目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

美しいシャッター商店街

f0138666_11201928.jpg
江戸時代に
新潟の冬の生活を綴ったベストセラーがあったそうで
その作者ゆかりの地が観光地化してます

でも
きれいにお化粧直しされているけど
ここは「シャッター商店街」

祭日でも開いているお店はほとんどありませんでしたし
一本裏はふつうに民家だからもあってか
ウエルカムムードもほとんど感じない・・・

暮らす人の事情と
思惑満載の行政との温度差は
外の猛暑とエアコンの効いた施設の中と同レベル^^

江戸時代の「雪国」を形だけでも再現しようなんて
ある意味、虐待じゃね?
それも税金投入してんのよね?と
なんだか憤りを感じながらおりました

このあたりはそもそも「スキーリゾート」ですので
国道周辺に立ち並ぶ豪雪仕様の住宅やロッジは
ほとんどが洋風の美しい建築物で
スイスか?チロルか?って景色を作ってます

頑丈に作ろうと思ったら
間違いなく和式で作るより洋式のほうが低コストのはずだし
快適さ、使い勝手も現代的だろうし
ランニングコストを考えても
和を選ぶメリットは分かりにくいですよね

外からわざわざ来る人間からしたら
そりゃ~自分には真似ができないような
「珍しい」「古いけど新しい」「高価な」和式を見たいだろうけど
人がそこで生活するとなると、どうかな

せっかく「The 日本」が見たいって外国から来ても
映画村のセットよろしくでは残念でしょうに
おまけに
どういう意味でも、ここには奥行きがない!(笑)

伝統文化の継承ってのは素晴らしいことだと思うし
無理にでも残さないと残らないものなんでしょうけど

ニーズは置いといてにしても
心が伴っていない「文化」って
押しつけとか強要って言うんだよね

・・・・

夫婦連れの観光客が次々と
「無料駐車場」に車を置いて
雁木通りをそぞろ歩きだしますが

暑いのと退屈で
すぐに立派な「記念館」に逃げ込んで
そこからもう商店街には戻らずに車が方々へ消えていきます
(みんなもうこないだろうな~)

本当に雪国での生活を外に発信したいなら
ビジネスマサイ方式で
江戸時代の日本や雪国の暮らしを
体験できる「有料の」文化村でも作ったらよかね!

「仕事で」なら
古い野良着や道具で農作業や雪下ろしをしてもいいって
いう人はいるはず

マサイ族のみなさんが
うまく独自の文化と今の生活を両立してるのよね^^
行政さん方はアフリカへ視察に行ったら?(笑)



[PR]
by kin68 | 2018-07-19 12:10 | 雑記 | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

来年もよろしくお願いします♪
at 2018-12-15 12:43
単純じゃない
at 2018-12-13 17:59
ヒプノセラピーの「がじゅまる..
at 2018-12-11 23:21
生物的おごり
at 2018-12-11 14:48
名前の作用
at 2018-12-10 18:55
びぼうのあおぞら
at 2018-12-08 18:18
薄い皮むき!完了
at 2018-12-08 00:37
一日ずれてる・・・
at 2018-12-06 16:46
終わったことの処理を
at 2018-12-05 13:50
12月のセッション可能日です
at 2018-12-03 19:57
青を浴びに
at 2018-12-03 19:12
見えない存在に
at 2018-11-30 11:57
スピードを緩める
at 2018-11-29 19:21
組み合わせ
at 2018-11-28 11:59
エネルギーを探しに
at 2018-11-27 15:46

検索

最新のコメント

ななさま お子さん..
by kin68 at 23:29

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想