目には見えないけれど


クレアボヤントヒーラーの業務連絡または日常
by kin68
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

薄い皮むき!完了

f0138666_00093975.jpg

傍からはさぞ
ぼやっともやっとして見えただろうこの数日を
浄化しまくりで乗り切って
どうにか一枚皮を剥いだなって感触があります・・・

どのあたりから足が浮いただろうかと考えると

自覚があるのは~
薬の副作用の全身コリがややほぐれだした頃で
なんとなく病気の緊張感も薄れた頃かもしれないなと

そういうのが
無意味な飢餓感やら、
古い嗜好、癖をなぞったりしてましたね

久しぶりに実家へ寄って
やや極端な「自分の鏡」を見たおかげで
浄化が進んだ気がします(笑)

ごく薄い膜のようなものがオーラから取れたぞ!
という感触のあとは

ひたすら「体に」残った膜の痕跡である疲労感を
軽い運動やマッサージ、ローラーでゴリゴリしたりして
刺激して浄化しました

ちょうど手頃な情報がいくつもテレビに録画されてもいて
テレビもネットも私の守護天使たちです(笑)

気温差にもやられているんでしょうけどねぇ


サピエンス全史は
私が以前アストラル図書館でもらったことのある情報と
よく似た内容がいくつも書かれていて
ほらやっぱり!ポイントがちらほら

もちろん「へぇ!」が多いんですけど(笑)

斬新な切り口で歴史を語る本で有名ですが
私には内容の、ではなく
描かれる歴史の既視感というか
その時代を見ているか知っているように感じながら
俯瞰でも時代を追えるところが面白くて
ユーモアたっぷりも楽しい

ブームだった去年は
上下巻で600ページ近い本のために
目に負担を強いる気になれなかったので
やっと見たいものを見ている自分を幸せに思っています

ホモ・デウス上もスタンバイしてます~
下巻が借りられますように~~!



[PR]
by kin68 | 2018-12-08 00:37 | クレアボヤンス | Comments(0)

終わったことの処理を

f0138666_13250687.jpg
見附市大平公園


毒殺された過去世があるとどうも人は
薬を嫌がるか、ものすごく欲するかするようで

私はいわゆる実験室にいた時間が人よりも長いので
(科学部在籍、化学科卒、仕事も実験室からのスタート)
不必要にも薬品にまみれておりましたし

薬の可能性を信じる人というよりは
科学おたくみたいでしたねぇ

そして
身近な人間から愛情を貰えなかった身には
薬ってのは「お守り」か「あんしん毛布」みたいで
無意識にも意識的にも頼ってしまう傾向はありました

自分の死因だったものを
なかなか透視能力者でも直視はできませんで

お仲間や師に指摘されていた
毒殺、刃傷死、戦死については
それなりに掃除してきたつもりですが

最近になってやっと
それ以外の飢餓の過去世が問題だぞ、に気が付きました

これは日本でもつい最近まで上位の死因だったはずなのに
そういう死に方をしたはずだ、という考えは
露ほども及ばないのが人間なのですね(笑)

私は特に、飽食にまみれていたかったせいで
気付けないように仕向けていたのでしょうし・・・

どうして空腹が怖いんだろう?
どうして腹が空いていてはいけない?

そんなに困らないはずなのに

餓死そのものというよりは
飢餓にあえいでいる際に自分が「どうだった」のか?が
もしかすると問題なのかもしれませんね

とにかく

普遍的な問題だったはずの色々は
この数百年でものすごく見えにくくなっていて

時代の流れに乗り切るには
手早く大昔の普遍性を掃除しておく必要はあるようです

冬至の近いこの時期は
長く抱えていた古いものがよ~く見える時期でもあります

ご自身の過去世を知り、
問題を解決する手がかりにするにもいい時期です



[PR]
by kin68 | 2018-12-05 13:50 | クレアボヤンス | Comments(0)

神託と実行


私のセッションルームに来ていただく方の半数は
まずオラクルブックを「引いて」いただき
その神託に首をひねりながら
セッションを受けて頂く流れになってます

アンドリュー・レイキー著
「天使の言葉108」

目の前に置いてあっても一切触れずに
透視リーディングが始まることもありますが

お帰りの際に引いていただく場合もあれば
本当にノータッチで終わることもあります
必要か、そうでないか・・・なんでしょうけどね

ハイアーセルフが肩越しに囁くような内容の「神託」は
その時々のご自身に必要な濃縮版の一言

ほとんどの方が
あまりに端的なので説明が欲しい、というか
「なんのことやら」で首をひねりつつ
セッションが進むと、
オラクルを忘れた頃にその説明が出てくる・・・と言った具合です

