのかを考えていたりして
ドはまり中

私はいまいち集中力に欠けるところがあって
隅々までイメージする、
隅々までしっかり見る、のは不得意

そこを添削課題でもしっかり指摘されてます(笑)

「いい感じに雰囲気は出てるけど
一部は写真細部をよく見て描きましょう」
・・・だそうです

水彩画は細密画ではない、って言うから~
わざわざ端折ったのに~~ぃ
という言い訳も届かない通信教育・・・

面倒くさがらずにもっと描いて
試行錯誤すべきだったようです

次の課題はすでに6枚描いてますが
まだゴールが見えてません

そこで分かってきたのは

こういう感じに描きたいなを
「先にイメージする」ってのはつまり
透視で見るのとほぼ同じ行為で

こういう風になりたいな、を
イメージすることと同じでもあります

仕事をするのとはやや違う形で
イメージする力を養うことが
この先何につながるのかは私にはまだわかりませんが

色や形、光や陰にかなり敏感になったことが
私の未来に何かをもたらしてくれそうだと
とっても感じてます

私にとっては
塗り絵やゼンタングル、
ピアノや編み物は「排泄」と同じレベルなのですが
(だからさらしたくはない)

絵の方はただのアウトプットではない
「何か」にしたいと思っています







# by kin68 | 2019-02-18 23:06 | クレアボヤンス | Comments(0)

隠れ差別

f0138666_15055933.jpg
画像倉庫から

アラフィフ年代より少しだけ上の方々は
学校生活やら、家族以外の人との関わりで
ごく自然に
日本は男女不平等社会なのだを感じられたのでしょうが

私の家のように
親戚づきあいも稀で(塾なども行けず)
世間がちょー狭かった人は
学校で学ぶ社会がほぼ全て(笑)

男女平等は当然だ!と思って育ちました
そのはずですが

結婚して子供を育てる段階に来ると
右も左も分からないことだらけなので
年長者に聞きながら、という場面が多くなります

その場ですぐに使えるスキルを教わると
人はガードが緩みますよね
「男尊女卑は当たり前よね」が堤防を乗り越えたのは
そういう時期だったような気がします

夫はもともと家事育児に積極的ではない
(仕事で一切できないのですが)
農村の後継ぎ長男坊

義母は家事も野良も手伝わせてきたと言いますが
おそらくそのせいで余計に(笑)
言われないとやらない、頼まれないと動けない
「お手伝い思考」が身に沁みついているようです

お膳立てしてお願いしないと動かない感じ
最近はよくなってきましたよ
私が大病して
あてにならないのが身に染みたのでしょう(笑)

夫も私と同じように
学校では「男女は平等だ」を習っていて
まさか自分に男尊女卑志向があるなんて思いもしないわけです

夫婦そろって
システム自体が女性を搾取しているなんて
気づきもしなかったというか・・・

まだ子供がやっと保育所に通い始め
隔週で風邪をひいて一週間ずつ休むという
地獄のサイクルの只中で疲弊しきっている頃

「奥さんに仕事行くなとか言う男なんか今どきいるの?
自分はぜひ行って欲しいし、フルタイムなら余計にいいな」
くらいのことを平気で私に言うわけです(笑)

熱でも雪でも嵐でも
小児科に連れていくのも
はなたれの子供を保育士にいぶかしまれながら預けるのも
子供が寝たスキに買い物をし、
病人食を用意したのも私なので

一日20時間家にいなかった夫は
何にもしらないから言えるんですよね

当時言い返しませんでした
私自身もそうだよな、と思っていたからだと思います
だって、結婚前は
私のほうが夫より収入は上だったんですから!


「女ショは仕事なんか行かんねだろ?」
を言える男性のほうが
よほど家事労力に理解があったんだわね~

もちろん「行くな」ってのはおかしいんだけど

家事育児をしながらでも
女性も仕事が当たり前にできるようになるには
システムの方を何とかしなければなりません

そのためには意識改革が要るんですが

手ごわいのは男性よりも
親御さんに子供を預けて仕事を続けていた女性たちの
「女性が連携すればできる」的な考え方で

その構造の中には
介護も育児も「余っている」50代60代の女性がやればいい
という心理が隠れていて

それを続けようとすれば
なかなか新しい意識に変わることは難しいと思います

当たり前は本当に当たり前なのか?を
40代、50代の女性が生活の中で見つめたら
あれ?と思うことは多いはずなのですが

忙しくて難しい世代でもありますよね・・・










# by kin68 | 2019-02-16 15:47 | 雑記 | Comments(0)

サイン


右手の中指に鉛筆の芯が刺さったのは
はるか昔、40年ほど前の事なのですが

すっかり忘れ去っているのに
10年周期くらいで
同じ場所に黒い小さな穴が開きます
まるで昨日刺さった芯を抜いたばかりのように!

そのたびに「そういえばそんなことがあった」
と思うのと一緒に
人間の体の神秘を思います

12年2くらい前に、
ホメオパスの出したレメディで
この症状が「還って」きたときには気付けませんでしたが

昨日また黒ずんだ小さな穴を見つけたとき
「私が10歳くらいだったときに何があった?」
と自問することができました

思い出そうと思えるくらいに強くなったのでしょう

癒えていない他の傷が何か、どこかにあるから
ささいなケガが完治しないままぶり返すのです

ホメオパスが当時何を出したのかを
どういうわけか私は覚えていたので
同じレメディを在庫から見つけて

摂ったらもう!即座に気を失うくらいに
2~3時間寝てしまいました

自問の答えを
父親が家を出た頃だろうとアタリをつけたところで

鉛筆の原料、黒鉛のレメディのレパートリーを読みますと
「父親の不在」(笑)なんてのが出てくるんだから
面白くてやめられないんですよ

当時私の体では
危険なレベルの心の傷をどうにかしなくてはならず
免疫が傷やらの回復に回らなかったのでしょう

父が不在だったことが辛かったというより
今後の生活が激変するだろうが怖かった気がします

グラファイトは不安症のレメディでもあり(笑)
怖がりな私には大事な一本です

当時の私と今の私を「重ねて」ざっとヒーリングしました
今はレメディのおかげもあって
小さな点がわずかにあるだけです

大昔の傷のサインが
体のどこかに出ていることがあります

繰り返す同じ症状、ぶり返す同じ状態は
その起点に何かあったはず、を思い出させようとしています






# by kin68 | 2019-02-15 11:33 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

日替わり人生


気の持ち方ってのは
育ち方や環境で変わるものも大いにありましょうが

基本は
信じられるものを身の内に秘めているかどうか、
にあるような気がします

私は今になると恥ずかしいほどに
周囲を、自分を、環境を信じられませんでしたが

信じないと決め込んだのが自分なのだと気づくと
おや?そうじゃないのかも?と思えるようになりました

だから、私には通る必要があった試練なのだと
今はよくわかります

人の体ってのは、無限に伸びしろがある道具なのではなく
復元には一定の制限がある「消耗品」です
スポーツ界には
そこをしっかり理解して選手を伸ばして欲しいですね・・・

