目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

諦め力


実の親を見ていると毎度思うのが
「どうしてそんなに諦めが悪いの?」で

娘たちや甥、姪見ていると毎度思うのが
「どうしてそんなに諦めが早いの?」

・・・あるあるですよね~

何かに取り掛かったら「回収する」まで食らいつくってのを
本当に実践できるようになるのが
(もちろん個人差はあるだろうけど)
おそらく、30代前半から40代前半くらいで

その頃に覚えた「食らいつき方」を
何にでも、どういう状況でも応用してしまう癖がつくと
人生ずっと諦め悪いままで過ごす感じに・・・

戦中戦後世代はもともと
ガツガツして諦めが悪い世代なんだろうとは思いますが
年齢が上がると徐々に
「恒例」「もっと」をいくつも抱える傾向は
どの世代にもあるように思います

選択するっていう名の、
「諦める」が上手くできると
自分のエネルギーを一つか二つに収束できるので
かえって物事は上手くいきやすくなるし
夢はかないやすくなるはずなんだけど

いくつになっても
40代か50代の頃のキャパシティが自分にはあると
「思い込んでいるんだろうな」と
特に親世代を見ていると思うことがあります

実際できているものも多いんでしょうし
そうやって若々しくしているのは別にいいんですが

昨日今日にケガをして、ギプスはめながらも
予定しているいくつもの活動への参加を
全く諦められずにいるのを見ると、ため息が出ますよね

完全に私の送迎車をあてにしてるし(笑)

母が自分本位にしか生きられないのは
今に始まったことじゃないので
その点はもう何とも思わないんですがね
(誰にも迷惑かけなければね!)

それにしても・・・(苦笑)^

おそらく、ですが
ターニングポイントは50歳前後だと思うんだけど
(特に女性は)

そこを過ぎたあたりからは
徐々にマイルールやルーチン、行動を
今の自分の
体力や財力の「余裕」に見合ったふさわしいもの
変えて行かなきゃいけなくて

情報も、スキルも、持ち物も、居場所も
一つ得たら、二つ捨てるくらいの
潔さというか、諦め力のようなものがいるようになるのだと
先を歩く世代の方々を見ていて思うのです

(無理を通すのを)早々に諦めることで
結果、得るものが大きいのを体感できたものとしては
どうしてその年になってもそれが分からんかね?
とつい思ってしまいますが

年齢が上がるほど
自分の能力を証明することや
更に何かを得ることを
諦めるのが難しいくなるんだろうな~
は、理解はできます

だからこそ!

やりかけのプロジェクトは
できる限りさっさと取り掛かっておいて
その時にどうしても出来ないものは
一旦あきらめておきませんか?

高齢になってなお
能力を証明したい衝動にかられて動き回るのを
傍で見ると残念な気がするのは私だけでしょうか?

私も
母にスマートに生きて欲しいのを諦めます(笑)



[PR]
by kin68 | 2018-08-27 18:00 | 雑記 | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

来年もよろしくお願いします♪
at 2018-12-15 12:43
単純じゃない
at 2018-12-13 17:59
ヒプノセラピーの「がじゅまる..
at 2018-12-11 23:21
生物的おごり
at 2018-12-11 14:48
名前の作用
at 2018-12-10 18:55
びぼうのあおぞら
at 2018-12-08 18:18
薄い皮むき!完了
at 2018-12-08 00:37
一日ずれてる・・・
at 2018-12-06 16:46
終わったことの処理を
at 2018-12-05 13:50
12月のセッション可能日です
at 2018-12-03 19:57
青を浴びに
at 2018-12-03 19:12
見えない存在に
at 2018-11-30 11:57
スピードを緩める
at 2018-11-29 19:21
組み合わせ
at 2018-11-28 11:59
エネルギーを探しに
at 2018-11-27 15:46

検索

最新のコメント

ななさま お子さん..
by kin68 at 23:29

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想