私は休日やら外出前やら
自分の気持ちだけでは動けない、という日に
よくオラクルを頼ります

つまり
ハイアーさんから直接聞けるほどには
中立かどうか怪しい日ってことですね(笑)

昨日は「Give」与えよ!と出て
早速お誕生月の家族にプレゼントを買いに出かけました^^

朝起きたときにはそんなつもりはほとんどなく(笑)
そういえばお誕生月だったね!と膝を打った次第です

面白いことに

この買い物の直後から
凝りまくっていた背中だの腰だのが一気に緩んでます
マッサージチェアの活動時間が明らかに減ってます!

与えそびれていた何かや
背負っていた何かを解消したのかもしれませんね(笑)

ちなみに今日は
中立だの公正だのと出てきます

今は???ですが
・・・あとで何の事かわかると思います

病気が分かった時にも
何かのタイミングで引くようにしていましたが

滅多に引かない大天使のページだったり
「学習」「忍耐」「チャレンジ」「信頼」といった感じで
その時々にぴったりのメッセージを貰ってました

ある日は
この闘病でどこに行きつくのか?と尋ねたら
「成長」だっていうんですよ
これは泣けて仕方がありませんでしたね

それならやるしかないんだなって

お手元にどんなタイプのものでもいいと思うんですが
何かしらのお告げをくれるアイテムを常備されるのも
この時期は特にいいかもしれません

私自身は
タロットやいわゆるオラクルカードだと
都合よく読み取ろうとしてしまう気がするので

ダイレクトに文字でのメッセージと、
アンディの描いた素晴らしい絵の写真を見るほうが好きです

在りし日のアンディに
直接サインを頂いた思い出の本でもあります




[PR]
by kin68 | 2018-11-26 18:20 | クレアボヤンス | Comments(0)

入れ物と中身


セッションの続く中
ぽこっと空いた一日にたまたま連絡があって
ものすご~く久しぶりにJRの在来線に乗って
幼馴染みと街ブラをして来ました

帰宅時の手荷物は
家族分の甘いもの尽くし
(焼き栗だの、クッキーだの・・・縄文風(笑))

肝心の探し物はひとつも見つけられませんでしたが
いつものことですので
トレンドと「自分の現実」を見に行ったことにしています^^

私は最近、瞑想中にハイアーから
「入れ物と中身を一致させるように」と指摘されていて

これはもう私の人生をかけたテーマでもあるんですが

♪ボロは着~てても~心は~錦~~♪

自分の過去世で見えるもの、見えたものの多くは
私は若干「位が上」の僧侶で

付き合わなくてはならない公人やら、通りがかりの村人に
わざと低く身分詐称して
バツの悪い思いをさせるようなことをして
相手の本性を見ようとするというか
そういうめんどくさい人だったみたいで(笑)

そういう傾向が現在もずっと「顕在も潜在も」していると

本当に自分に似合うもの
本当に自分が欲しいもの・・・というレベルでは選べず

周りから浮かないもの
高見えしないもの
個性を隠すもの

・・・で、正体を隠しながら
「ものすごい変わり者でしょ?」を見破る人を探してる(笑)

体つき(欲しいものを着れるサイズでないの)も
ケアを怠る原因はもちろん「甘さ」ではあるんだけど

他には小うるさい私がそこだけ
「ま、いっか」にしてしまう原因は
個を偽るニセの体型をしていたい、ってのがあるようで

私はわざと肉体の波動を落としてるんだなと
自覚できることが増えています

「自分の中身に見合った波動の肉体を手に入れる」

これは私の来年のテーマでもありますが
恐らく一生続くテーマでもあります

チャクラもオーラも、ものすごく変わっていると
透視の師に何度も言われた私ですが
その逆性が風変わりなオーラや現実を作ってるわけです

何事も逆を行こうとする反発心はどこから来るのか
・・・探らねばなりません(笑)





[PR]
by kin68 | 2018-11-22 14:22 | クレアボヤンス | Comments(0)