・・・・・・・・

最近は日替わりで違う職業の人のように暮らしてます

植木屋さんの日もあれば
今日は表具屋さんですし
先日は配送屋さん

画学生の時間もあれば
時々透視ヒーラーで(笑)

ニッターに、縫い物師、
掃除人、洗濯屋、料理人、運転手なんかも
家事っていうと丸ごと含んでますよね~

一本道人生を歩こうと思ったことはなかったのですが

結婚したときに
つまり、何でも屋になることだとは思わなかったな~

資金がふんだんにあれば
プロにお任せできるものもあるんでしょうが
それでも私は自分でやりたがるぞ~と思います


傷みが目立つようになった壁紙を
「張り替える」のは私には難しいので
パネル型のシートをペタペタ貼っております

コンセントやスイッチ類を
きれいにはめるための穴を空けるのは手間ですが
カッターやはさみで簡単に細工できるので助かってます♪

急がずにちびちびと~貼り付けて参ります

もう少し気温が上がったら
今度は庭師になります(笑)



# by kin68 | 2019-02-13 16:12 | 雑記 | Comments(0)

先手



周囲を見ていると

チェスや将棋のような「勝負事」だったら
必死で先手を打とうとするのに

闘う相手がよくわからない「自分の人生」の場合は
お手上げで天のなすがままか
ノーガード戦法で驚かされることもあれば

まだ起きてもいない、兆候すらもないことを
四六時中気に病んで
必死で予防しようとあの手この手を打つ方もいて

それぞれ極端な事例を~ごく間近で見れるので
自分はああなりたくないな~
とは思うのですが

人生への姿勢の匙加減ってのは
千差万別で、それぞれ長所も短所もあって
正解はなくて難しいものですよね

透視の仕事をしていると
どの石を踏んだら間違わないのか?的な
二者択一論で質問されることも多く

そのたびに
「どっちを選んでも
結果から言えば”間違い”は存在しない」
とお話しさせていただくこともあります

まあ明らかに
先がない話のこともありますけどね・・・

例えば

こちらの道を行くと
花も咲いていて、気候も穏やかで、景色もいい
でも、ご自身は手ごたえや歯ごたえがないと感じている

もう一方の道は
崖もあるし、お天気は最悪だし、眺望も頂上までない
でも、気力が充実しアトラクションのように楽しんでいる

もう一方は
人がいっぱいいてそれぞれと挨拶したり
手をつないでいるうちにあれよあれよで頂上に着く

どれも正解ってことはないでしょ?

ご自身がどのタイプの道のりが好きなのか?ってことだけです

親の立場から子供に望むのは
冒険や挑戦、失敗や損失の一切ない
安定した危なげない道のりなのでしょうが

本人が「自分の人生に」望むのが
安定なのか、冒険なのか、他力本願なのか、は
自分で選ばせてあげて欲しいし
失敗する権利だってあるはず

どんなお立場の方だとしてもね・・・
(王子が救ってくれるといいね~)

親に常に
先手先手を打たれてきた子を
先手も後手も出さなかった親の子から見ると(笑)

恵まれていると思わせるのはほんのわずかで
選べない、考えられない、決められない・・・など
奪われた能力を数えるほうが多いです

(反対されても)自分で選んだ自覚があれば
結果にも責任を持てるだろうし
先々を自分で考える必要に迫られて
なにかと成長もあるのでしょうが

考える間もなく「こっち」とレールがある場合は
カタログをめくったのと同じくらいにしか
人生に責任を感じられないし
生きている感覚も希薄なんだろうなぁ

でも、充分に年齢が大人であれば
その責任は反発しないご自身にありますよね

平易で安全なレールが用意され続けていた人ほど
とんでもない失敗や落とし穴があるのは
「その状態を続けてはいられないんだよ」
というサインのはずなんですが

その失敗さえ尻ぬぐいしてもらえますからね~

”間違い”は存在しないんですから
それも人生なんでしょうけど

私はそんなのいやよってだけで・・・・




# by kin68 | 2019-02-12 01:37 | クレアボヤンス | Comments(0)

サイキックアタックさえも


私自身に直接ではなく
家族に向けてサイキックアタックがあり
おかげで先週中に
携帯ショップに2時間以上もいる羽目になりました・・・

幸い娘の携帯はあっさり復活したのですが
一緒に持ち込んだ私のはすでに4年越えの代物で

お店の人曰く
「バッテリーが膨れて来てますね~」
ということで・・・急きょ機種変に

最近は
機種変で半日がかり・・・なんてことはなくて
ありがたいのは山々ですが
座りっぱなしの筋肉痛みたいのが
数日後に来~る~(笑)のは変わらないのです

体操して、あらゆる機器、サプリを活用して
ひっきりなしにヒーリングもして
やっと元に戻りました

バッテリーが切れがちで
せっかく見に行ったクリスマスローズ展も一枚も撮れず
だから
「結果オーライ」ではありましたが・・・


私の印象としては~~
香水や柔軟剤がやたらと香るタイプの女性は
サイキックアタックが得意なイメージがありますね~

不快感を与えずに香水を使える方も多くおられますし
柔軟剤は家族が使うので仕方がないって方も多いですよね

だから全員じゃないんですが

そういうこと(攻撃)をしていると
あらゆる種類の「こと、もの」が
普通に受け取れるはずのものすら
余計に!受け取れなくなるんですけどね~

関心が欲しいのは、よーく分かるんですけどね・・・

無理やりに奪い取って「実現」したって
雪みたいに、手のひらで溶けてなくなるでしょうに

サイキックアタックでさえ活用して
生活を向上させられるようになったのだと
私は自分を誉めてあげることにしました



# by kin68 | 2019-02-10 13:07 | クレアボヤンス | Comments(0)

片づけながら・・・

f0138666_12173480.jpg

捨てながら、残しながら、そこから作りながら・・・
家の中で新陳代謝的な作業をしています

家のデトックスは意識のデトックスでもあり
体のデトックスも後押ししてくれるのです

作りかけで放置していた
この冬4つ目の足袋型ソックスを仕上げ

50円!のハンカチだと思って買ったたのに
袋を開けたらはぎれだった布(笑)で
ぺたんこバッグを縫いました

一枚布を2重にしているので
底と口、持ち手を真っ直ぐ縫っただけ

ちょこっとだけ持ち物のある
役所だの郵便局だの図書館行くのにいいサイズ

足袋ソックスは
かかとだけ色を変えたバージョンと
ソックヤーンで柄柄柄なバージョンと
80年代のベ○トンを思わせるカラーバージョンと

家族がそれぞれすでに履いているので画像はありません

編み上がり直後は
おや緩いかな?って感じですが
数度洗濯機で回すとちょうどよくなります

今どきの糸は本当に便利ですね~
多少毛羽立ちはしますが~
レギュラー登板なので手洗いしている暇がないのです

フィットして履き心地もいい感じ
編むのも見た目より全然簡単で拍子抜けしたくらい

全部純毛で編んだ一足は
うっかり洗濯機にかけて17センチに縮んだ!ため
更にフェルト化させてカットし
鍋つかみに昇格しています(笑)






