目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

門、または扉の前で


ハイアーさんが突然私に
「大きな門をくぐった人間の後には
他の人がつながってついてくる」って言い出して
そうこうしていると

対面でも遠隔でもクライアントさん方、
身内、友人たち、それぞれのご家族・・・など
お会いする方すべてが
「大きな転機」をお迎えか控えておられて

なるほどねとちょっと思いました

要は、未知のものや体験をするにあたって
別の形でも何でも、未知を先に味わった人から
「どうやったの?」って
聞いておきたいというか
見ておきたいというか

下敷きにできる前情報があれば
ご自身らしい工夫をしつつ、より効率的に先へ行けますし

何処へ行くのか、何を得るのかは違っても
門をくぐるについて
前例を見たか見ないかでは、気持ちが違いますよね

門のほんのちょっとこちら側にいる人間にとっては
あとは「くぐるだけ」の方々を手招きするのは
容易とは言わないけど、できることなんだと感じてます

虹をくぐる方、
重い蔵のドアを開ける方、
穴を出る方、
壊れたドアを捨てる方・・・と
様々な場所、様々な状況の中から「出る」方が多いのは

日本の社会だけでなく世界的にも
これまで通りを保持できない変化の大波が来ている証と思います

この時期に大きな変化を迎えた方々は
次に続く方々の「前例」になるお役目だとも言えますよね

その門やドアの配置された間隔は
多くの方で「狭く(早く)」なりつつありますが

そこを出るも出ないも、ご自身次第となります

ドアの向こうに何があるかを
誰も約束できないし
くぐったらどうなるのか、なんの保証もありませんが

「ドアが目の前にあること」そのものが
ご自身が望んだ人生の「迷路の出口」なはずです

泣いても、すねても、愚痴っても、はかなんでも
ご自身のドアを開けられるのはご自身だけなんですよね

ヒーラーは、体験を下敷きにどうぞの気持ちと
蜘蛛の糸ほどの助力になれれば、と思っています




[PR]
by kin68 | 2018-09-26 17:12 | クレアボヤンス | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

来年もよろしくお願いします♪
at 2018-12-15 12:43
単純じゃない
at 2018-12-13 17:59
ヒプノセラピーの「がじゅまる..
at 2018-12-11 23:21
生物的おごり
at 2018-12-11 14:48
名前の作用
at 2018-12-10 18:55
びぼうのあおぞら
at 2018-12-08 18:18
薄い皮むき!完了
at 2018-12-08 00:37
一日ずれてる・・・
at 2018-12-06 16:46
終わったことの処理を
at 2018-12-05 13:50
12月のセッション可能日です
at 2018-12-03 19:57
青を浴びに
at 2018-12-03 19:12
見えない存在に
at 2018-11-30 11:57
スピードを緩める
at 2018-11-29 19:21
組み合わせ
at 2018-11-28 11:59
エネルギーを探しに
at 2018-11-27 15:46

検索

最新のコメント

ななさま お子さん..
by kin68 at 23:29

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想