自分に言ってる


「やれるうちにやっておいたほうがいいよ~」は
病人には合言葉みたいなもので

同じ病気を闘うお仲間の皆さんたちが
同じ時期に同じようなことを計画していたり
実行するのを見ては
励まされたり、
背中を押してもらえていたりしています
 
後生大事に問題を取っておいても
結局後でやる羽目になるんですから
それも
条件が最悪に整わない状況で・・・

気になっている症状や
どうにも切ない状況を
のらりくらりごまかしていると

本当に頑張らなければならないときに
踏ん張りがきかずに倒れてしまうか
半年後以降に大きい病気になったりするので

「早めに片づけておきなよ~」って
懲りている人間は言うのです

・・・・

私の場合

病気の治療中
どうしても使わなければならない薬のせいで
がっつり免疫力が落ちたときに

何十年もの間に複数の歯科医の先生方から
「放っておいて構わない」と言われ続けた部位が
薬を使うたびにトラブルの素になりました

そもそもの免疫力がないので
ヒーリングもあんまり作用しない状況の中
ひたすら
「この治療が終わったら絶対に歯の治療をしますから!」
ってハイアーさんに約束して
トラブルが早く収まるように祈る日々・・・

なのに
リフォームが始まるころには
自分がした約束すら忘れかけていました(笑)

しかし

ギリギリの瀬戸際にいてもなお、
片付ける勇気が持てないでいるある方を拝見し
なんでさっさとやらんかね?と思ったときに

「は?それは私の歯なのでは?」(笑)

以前の私には
そういう視点はかなり欠けていたように思うので
病気という経験もありがたいものなのです

私にわかるように逡巡していてくださった方にも
感謝申し上げねばなりませんね
早速歯科の予約をして治療した次第です

とにかくおかげさまで
ハイアーさんとの約束は果たせました

・・・・

気に食わない誰かさんや
危なっかしい誰かさんに
一言を言わずにいられないときは
その一言は自分にも言えるんじゃない?と
身辺を見回す必要は、誰にでもあると感じます

ただ
全く同じ物が映った鏡ばかりなのではなく
私の場合はこの面で、といった具合に
中立に解釈する必要はあるとも思います






[PR]
by kin68 | 2018-11-14 17:51 | クレアボヤンス | Comments(0)

もともとの話は?


f0138666_16170446.jpg
国上山の中に、
弥彦の神様として祀られている神が
「最初に降り立った」とされる場所があって
ひっそりと祠が建ってます

ここは低くて水が足を汚す・・・ということで
より高い弥彦山に移られたのだといった内容が
案内看板にありました

その話の元ネタっていうか
そもそもの話って何だったんだろう?と思うのが私は常で

UFO宇宙人よろしくに「天から降りた誰かがいた」とは
ちょっと考えにくいなって

当時の時代の最先端って
島根(出雲)とか奈良京都あたりでしょうから
そっちから海伝いに偉そうな人が来たか
渡来系の方が海から来たかで
まさにここに!しばらくおられたのかもしれないなと

海も山もで景色もいいし自然もいっぱい
食べられるものも豊富だっただろうから
どなたさまが居ついても不思議じゃないですもんね

f0138666_16172559.jpg
先日にこの場所へきて急に降った雨をやり過ごしながら
ほんの一瞬だけ時間旅行を試してみました

でも

祭事を行う儀式の
雅楽っぽい音がするのと
舞かなにかの衣擦れの音がするくらいで
映像がほとんど見えない・・・

近寄りすぎているんだろうか?(笑)
私のような野次馬を払う神通力のせいでしょうか・・・

神というにはあまりに簡素で
偏りメガネが見えなくしているのかも?

雨がとにかく「その当時も」問題だった様子
映像は見えにくいけど私が行けたのは
今後は弥彦に移りますよ~の儀式だったと感じました

弥彦は確かに国上山よりも若干カラッとしてますもんねぇ





[PR]
by kin68 | 2018-11-03 17:03 | クレアボヤンス | Comments(0)

けりをつける


f0138666_14455738.jpg
その場で処理しきれず、やむなく
あとで~~~!!!って後回しにしたさまざまを
すっかり忘れ去っていた10年なのかも(笑)

これは大変だ、画像祭りだ!って授業の後は
当時も自宅へ帰ってから浄化しなおしをしていたんですが

あらためて聞き直してみると
精神的にボイコットしていたらしく
初めてのように聞こえる授業がふたつほどありました

その上、いくつかは消去もしてしまっている!(笑)