# by kin68 | 2019-02-09 12:42 | 魔女活動 | Comments(0)

お買い物袋を


f0138666_15400526.jpg
私が着ると、柔道着なのか?
ジェダイか?っていうカシュクールシャツ

買うときももちろん
この色なのか~?と言いながらだったんだけど・・・

やっぱり
何度着ても似合ってない!
虹色オーラ戦隊だった時のお買い物です(笑)

何だかムズムズと~
ライトセーバーが欲しくなり
着こなすための追加の買い物をしてしまいそう

これは何とかしなければ!!!
ってしばらく悩んで

お買い物バッグの新しいバージョンが欲しいってことで
これを活用して作ることにしました

先に「ド紫のプルオーバー」をレジ袋風に縫い
リメイクの腕慣らししたあと・・・

f0138666_15394525.jpg
構想時間はそれなりに取りましたが

ベルトを肩ひもにそのままで使い
前身頃を、袖と後ろ見頃から切り取っただけ

一本直線(&布端のジグザグ縫い)しか縫ってませんで
さきほど、
切ってからわずか10分ほどで
三角のショルダーバッグになりました(笑)

接着芯をあえて使っていないのですが
張りのある生地に
製品の縫製をほとんど活用しているので
ペラペラレジ袋よりは安心して使えます

三角形が
ネギやゴボウの長い野菜に特に良さそうです




# by kin68 | 2019-02-08 16:01 | 魔女活動 | Comments(0)

癒しロード(笑)


新津のフラワーランドに
クリスマスローズを見に行こうとして
途中、予定外のお散歩コースに寄り道
f0138666_12485337.jpg
網で覆われたトンネルがバッティングセンターみたい(笑)
どんな景色だろうと登ったら・・・


f0138666_12492711.jpg
ゴルフ場の脇道でした(笑)
通りでバッティングセンターに近いはず

でもこれでは・・・危険です

足元にヤブコウジ(十両)が実をつけていたり
どんぐりが根を出していたり
結構な斜面ですが
歩きやすく整備されていたり

いくら護摩堂山(この山は隣?)でも
2月のこの時期に山の中を歩けるなんて・・・
f0138666_12494995.jpg
この先倒木で進めず・・・


温泉旅館やホテル、ゴルフ場が丸見えですから
取ってつけた感はあったものの
多少のリフレッシュにはなったかな~



# by kin68 | 2019-02-07 13:04 | | Comments(0)

眠いを越えて


四六時中寝ていたくなかったら、
画像をしっかり爆破しなさいよ!と言う
師の声が聞こえた気がして
(モノマネは私のハイアーセルフの得意技☆(笑))

お年頃のせいもあって、
強張ってすぐには動けない寝起きに
ベッドの中でざっとオーラを掃除しました

それで楽になるのは「一瞬」でも
とりあえず起き上がることはできたのでよしとして

もみ返しみたいに
筋肉の奥から、細胞の奥から!湧いてくる色々は
あとでじっくり順番にお掃除しようと思います

一番眠いところを過ぎて

自分の面倒を看る期間と
人様のケアをする時間とを交互に取ることの意義を
強く感じております

・・・・

絵を描き始めて気づきましたが
要らないものは捨てたはずの家の中から
画材がいっぱい!出てきました

水彩用の筆、水彩色鉛筆、スケッチブック・・・
たった今スケッチ旅行に誘われても
全く困らないほどの道具持ちで

つまり
要らなくないぞ!と思っていたわけですよね~
怖いほど自覚がありませんでしたわ(笑)

通信教育の画材がそこにまたドン!と届いても
これはもし手持ちがなかったら
かなり買い足しただろうな~

かつてトライした油絵用のものは
筆や絵の具、使い勝手の悪いイーゼルだのを
ほとんど処分していましたが

絵具やパレットのケースは木のトランクで
天然石のビーズやコード、工具を入れるのに使い
パレットナイフはガーデニングに流用中

今、絵を描くのに一番使えているのは!
(職業)高校で買わされたT定規と木製の製図板!

この「直線がお手軽に引けるセット」は
20年ほど前にも
自宅の設計をするときや
キルトなどハンドメイドにも活用してましたが

今や画板になり、透視画図法の強い味方です(笑)

過去世では
私はペン画や単色の版画
製図などには関わっていたような気がしますが

自分の絵に色を付けるのはおそらく今世が初で
色塗りのスキルがないので
小中高での美術で才能を発見できたことは
一度もなかったです

通信教育の教材は
小学校の時にこそ習いたかったわ~~
という内容でした

プロのお手本をたった30分見るだけで
何歩どころか何キロも先に行きつけるんですから

学校の授業だってDVD教材+実習でもいいはずでしょ
ついでに
教科書だってタブレットでいいでしょ
何なら小中高は通学だってフレキシブルでいいでしょ
って、ちょっと思ってます(笑)



# by kin68 | 2019-02-04 16:05 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

お互い様の社会に

魂の成長期?
おそらく排泄シーズンからくる過眠のせいで
起きていられる時間が10時間程度

そのうち

家事という名の家族の後始末に
ほとんど半分を取られ
(それが私の運動でもあるのです)

合間にDVD見ながらゴロゴロと「運動」して

夕食を用意した後、
家族が大体揃って食べるまでの数時間で
入浴してデッサンもして

家族でひとときだんらんした後
横目でニュース三昧の2時間ほどの間に
デッサンに着色して一枚できあがり!

すでにおやすみなさいの時間です

明日は観葉の○○を探しに行こう!とか
免許更新に行こう!とか思うんですが

目が覚めた時点で
あと数時間で日が暮れそうなんだもん

浄化が進めば~この過眠も落ち着くんですけど

その時期を迎えたクライアントさんにお伝えすることを
自分にも言わねばなりません

眠い時やだるい時に
ごり押ししてでもやるべきことかを吟味し

何が自分を焚き付けているのかを見つめ

この時期の自分を再優先にする選択をする

・・・

だるいくらいの時に無理をしてしまう人は
結局、病気になっても無理をやめられない人なんですね
(反省)

ちゃんと体の面倒を見れる人は
だるいから休む、を自分に許せる人で

だるいな→ちょっと余計に寝てみよう→手を抜いておこう

ってのが、自然にできるはず

私たち世代は兵隊さんでもないのに
軍隊式のド根性で生きようとするからねぇ・・・

社会が(というより企業や団体が)
常に100%の力で職場や状況にいることを求めるから
家事育児優先の母親を正社員にしないんだし
もうすぐ介護するんだろう?っていう世代の女性たちは
働きにすら出られないわけで

もしみんなが
できるときは8割以上、できないときは2割でもいい
そういう「お互い様」の働き方ができたら

医療費が高騰し続ける社会でもなければ、
事情がいくつもある中で
仕事したいんだけど見つけられないってこともなければ、

一番家にいて欲しいときにすら
「数時間しか家に帰れない父親」も存在しないはず

そんなのみんなが常に2割しか働かなかったら?ですって?

会社が存続できなければ、
その環境はないのが理解できないほど
従業員はバカじゃないとは思えませんか?






# by kin68 | 2019-02-01 15:43 | 雑記 | Comments(2)

体に「いる」の意味が


ぼ~っと生きてんじゃねぇよ!を
私は自分の体に言い聞かせなければなりません(笑)

体を単に動かすのではなく
筋肉やらを「感じて」「使って」みると
いかに自分の意識と体が遠かったのか・・・を
実感しました

脳と体の部位のリンクの
「密度が希薄だった」ということが
私の場合は色んな疾患の素になっていて

そこがしっかりつながっていないが故に

体力が当てにならないならド根性で乗り切ろう!とか
意志の力でなんとか!みたいな
頑固一徹まっしぐら街道だったようで

この傾向は実母の家系からコピーしているものらしくて
確かに
母方の祖母なんかは病気の総合商社でしたし
おじおばも色々あるようですし・・・

人によっては~
頭脳の力でも不足分をカバーしようとするんでしょうが

私の場合はありがたいことに
頭脳の方はノーマル中のノーマルなので
そこに比重をかけられないというか、なんというか・・・

その繋がりを取り戻せる運動に
しばらく前から取り組んでいます

今まで見えていなかった死角が
なくなりつつなるのを感じながら
(ここに死角があったんだな!を発見する感じ)

自分のオーラが激変しているのにも気付きました

そのせいでまだ眠くて~
一日3/4くらい寝てます~~

運動を始めたのと同じころから
いまさら画学生なのか?ってほど
毎日(課題の)絵を描いているのもあって
今までと違う生活をしてるからもありましょうが

体と頭と心の連携が糸一本のようだったのが
やっと「けもの道」程度になったおかげだと思います

この道がブロードバンドになった時にやっと
「常に体にいる」と言えるんだろうと
わかるようになりました

色んなボディメンテナンスの施術者さんに
このとんでもなくほったらかされていた体は
お世話になってきましたが
そういう方を頼るのは「健康診断的に」にするべきで

やはり「自分の体は日々自分で」調整できるような
そういう知恵を持っていなければならないんだなと
痛感しております







# by kin68 | 2019-01-31 14:43 | エネルギーヒーリング | Comments(0)

虹の架け橋を本物の橋に


人様のオーラなどを拝見していると時に、
新たな挑戦や新たな展開が
「虹の形で」差し掛かっているのを目にすることがあって

虹がどこから来ているのか?をたどると
その種類までは大体わかるので
「これこれ~こういう変化が起きつつありますね」
とお伝えします

思い当たる方がほとんどで
実際にそれがすでに起きている方もいれば
実は明日その話をしに行くんです・・という方もおられます

ですが

虹がかかっている=盤石な結末 ではないのですね

今はまだ「光の粒」でしかない虹の橋を
現実の架け橋にするためには
ご自分で何かしらのアクションを起こす必要が・・・

・・・つまり
大きな決断をしたり
仕事を人に振り分けたりなどする必要があって

実際の橋が
石を運んだり積んだりする作業がいるように
現実に落とし込むには
「能動的に」なる必要はあるわけです

すぐそこにまで虹が来ていても
「出所が気に入らない」とか
「建材が気に入らない」とか
「今じゃない」とか
選ぶことももちろん出来るのですが

虹がかかるのには、
(あんまり好きじゃないけど)古い言い方をすれば
ご先祖の徳をフル活用してのことだったり

ガイドさんが目一杯アレンジしてくれてのことだったり
ハイアーさんが音頭とって精一杯の出来事だったりします

つまり

一世一代っていうか、千載一遇っていうか
それくらいのことなんで
騒ぎごとに飛び込む勇気がないと判断された場合には
本当の「虹のように」消えてしまいます

しり込みする気持ちも分かるし
騒ぎごとなんかいまさらいやだな、と思うのも分かるし

何の不安もなく事が進む状況じゃなきゃ
飛び込めないってのも分かる

しかし(こればっかり(笑))

生きるってのは
したことがない経験をするための学び舎なので
不安も恐れもあっていいし、感じてもいいはず

それに振り回されないようにする、
そこが肝心だっていうだけなんだと思います

今はほんとに多くの人が
様々な困難や悪条件の中で
それでも石を探し、橋を作ろうとしています

闘病中には「同じ橋を作る仲間」の姿に
違う種類の橋を作る人々の姿に支えられもしました

虹をえり好みしたり
まして、出所に注文を付けるなんてのは
多分、ものすごく傲慢か狭量なんでしょうね

私もそうだったんだけど・・・

私自身は自分が得たスキル(透視やヒーリング)を
心の底から信じることが出来たので
仲間を信じることが出来て

「受け入れるしかない状況」からでも
橋を作る気になれたのだと思っています




# by kin68 | 2019-01-29 18:33 | クレアボヤンス | Comments(0)

違う景色


人生の違う景色を見る権利は誰にも等しくあるよね・・・

記録が残り続け、拡散する時代だから余計に
人の理想や希望を生きるんじゃない、
自分の希望を生きなきゃ

責任ってのは
自分の人生に対して、であるべきです
変化を決断した彼にエールを!