10年の月日で、
同じ人間が同じものを聞いていても
内容が違って聞こえるものがあります

今世でいろいろを
浄化しておこうと生まれているようなので
そもそもの人生の造りが
私は特に「浄化できるキットセット」なのだと
最近理解できるようになりました

環境や人間関係はみんな
浄化のために「ヒント」にと自分で用意したもの
なのに!私はずっと文句を言い続けてましたねぇ

いくつもの要素が絡み合っていたまま
(人生が短すぎるせいで)手を付けられずにいた諸々が
ようやく今世「払い出しタイム」・・・

医学の力やたくさんの支えのおかげで
今度こそけりをつける下地ができたのだと感じています

地球に人が溢れているのは
同じ思いで生まれている人が多いからでしょうね

生物学上の限界ちかくまで寿命があるこの現代でないと
やり直せないような様々を抱えてきて

何度もためらって、やり直して、諦めてをしながら
半歩出て、一歩出てが「本当にできるようになるまで」
途方もない時間を費やしてます

でも

それが許されてる = 宇宙に愛されている 

なので
頑張り過ぎなくて大丈夫

もういい加減
半歩は出ておかないと
世界にも宇宙にも「自分にも」失礼だよね!と
私は自分の尻をひっぱたくことになります(笑)

とてもありがたいのは
「けりをつけ仲間」が周りにいることで

この二頭立て、四頭立て馬車が時々
どちらかに引きずられて進む(笑)ように
それぞれのけりをつけようと協調中

ありがたいことです








[PR]
by kin68 | 2018-10-31 15:24 | クレアボヤンス | Comments(0)

お仕着せのゲーム


子供を保育所に預けて仕事に行かなきゃいけない!
ってときに、大なり小なり日々罪悪感を感じるのは
なぜ、女性だけなんでしょうねぇ

仕事で遅い時間に帰宅して
夕食のメニューがいつもより少ない時に
どうして女性は謝るのでしょうね

家事一切を妻がするのは前提条件で
膨大で果てしない家庭内労働が
仕事とみなされていないのは何故でしょう?

外のお仕事は片手間なんでしょ?って女性には言うのに
仕事に注力していない男性に同じことが言えますかね?

女性は女性同士で
いかに「伝統を知っているか」を競い合うので
一歩下がる競争をし
変革が必要だと陰で文句は言うのもの
物分かりがいいふりをして黙る、の繰り返し
・・・

誰に都合がいいって?
もちろん、男性だよね

古典なんちゃらに女性が入り込めないのは
男尊女卑思想からもあるけど
女性は変化を生む装置だから
(男性が得意な)例年通りに物事を進めたいときに
アイデアや革新は邪魔になるって話

大奥とかって
女性の抑えつけ合いの構造を
熟知している男性が作ったのかなぁ(笑)

「伝統を分かっていない人」になりたくないばっかりに
「妻とはは母とは」を知っていると思われたいがために
女性たちは今日も羽を畳んでかごの中にいますが

それは決して保身からだけではなく

ママはかごにいて当たり前だよね?っていう
その空気が重くて飛べない面もありますよね

誰が始めたゲームなのか知りませんが
全員で参戦しなくてもいいって時代だと思うんです

私もかごを出るために家事を分配したいし
成人した子供には毎日
そろそろ家を出て欲しいとお願いしています(笑)

伝統だ、常識だ、道徳だ、正義だ!に縛られている方は
どうしてもオーラが重い色合いになり

人に会うと、相手が急に肩こりを訴えたり
腰が重くなったりで、とにかく窮屈がります

私もガッツリ参戦していた人間ですから
そういう反応を見たこともあります(笑)

女性たちがまず、
いちいちに疑問を持たねばなりませんよね
そこからしか、変えられないと思うんです






[PR]
by kin68 | 2018-10-17 13:57 | クレアボヤンス | Comments(0)

ありがたい


どういうわけか、数年おきに同じプロセスを繰り返す・・・
そういうことはありませんか?