****

さんざんいろんなところで言われていることですが
これまで以上に
今まで通りを無理やりにでも生きようとすると

迷路の中に迷い込んだか?
罰でも当たったのか?ってくらい
心身ともに辛い思いをするケースを、
私自身も含めて、身の回りでも
お仕事でも拝見することばかりです

痛い目にあってやっと
人生と生活の方向転換をした私から言わせれば

「この悪い見本を見て感じることはないの?」
と思うのですが

今まで通りでなければ困ると「思い込みたい」からこそ
身の回りで起きることすら他人事と捉えるわけで・・・

傲慢な私も大いにそうだったと思います


「誰かが悪者でなければならない世界」にいる人にとっては
そうじゃない世界なんてのは
想像するだけでも耐えられないはずで

違う景色が見れることを、
信じたくない気持ちは
私にも分からないわけじゃないですがねぇ

かたくなだ、ということは
柔軟性がないというだけでなく
それだけ吸収率がないということでもあり

その固さで何をなぎ倒しているのか
何を失っているのかには
非常に気付きにくい状態と思います


私は方向を示すことはできても
実際に手を引いてお連れすることはできない
(向かいやすいようにお掃除はさせて頂くのだけど)

ご自身が自分で掻くべき背中を
掻いて差し上げることも出来ないし

背中に50肩で手が届かなければ
届くようになる体操はお教えできるけど
実際に治るところまで代わって体操をすることはできないです


ご自分の人生ですよね?

何もかも思うようになるわけじゃありませんが
少なくとも、
納得しながら生きることはできるんです







# by kin68 | 2019-01-28 00:36 | 雑記 | Comments(0)

似たようなところを・・・

f0138666_13033497.jpg


欧米のダイエット法は
手に入れにくい食材だらけで現実的には難しい気がします
置き換えられるものすら存在しなかったりで
これらの本も
理屈には納得するところだらけでしたが
書いてある通りの実践は試す気もありませんでした(笑)

でも最近また読み直してみたら
うちにあるものが多いって気づきました

例えば

間食だの朝食だのに引っ張りだこの「ベリー類」は
冷凍庫で唸っている大量のブルーベリーが使えるし

スロージューサーがあるので
スムージーも野菜のジュースも楽勝だし

日本はそばとか大豆食品は手に入れやすいし
ナッツ類もマカダミア以外は食べられるし

わりと最近になってからは
全粒粉の粉を近所のスーパーでも買えるようになったし

スプラウト類も
去年(無農薬)育てたひまわりの種から作れそうだし♪

・・・・

ある程度真似っこくらいのところはできそうだってことで
ジュースやベリーの摂取量を多くしてみました

夕食は家族と同じものをごく普通に食べてますし
お腹が空けば「推奨の間食」も「似たもの」でします

本にやたら出てくるアボカドが食べたくなる!のに
このあたりで買えるものは
「木に戻って熟し直しておいで」って実ばっかりなので
ダイスカットの冷凍食品を探しに出ようと思います

朝起きるたびに
舌苔が日々増えてどんどん真っ白分厚く!!!になって
このままどこまで増えるのか???って感じで

それも昨日今日あたりからは
やや落ち着いてきた気がします
それと同時に、
体が軽くなり頭の中のもやが晴れ
飢餓感はかなり収まりました

イースト菌(カンジタともいう)の浄化だろうなと思います
食後すぐの「偽の」腹減ったコールは
脳を操るイースト菌の仕業ですからねぇ

浄化を始めてすぐの頃はそそのかされて
十年ぶりくらいに(全粒粉)パンを家で焼きましたもん
買うのより何倍もおいしかったのですが
消化するのにものすごく時間がかかりました

酵母や菌に脳を乗っ取られた人間に
自由意思なんかあろうはずもない(笑)

小麦の中毒そのものよりも
イースト菌の侵略のほうを先に退治しないと
なかなか~
小麦の摂取量を減らそうという話にならない気がします






# by kin68 | 2019-01-24 13:39 | 魔女活動 | Comments(0)

ひといきついて・・・


体調管理の時間を日々強制的に取っておりまして
遠隔のお仕事は余裕を頂きながら・・・で
特に先週からは
数日お時間を頂くような日程になっていましたが

本日只今のところ
ご依頼いただいていたものについては
全て送信済みになっております
ご確認ください

もし
届いていないよ!であれば
docomoアドレスのほうにご連絡ください

根がせっかちなので未完の仕事を溜めておくのは
精神的にはややストレスでしたが
身体的にはほとんど負荷がなく

(時間的な)余裕の中でしか見えないものはあるし
目の隅っこでしか見えないような情報も
走り走りでなければ取りこぼすことがないので

地に足をつけるってのは
無駄に突っ走らないってことなんだなと
この年になって思うワタクシでございます

ひと息つきながら

お仕事を頂くことで
私自身の浄化も出来ているなんて
本当に幸せなことだなと
スキルと、環境と、皆様に感謝申し上げます




# by kin68 | 2019-01-23 17:43 | らびっとあい通信 | Comments(0)

低コスト+低罪悪感な緑化

f0138666_14263395.jpg

川で拾った緑の石は蛇紋岩だと思ってたんだけど
磁石がつかないから違うのかしら?チャート?
石英かな?所々☆キラキラ☆します

糸魚川で拾ったほとんどそっくりさんの石は
ちゃんと磁力に反応してますから~蛇紋岩決定!

持った感じ、
これはちょっと比重が違うかな~とも思いますけど
風化劣化でボロボロになる感じとか
「ぽい」んですけどねぇ

シダはホームセンターのお値引き鉢で
毎度一山いくらのたたき売りを
パトロールで発見しました

大きめのパキラ、ゴムの木、アイビーも同じ山で
状態もそこそこ、
百均の入れ物に入って全部で500円でした
(ひとつ百円?(笑))

売り場で生き永らえたのだから丈夫だし
ポットで育ちすぎているのは
植え替えすればいいだけだし

他もちょうどいい鉢に入れたら見栄えよくなりました

おかげでセッションルームは
森?ジャングル?って感じ

(闘病中、緑に癒されて家庭内緑化に傾倒してます^^)

定価で買う苗もありますけど、
うちは環境がやや特殊(一日の気温差が激しい等)で、
満足に育たないものが多いのです

罪悪感を減らす小さめ苗(廃棄寸前苗)から
実験のつもりで育てて
大きくなったらラッキー!

このシダは購入時チリチリ気味だったのに
剪定して植え替えで復活してくれました

春にはかりそめのプラ鉢を卒業できるかな?
植え替え用に
良さげな鉢をいくつも探しに行かなければ~



# by kin68 | 2019-01-22 15:15 | 魔女活動 | Comments(0)

お時間を頂いております


遠隔でのリーディングのご依頼を
先週今週は集中していただけて

ご紹介者の皆様
本当にいつもありがとうございます!

立て込んでいるため、只今1~2日ほど遅れで
ご依頼順にお返事させて頂いております

働き方改革は言うばっかり
今年は元日から仕事したりと
あんまり改革できていない当ヒーリングルーム(笑)

なので対面でのセッションの今月のご予約は
あとお一人にさせてください
2月にお会いできると嬉しいです

遠隔のリーディング/ヒーリングは制限なしでお受けします
お返事に数日見て頂けますようお願いいたします



# by kin68 | 2019-01-21 15:24 | らびっとあい通信 | Comments(0)

透視のお仕事

f0138666_19053379.jpg
     自宅そばから見える粟が岳 
    肉眼で見ると、どどーんと大きいんですが・・・


私が透視で見るようにしているのは
気(オーラ、経絡)の流れとか、関連性、相関関係とか

オーラの色も聞かれることは多いので
とっさに見えるものを答えられるようにもしてます

ある方は
やたらとキラキラするシルバーのオーラをお持ちで
何でしょうね?と思っていたら
銀歯だかブリッジを作ったばかりだとか(笑)

セッションで拝見する際に見るレベルとはちょっと違う
ごく表面のものですけど

私の場合は
どこから何が始まって今の状態に至るのか?的な
そもそものところを見るように心がけてます
それでわりと
過去世のお話をさせて頂く機会が多いですね

今世のお仕事でお悩みの方に
過去世ではどの職業だったのか聞かれることはよくありますが

過去世の得意を今世でやろうとしても
ほとんど意味がないと思います

一万年近くの間、人口の大半が
農業、漁業、遊牧、兵士、金属加工業・・だったわけで(笑)
都会に住んでいまさら
「過去世で得意だった牧畜を!」はないですよね

やったことがないから今経験しているってのも
絶対にあるはずなので
上手くいかなくて当たり前なんです


過去世については、記憶がないばかりか
何の証拠も提示できない話になりますが

それがあって、今の考えや気持ちがあり
そこから派生した出来事につながっていることを
理解しやすくする糸口になります

この時代に生きている人々は
それなりに転世を重ねておられる方ばかりなので
私なんぞよりもずっと
バラエティ豊かな人生を選んでこられた方揃いです

私自身の今世での経験値では
とても思い及ばない「起点に帰結」というお話でも

ドラマを見るように拝見し
それが「何を伝えたいのか」を
精一杯理解しようとするところが私的には肝で

ドラマの趣旨や流れが伝わるようにお伝えし、
(ご自身で考えたり思ったりをしていただく必要もあります)

すでに終わっている出来事を
映画館の大スクリーンに投影し続けるのではなく
(始終追体験する羽目になるので)
アルバムに収まるような処理をさせて頂きます

好転させられるからこそ、
その時にその情報が与えられていて、
見せて頂ける
それをお伝えすることで変わる何かがあるのだと
私は信じております





# by kin68 | 2019-01-18 13:46 | クレアボヤンス | Comments(0)

見えないものの種類

f0138666_15293481.jpg
   画像倉庫から 薔薇苗販売店さんです

透視ってのは
確かに目に見えないものを見る仕事なんですが

何でもかんでも見えるってわけじゃないし
得意不得意もあるし
好不調もあるし
人が隠したいものを覗き見たいタイプでもないので
違和感は感じても裏腹は探らないし

誰それが実は○○だったのが分かるとか
天使や妖精が常に見えるとか
UFOともコンタクトするとか・・・

そういうんじゃないんだよなって
私はどうしても言いたいです(笑)

そういう所に心も目も開いてもいいとは思いますが
それが透視ができるってことでもないっていうか

・・・

何十年か前
遠くに住む友人が私にこんな話をしました

あるトマト農家さん
出荷直前に誤って農薬を使った
出荷する分については知らん顔で出せるが
ご近所にはとても配れない、と言ったんだそうで

当時はリテラシーなんて言葉は聞かなかった時代ですし
今は何かしら厳しいのかもしれません
もちろん
みんながみんなそうだとも思いませんが

作り手の顔が見えずに売られているものは
何かしらちょっと残念なんだよね、って
漠然と人々が思っているのを
「ほぼ正面から見た」「やっぱりね」な話だと思います

もしこの話の農家さんが
「見えないものを見る」力があれば
きっと出荷するのも控えたでしょう

私は宗教観だ倫理観だ、とは少し違うものを指してます

ほんのちょっとの想像力と共感力があれば
とてもそんなことはできないはず!と思うようなことが
毎日ニュースになっています

家庭内で起きるいざこざも
想像力の欠如と共感力の不在が99%原因でしょう

人によってそれぞれ
直視できることとそうでないこと
想像できることとそうでないことには
明らかに落差があるので
(教育を受けたかそうでないかと「若干は」比例もしてます)

透視能力者は、
ご本人には見えにくくなっている死角を
補う役をしつつ
今後はご自身でも見えるように整えたりします

そうは言っても
私にも未だに見えにくいものはあるので
他の透視能力者に客観的にみていただくようにしてます

UFOや河童をとくと見たところで
人の生活は何も変えられないのよねと
超現実派の私は思うのであります(笑)

とはいえ

庭で無心に働く昆虫や妖精を見たときに感じる
言葉に表現できない感覚は
力を与えてもくれるのですが・・・

伝わるかなぁ



# by kin68 | 2019-01-17 16:18 | クレアボヤンス | Comments(0)

勇者にぴったりのお仕事は?


折込チラシの文句に乗せられて
ホームページを覗いたら
一風変わった天職(転職)診断を見つけたので
ご興味があったら覗いてみてください

懐かしのあのゲームのようなRPGを
15分くらい~ちまちま遊ばないと
結果にはたどり着けないですので
お時間がある時に(笑)

私はちなみに
「思い立ったら止まらない、気まぐれアナリスト」

わっはっは!

その他の文言も、ものすごく的確な診断です
私はゲームしただけですのに!

真の転職の書には「気象予報士」がありました
これわかる~~~

もし生まれ落ちたときから
ごくまともな家庭で普通に育っていたら
私はテレビには出ない気象予報士になっていただろうなと
時々思ってましたもん

みなさんも遊んでみてください


# by kin68 | 2019-01-16 13:44 | | Comments(0)

春の準備を

f0138666_14074040.jpg
猫よけに置いたバラの枝が邪魔(笑)

画像奥の白いポットに入った
ひょろりのロシアンオリーブ
実は「沙棘/サジー」とも言うんだとかで
でもこの木には
有名な黄色いサジーじゃなくて赤いグミが実ります
近縁種なんでしょうかね

ジュースにするといいらしい
ものすごい健康栄養素入りでも

リース作りやフラワーアレンジに使いやすい葉枝と
香水の原料になるお花が咲くとかでも

相当の強健/暴れん坊らしくて
カナダやアメリカでは問題になってるらしく
チェーンソーとショベルカーも出してくるような
How to kill 動画がいっぱい上がってる・・・

うはは!