私の場合は
かなり遠方に住んでいる別々の知人たちが
近く新潟を用事で訪ねるので
「よろしくね」と数年おきに連絡が来ること(笑)

親しくしていた、
というにはちょっと微妙な間柄でも
久しぶりに会えるのを楽しみにしていると

本当に毎度
先方のタイトなスケジュールに合わせて数日振り回され
彼らが帰る頃には
私は運転手要員だったのか?って疑いが・・・

どのケースも別々の方だから
急に「会いたいな」って言われても
身構える、用心するが不可能

連絡がメールや手紙なら私も一呼吸置けるし
相手も「目的」をある程度説明するのだろうけど
面白いよね
毎度、断りにくい電話でかかってきます

最近もまた同じパターンにハマりかかりましたが
寸でのところで思いとどまることが出来ました
ハイアーさんがうるさいほど止めてくれたので・・・

私はやっぱり変わったんだと思います

私を含めて
ヒーラーにはお人よしタイプが多くまぎれていますし
「おねえさんをしていたい」人も多いので
危なっかしい人を放っておけなかったりします

ゆえに、ヒーラーが集まるところには
「たかり」も出現しやすい
本人がそれを自覚していないのも問題なんだけど・・・

私が自分に対してすべきことは
赤の他人の全てのお姉さん役を降板する事と
お人よしヅラ、いい人ぶりっこをやめる事(笑)

このたびのことで
そこに私のアイデンティティはほとんどない、と
気づかせてもらえました
ありがたいことです



[PR]
by kin68 | 2018-10-10 14:10 | クレアボヤンス | Comments(0)

わかっていない

0
古い友人が初めて新潟を訪ねてくださるというので
久々の再会にわくわくしてます

しかし、
「何を求めて」来られるのかを
ご存じないのはご本人だけということは
往々にしてあることで・・・

何年も経ってから
あれはここにつながっていたんだなと
分かることがあるのと同じように

私自身が何を探してそこにいたのかを
当時は分かっていなかったのだ、と気付くこともあります

その時々では
自身の楽しみのためだったり
人に求められて、だったり
たまたまってこともありますが

自分の行動に何かしらの目的が「潜んで」いることには
大抵の方は気付いておられません

認められることが必要な方もいれば
人より勝っていると感じたいだけの人もいるし

何かしらを証明しなければならない人もいれば
どうしても自分を納得させる必要がある人もいて

誰かのニーズと別の誰かのニーズが
いい具合にマッチすると
人間関係が深まるというか、続くというか・・・ですね
何が目的でも良い悪いはなくて
承認も勝利も、必要な人には必要なんです

自分が目的を自覚出来ているかどうか?のほうが
実は大事なんですね

悲惨なのは「欲しい!欲しい!」の人が
その自覚がない場合でしょうか
無意識でも、
関わる人々から結果的に
ごっそりとエネルギーを奪う場合があります
(こういうタイプは人には好かれないですね)

自分が欲しがっていると自覚が出来ていれば、
セーブもできるし、
ギブ&テイクだよね~のマナーを思い出せますし
言動に「気をつける」こともできます

遠慮の度が過ぎてしまうこともありますが
人に嫌われることはないでしょう

私は欲しいんです!って直球の人は
早く自分の望みを叶えられるので
他の人を助ける側に回ることが可能ですし
いやらしく見えない場合が多いですよね(笑)

何が欲しいのかを「知らない」場合
自分のあらゆる行動の原因や意味が自覚できません

そういう方は
糸(意図)がからまっている場合がほとんどで
透視で見ても「ごっちゃごちゃ」って感じ

セルフイメージが実像と違っている場合も
「自覚ができない」原因になります
私自身もそうでしたが
過去世が問題になっていてセルフイメージが変な場合もあります





[PR]
by kin68 | 2018-10-07 23:53 | クレアボヤンス | Comments(0)

お気に入りブログ

最新の記事

来年もよろしくお願いします♪
at 2018-12-15 12:43
単純じゃない
at 2018-12-13 17:59
ヒプノセラピーの「がじゅまる..
at 2018-12-11 23:21
生物的おごり
at 2018-12-11 14:48
名前の作用
at 2018-12-10 18:55
びぼうのあおぞら
at 2018-12-08 18:18
薄い皮むき!完了
at 2018-12-08 00:37
一日ずれてる・・・
at 2018-12-06 16:46
終わったことの処理を
at 2018-12-05 13:50
12月のセッション可能日です
at 2018-12-03 19:57
青を浴びに
at 2018-12-03 19:12
見えない存在に
at 2018-11-30 11:57
スピードを緩める
at 2018-11-29 19:21
組み合わせ
at 2018-11-28 11:59
エネルギーを探しに
at 2018-11-27 15:46

検索

最新のコメント

ななさま お子さん..
by kin68 at 23:29

ブログジャンル

スピリチュアル
哲学・思想