それくらいの木じゃないと
コンクリのせいでアルカリ化しきった痩せ土には
耐えられないだろうから、いいか!(笑)

手前のミモザさんはもう少し温かくなったら
大きめの鉢に移植の予定です

よそ様は5月の10連休には海外旅行でも
我が家は(多分誰も10日も休めない)
庭改造の工事期間になる予定

まだまだ春は先だと思っていたけど
あと3か月半ほどしかないのよね~

準備は先に先に
でも心は今に、今に・・・
難しいんだな、これが(笑)

やっぱりハイアーさんが言うように
絵を習おうかな~




# by kin68 | 2019-01-15 14:36 | 魔女活動 | Comments(0)

木(気)が早い

f0138666_19043696.jpg
    誰か飛んでない?

植える場所はまだはっきりしないのに
そして、まだ全然植えられる時期でもないのに

新しい薔薇の苗を予約するのと合わせて
温かくなってからの購入だと
悩む時間がないだろう、の成長が早い庭木の苗たちを
もう取り寄せてしまいました(笑)

新潟の重い雪の降る冬を耐えるか、
ポットのままで実験をしましょう

販売されているのが
更に気温の低い地域のお店なので
寒さには耐えるだろうけど
雪はどうかな?

根付けばいい香りがする花が春に咲くらしいけど
さすがに今年はまだ無理だろうなぁ

イメージをいくつも紙に描いているので
もしや絵を描けはこれの事か?と言いながら

これ~実現するには~相当体力がいるぞ~

そして
何年も先の、お花や実を見たり食べたりするには
ずっと元気でいなきゃいけないぞ~



# by kin68 | 2019-01-14 00:09 | 魔女活動 | Comments(0)

抵抗と向き合って

f0138666_13285119.jpg
  雪でも元気な「復活ローズマリー」

ジュースダイエット(食事療法)は
減食でもないし、絶食でもないので
カロリーはトータルでかえって増えてまして

何が目的かというと
ごちそうまみれで酸性に傾いた体を
ちょっとだけアルカリにしようというものなんですが
(だから体重は0.5キロしか減らない)

酸化するのは(習慣のせいで)楽なのに
アルカリにしようってのは体と心からブーイングだらけ(笑)

日頃から野菜や玄米、魚を
つとめて摂ってはいますけど
いかに酸性体質かと思い知らされてます

あんまり抵抗するとかえってリバウンドしそうなので

ココアだのあんこだの、
甘いけど食物繊維が取れますよ!を
食べたり飲んだりもしてます

「枇杷の種茶」は
簡単にアルカリ体質にできる素材のようですが
アミダグリンを甘く見てはいけない
ごくごく少量しか取れませんし
続けなければ意味がないですもんね


ハイアーセルフと「今年の計画」を相談してますと
闘病中からしつこくささやかれている
「絵を描け」という話になって、溜息をつきます

私はそもそも描けるわけではないし
何を描くべきかはっきりしないし

一番好きな油絵は油に負けてできないし
他にもやりたいことがあるのに、どうして絵?って
・・・・

こういう話になると思うのは

○○をやりたい!やるぞ!って思って
習い事をするにはしたんだけど
「その先が思い描けない」という方々の反応に
よく似ているかも・・・で

やらなきゃならないってことは「ない」わけだから
そうしたいときにすればいい、って話をよくします

でも、しつこく「やればいいのに」と
私や周りに言われてしまうタイプの方の場合は

「やるぞ!」と思ったときのご自身が
いつもどこかくすぶっていて
時々その情熱が顔を出すのを「抑え込んで」いる方で
「とんでもない!」ってのが第一声

そういう方は
「学びに出かけて行くこと自体」が目的で
学習の終了と同時に、意欲が霧のかなたに消える方とは

表面上は共通点が色々あるようでも
言動が真逆の感じです
・・・・


じっとして絵なんか描くのは
「とんでもなく」めんどくさいので
写真じゃダメですかね?っていうくらい
モチベーションがないのになぁ(笑)

私は他のことで無理に画欲を抑え込んでいて
集中しないようにしてるのかしら?
自分では分からない~~

外出、日光浴、運動、集中が全て手に入るのは確かに
風景なりを描くことなんでしょうねぇ
やってみる価値はありそうかな~~



# by kin68 | 2019-01-11 15:08 | クレアボヤンス | Comments(0)

木を植えたい・・・のに

f0138666_13301467.jpg

ジューンベリーの切り株が写ってましたねぇ

家から病人が出たからって、
「果樹を切って身代わりに」なんてのは
私は非科学的過ぎると思うのだけど

そうしたいって言い張る人(後述↓)がいるんだから
無下にも出来ず・・・

ほとんどの薔薇を昨年の豪雪と猛暑で失ったのだから
ジューンベリーは余計だったんじゃ?(笑)

シンボルツリーのはずが~なんだか残念です


ジューンベリーは実の活用がほとんどできず
私とハーブ好きさん以外には不評だったので
余計に標的になったのかも・・・


昔から植えたかったミモザや
ライラックやロシアンオリーブを!と
春からの庭改造計画を練っています

しかし

画像でご覧で頂けるように
庭のこちら側は
北向き、屋根からの落雪、用水ギリギリのため
植えられませんし

(一番雪がある時には、
画像の窓を守るための板の最上部まで落雪が溜まります)

南側は実家の雪下ろしスペース
西側バックヤードはコンクリート打ってあって
そこも雪下ろしの動線で
東側は物干し、駐車スペース

配置だけでも制約だらけなのに
我がいとしのラスボス
「義母の意向」は
すべての変化への意欲を減退させます(笑)
・・・・

薔薇は小ぶりの品種を選んでいたので
どうにか外壁ギリギリに植えられましたけど
ロシアンオリーブはそうはいかない

剪定しまくるか
鉢植えでもいいじゃないかと言われそうですが
植え替え必須のお世話を考えると
たった今はできるけど、将来は?って思ちゃう

以前、マンション暮らしの方に
「いいわね~お庭できて~」と言われたことありますけど
「いいえ~制約しかないです~」(笑)

雪が降らない積もらない、なら
北側なんか目隠しの生け垣が必須の間取りですもんね

どうにか針の穴に糸を通して
無理のない形で憧れを現実にしたいと思ってます





# by kin68 | 2019-01-10 14:21 | 魔女活動 | Comments(0)

習慣春闘2019^^


年末年始の家族の休みに合わせて
必要以上に食事を用意するのが例年で
作ったものは家族が
余ったものを私が食べる…の繰り返しでしたが

今年は
「人(私)に全部用意させるつもりなら、
(食べる食べないの)予定外は許さない」
と口酸っぱく連絡したところ
ほぼ余剰が出ない形で計画生産できました

社会主義、共産主義はもしかしたら~
家庭内でだけなら機能するかもしれませんね

家事の当番表をソビエトのポスター風に作りました
「役目は終えてから出かけよう!」(笑)

私はスターリン化しているのかもしれないなぁ

・・・それでも何だか食べ過ぎたようで
(大食いの夫に合わせて用意する食事は量が多い・・・)

月曜からスロージューサーをフル活用して
酵素ジュースを「置き換え」しています

昨日までは
おいしいし~
大してお腹もすかないし~って言ってたのに

今朝からは
ジュースを増やしても直後から、
内臓もハートも細胞が大声で「腹減った!」コール

細胞さんたちの総意(らしきもの)が私の意志なら・・・
食べるべきだろうけど(笑)

体と、意識、魂レベルの
「欲求のすり合わせ」がど下手なせいで病気になった私は
このような体の訴えを
あまり真に受けないようにしなくてはなりません

例えば
意識さんを主に優先してしまう人は
体の欲求をねじ伏せてバリバリ仕事しちゃう感じだし

魂さんだけを優先する人は
世の中にインパクトを与えられない存在なのに
やたら高尚だろうし

体さんの要求を優先してしまう人は
(人類史の99%、飢餓に苦しんだ記憶から)
在庫を在庫に出来ずに食べつくすだろうし(笑)

私の場合は少々極端で
そう思うんだからしなきゃ、
そう感じるんだからそうしたいって
それぞれを真に受け過ぎだったような気がします

だからどの要求も(サイクルで)全開にしていたようで

次第に、ゆるーい細胞間の結合のようなものに
ヒビが入っていったように思います

本当は
それぞれを並べて折衝したり、妥協案を見つけたりと
何かしらの工夫や創造をしなきゃならなかったんでしょうね

腹が減って考えがまとまらないけど(笑)
もうちょっとだけ
「習慣が」要求するさまざまを
のらりくらり乗り切ってみようと思います





# by kin68 | 2019-01-09 15:02 | 雑記 | Comments(0)

今ここ、にはある!

f0138666_14575407.jpg
    夏の画像倉庫から・・・

「ホモ・デウス」を
なんとか返却期限内に読み終えました~~

途中に別の分厚い論文調を上下巻挟んで
己の浮気性のせいでえらい目にあいました(笑)

もう滅多に本当の読書をする機会はなかったので
なんか新鮮ですね

その久々なのに内容が途中から
「自由意思なんてものは存在しない」って話で(笑)
生物学的にはそうでしょうけどね~

いろいろ刺激的なんです

確固たる自己なんてないってのは
確かにそうだろうなという所までは実感がある

でも「決定権」だの「意志」だのは
「どこにも存在しない」って話になると

う~~~ん

確かに
連続する時間軸の中には「自己」がないのだから
権利めいた様々も「ありようがない」っていうのは
分かる気がする

でも

「今ここ」には確かに
選択してアウトプットしている
(生物学的にはバトンタッチリレーでしかないけど)私がいて
それは不変不動のものでは絶対にないけど

瞬間の点・点・ではそれは
「私(細胞の集合体)」で、
その瞬間の意思も不動不変ではない「点」なのでは?

集合体の瞬間的な「総意」みたいなものでは?

だから「今」をしっかり生きなければならないのだと
私は解釈しています



アダムとイブがエデン(原始の世界)を出て数万年・・・

今度は私たちがエデンに残って
進化したアダムとイブを見送ることになるのでしょうか~~



# by kin68 | 2019-01-07 15:59 | クレアボヤンス | Comments(0)

多肉が育つおうちですか?

f0138666_15070707.jpg

うちではなぜか
多肉植物だけが全く育たない、枯れるので
相性が悪いのだと諦めておりましたが

原因がやっとわかりました
光線不足です
多肉のプロに「光さえあれば育つ」と教わり
なるほどなと・・・

育って見栄えの悪くなった株が
まとめていくらのたたき売りになっていたので
私と野菜の「光線バロメーター」代わりに
連れ帰ってきました(笑)

うちは南がわに接近して義父母宅があって
北向きの窓しかとれていないのと
低い山に囲まれた地域なので
そもそも南むきでも日照時間は平地より少ないのです

冬場は特に
近隣では晴天でも
うちのあたりは雲が垂れ込めて雪降ってますし(笑)
・・・・

ソーラーバッテリーの小さいパネルは
窓数の多い北向きの窓際などでは
(置きにくい)東の窓の半分も発電できません

室内のテーブルでは光線量が足りず
一切反応しませんもんね

これじゃ~引きこもり生活だと
魚っちゃ~鮭!しか食べていなくても
ビタミンDが不足するわけだ(笑)

そういえば
多肉が室内でも良く育つお宅では
おうちの中でも熱中症になるとかお聞きするし

本当に上手に多肉を飾っておられるお宅も
光がさんさん射しこむお宅です

骨粗しょう症一歩手前の私は
多肉さんと同じように「骨が枯れて」いたんですねぇ

ほったらかしでも
寒くても暑くても育つはずの多肉さんが
「枯れるおうち」なら
骨や筋腱に異常がないかをお気をつけあそばせ






# by kin68 | 2019-01-07 15:32 | 魔女活動 | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

薬臭が
at 2019-02-21 13:45
やって分かる
at 2019-02-18 23:06
隠れ差別
at 2019-02-16 15:47
サイン
at 2019-02-15 11:33
日替わり人生
at 2019-02-13 16:12
先手
at 2019-02-12 01:37
サイキックアタックさえも
at 2019-02-10 13:07
片づけながら・・・
at 2019-02-09 12:42
お買い物袋を
at 2019-02-08 16:01
癒しロード(笑)
at 2019-02-07 13:04
眠いを越えて
at 2019-02-04 16:05
お互い様の社会に
at 2019-02-01 15:43
体に「いる」の意味が
at 2019-01-31 14:43
言いたいことがほとんどここに
at 2019-01-30 16:26
虹の架け橋を本物の橋に
at 2019-01-29 18:33

検索

最新のコメント

> ななさん 隠れイン..
by kin68 at 01:09

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想